就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんを抱っこすると得られる効果とは?抱っこ方法と注意点を紹介

赤ちゃんを抱っこすると得られる効果とは?抱っこ方法と注意点を紹介

抱っこはただ赤ちゃんをあやす手段だと思っていませんか?抱っこには赤ちゃんをあやす以外にもいろいろな効果があるようです。その抱っこすると得られる効果にはどんなものがあるのか、またいろいろな抱っこの方法や、抱っこするときの注意点などを紹介しています。

抱っこすると得られる効果とは?

ママと赤ちゃんの信頼関係をつくる

赤ちゃんを抱っこすること、みなさん無意識にしていますよね。抱っこには赤ちゃんを安心させる効果があるそうです。抱っこばかりしていると、抱き癖がつくなどいわれることがあるかもしれませんがそんなことはないようです。現代では赤ちゃんとのスキンシップをとるために抱っこをしっかりしましょうという考えの方が強いです。

抱っこやマッサージなどのスキンシップをすると、オキシトシンというホルモンが脳内に分泌されます。オキシトシンはストレス・痛み・不安を軽減したり成長ホルモンの分泌を促したりするなど、心の安定や体の成長によい働きをするそうです。

この効果によってママと赤ちゃんの信頼関係をつくる、また深めていくことができるようです。

赤ちゃんの脳の発達によい影響がある

さきほど、抱っこなどのスキンシップをするとオキシトシンというホルモンが分泌されるといいましたね。このホルモンには、ストレス・痛み・不安の軽減、成長ホルモンの分泌を促す以外にもよい効果があるのです。

好奇心が増す、学習効率が高まる、集中力が増すなど、本当に嬉しい効果ばかりです。抱っこなどのスキンシップをとることでこのような効果があることが分かっただけでも抱っこがいかに大事なことなのかわかります。

忙しいときは1分くらいの短時間の抱っこ、腰痛など身体が辛いときは簡単なマッサージでも効果はあるそうです。

抱き癖は心配いらないので、可愛い子どもをたくさん抱っこしてあげて、子どもの脳に発達によい効果をたくさん与えてあげたいものですね。

心の安定した子を育てる効果がある

オキシトシンにはストレス・痛み・不安の軽減の効果がありましたよね。成長過程で抱っこやマッサージなどのスキンシップを多くされて育った人は、されずに育った人より、オキシトシンの分泌量やオキシトシンを受け取る器官の感度がよいというデータがあります。

オキシトシンの分泌量が多いとストレスや不安が軽減されますから、イライラして怒ることが減ります。ストレスや不安が多いと、大人でも心が不安定になってしまいますよね。不安定な状態だとキレやすい子どもになってしまう可能性があります。

子どもがそんな不安定な状態にならないように、抱っこなどのスキンシップをできるだけして、心の安定した状態をたもってあげられるとよいですよね。

赤ちゃんの抱っこ方法と注意ポイント

新生児には負担の少ない横抱っこをしよう

生後間もない赤ちゃんはとても柔らかくてフニャフニャしていて不安定ですよね。そんな赤ちゃんを抱っこするのは新米ママ・パパには不慣れなので少し難しく感じるかもしれません。

横抱っこは安定性が高く、新生児から安心してできる抱っこの方法です。上手くできるようにやり方を紹介します!

・赤ちゃんの頭を左二の腕に乗せ、左腕の肘を曲げます。
・左腕の肘から下の部分で背中と腰を支え、左手でお尻を支えます。
・右手で赤ちゃんの足を支えます。

ママにかかる負担が少なくて安定した抱っこの方法になります。また、赤ちゃんの頭がママの心臓に近い位置で抱っこができるので、赤ちゃんはママの心臓の音が聞こえて安心できるそうです。

赤ちゃんの縦抱っこは首に注意しよう

横抱っこの他に縦抱っこがあります。まだ首が据わっていない新生児期などは短時間なら大丈夫ですが、赤ちゃんに負担がかかる可能性があるので長時間の縦抱っこはあまりおすすめできません。

縦抱っこのメリットとして、授乳するときの高さを調節しやすい、ゲップをさせやすいなどがあり、横抱っこが嫌いな赤ちゃんがグズグズしたときなどに使えます。ママとの密着度も高いので、赤ちゃんが安心することもあります。

