就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

引越しは2人目の出産前に済まそう。産前がよい理由とやっておくこと

引越しは2人目の出産前に済まそう。産前がよい理由とやっておくこと

引っ越しが決まったら時間を有効に使おう

安定期に入ったら時間をかけて荷造りしよう

出産日が間近になると、お腹も大きくなりますので何もしなくても体が疲れやすくなったり、お腹の張りを感じて休憩が必要になることも多くなります。引っ越し日が決まり、いろいろな手続きや引っ越し業者の申し込みなども完了している状態だと、直前になって日にちを延期することが難しくなります。

ママが引っ越し日までにやらなくてはいけないのが荷造りです。荷造りが間に合わないと引っ越しが計画通りにいかなくなる恐れもありますので、できるだけ余裕をもって無理をしない範囲で準備をしていきましょう。

安定期の時期が比較的体調もよく動きやすいときだと思います。ママ自身の体調と相談しながら、また家族で協力してゆっくり時間をかけて荷造りを進めてくださいね。

上の子の予防接種はできる限り済ませよう

子どもの年齢が小さい場合には、予防接種のスケジュールがとてもハードになります。同時に何種類も打たなくてはいけない場合もありますし、体調不良などが重なり接種の延期を余儀なくされることもあるでしょう。

そんなハードスケジュールの中で引っ越しが重なってしまうと予防接種の打ち忘れや、手続きに時間がかかり適正な間隔で接種ができなくなってしまう恐れもあります。ですので、上の子の予防接種はできるかぎり引っ越し前に済ませておくことをおすすめします。

予防接種の予定あたりで体調不良が重なると、接種を延期しなくてはなりません。体調がよいときに接種できるものをどんどん済ませておけば、引っ越し後も慌てて病院に駆け込む心配も少なくなりますよ。

引っ越しと出産、上の子の心をケアしよう

引っ越しと出産の時期が近い場合には、上の子の心のケアも重要なポイントになります。引っ越しでは親しいお友達とお別れをしなくてはいけなくなることもありますよね。

また、これまで慣れ親しんだ自宅や環境から離れることはとても不安を感じるものです。さらに出産が近づくと、下の子が生まれるというストレスからか、上の子に赤ちゃん返りの症状が出てくる場合もあります。

引っ越し、出産、どちらもやらなくてはいけないことではありますが、上の子の不安が大きくならないように時間をかけて心のケアをしてあげてくださいね。子どもにとっては新しい環境、新しい家族、どちらも大きな変化になります。

子どもの気持ちに寄り添って過ごせるとよいですね。

まとめ

引っ越しが決まると、荷造りや手続きをしたりと毎日が忙しくなります。子どもがいるとさらに負担が大きくなりますし、産後の引っ越しは体調面も心配です。

引っ越し業者によってサービス内容が大きく異なり、ママが何もしなくてもあっという間に済んでしまうようなサービスがある場合もあります。出産を控えているので、できるだけ楽に引っ越しができる業者にお願いできるとよいですね。

また、引っ越しをすると上の子が一時的に不安な気持ちを抱く恐れもありますので、パパママでしっかりと心のケアをしてあげてくださいね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版