首が据わっていない時期の縦抱っこはとても不安定なので、抱き上げるときから抱っこするまで、しっかりと赤ちゃんの首から頭を支えてあげるようにしましょう。赤ちゃんに負担がかからないように短時間にした方がよい縦抱っこですが、よい点もあるので上手に活用したいですね。

スリングや抱っこ紐は安全に使用しよう

スリングや抱っこ紐はママの手が使えて便利、抱っこも楽にできますよね。使おうと思っているママも多いと思います。しかし、100%安全ではなく注意する点があるので紹介します。

まずスリングですが、1枚の布で赤ちゃんを抱っこするもので、使いこなすには少し練習した方がよいかもしれません。特にリングのあるスリングは、しっかり布が固定できていなかったり、リングから布がゆるんでしまうことがあります。落下を防ぐために片手で支えるようにしましょう。

抱っこ紐のほうは、熱がこもりやすいので暑い夏などは注意した方がよいですね。かがんで物などを取るときは膝からしゃがむようにして、赤ちゃんが抱っこ紐から落下しないように気を付けましょう。

赤ちゃんが抱っこしても泣くのはなぜ?

赤ちゃんは抱っこの好みで泣くことがある

赤ちゃんを抱っこしても泣き止まないことは結構ありますよね。泣いている原因はおむつが汚れている、お腹が空いた、眠たいなどいろいろありますが、ただ単に抱っこの仕方が気に入らない場合もあります。

横抱っこを嫌がる赤ちゃんや、縦抱っこが好きな赤ちゃん、抱っこしながら歩くときの揺れがないと嫌な赤ちゃんなど、赤ちゃんによって抱っこに好みがあります。抱っこしたら泣いてしまうと悩んでいるママもいるのではないでしょうか?

横抱っこや縦抱っこ、抱っこしながら歩く、ほかにもおひな巻きしてから抱っこや、抱っこ紐などをして歩く、揺れながら抱っこなどいろいろな抱っこ方法を試してみましょう。赤ちゃんの好みの抱っこを見つけてあげて、ママも赤ちゃんも笑顔で過ごしたいですね。

空腹、おむつ汚れ、体調をチェックしよう

赤ちゃんが抱っこしても泣き止まないときはほかの原因をさがしてみましょう。お腹が空いてはいないでしょうか?

赤ちゃんはどんどん成長していくので母乳やミルクがいつもの量では足りなくなっているかもしれません。運動量や体調でも飲む量が変わりますので、決まった量にこだわらず様子を見て調節してあげましょう。

次におむつですが、おしっこやうんちで汚れていると冷たかったり気持ちわるかったりして泣いてしまいます。また赤ちゃんは新陳代謝がよくて汗をかいている場合もあるので、こまめにチェックするとよいでしょう。

何をしても泣き止まないときは体調がわるいのかもしれません。赤ちゃんの様子をよくチェックしてみて心配な点があれば病院や保健師に聞いてみるとよいかもしれませんね。

ママがイライラしていないか確認しよう

育児はとても大変ですよね。初めての育児だとなおさらです。育児に対する不安や、思い通りにならないことだらけでストレスが溜まっていたり、体が疲れていたり…。

そんなママの変化を赤ちゃんは敏感に感じ取っています。赤ちゃんは生まれたときからママの声や、そのトーンの違いなどもわかるそうです。表情の違いまでわかるというデータもあり、1番近くにいるママの表情はよくわかっているのかもしれませんね。

ママのイライラや不安が赤ちゃんに伝わり、赤ちゃんが不安になって泣くこともあるのです。難しいかもしれませんが、ママが笑顔でいられるようにストレスやイライラを溜めないようにしましょう。

ママ友とランチ、たまに赤ちゃんを預けて1人の時間を作るなどするとよいかもしれません。

まとめ

抱っこについての話でしたが、どうだったでしょうか?抱っこと一言でいってもいろいろな方法や効果があって、赤ちゃんの成長にはとてもよいスキンシップになるということがわかりましたね。

赤ちゃんの成長は早く、どんどん体重も増えていくので、抱っこがだんだん大変になっていくかもしれません。ママも無理をしないように気をつけながら、赤ちゃんを抱っこして信頼関係を深め、成長の助けになるオキシトシンをたくさん出してあげられるとよいですよね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018