就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

簡単にできるパン作りキット!便利アイテムを利用して自宅で作ろう

簡単にできるパン作りキット!便利アイテムを利用して自宅で作ろう

焼き上がりの香りを自宅で堪能しながら作るパンは、素敵ですね。でも、「パン作りって大変そう」「面倒なんじゃないの?」と思うママも多いのではないでしょうか?でも手作りは、添加物のないパンを食べさせられるのでママも安心ですね。そこでママも安心なパンを簡単に作る方法をご紹介します。

家庭でパン作りをするメリットは?

自宅で焼きたてがおいしく食べられる

自宅でパンを作って食べるのと、市販のものを食べる場合との違いはなんでしょうか?それは、材料になにを使っているのか分かり、焼き立てを食べられることではないでしょうか。

職人のすばらしい技術や、一般に手に入らないこだわりの材料でしか出せない味を求めるとなると、お気に入りのパン屋さんを見つけて、買って食べる方が楽かもしれません。しかし、素人でも手作りとなると焼きたてのおいしさに加え、自分で作ったという感動も加わるかもしれませんね。

材料を吟味したり、中身をママや子どもに合わせて作ったりすることのできる手作りは、なににも代えがたいものではないでしょうか。

朝、焼き立てのパンの香りで目覚めて、それを食べられるなんて素晴らしいですね。

自分好みの味にアレンジできる

初心者のころは、基本に則って作った方が成功しますのでそちらの方がよいでしょう。しかし、慣れてくると色々なものを作りたくなりますし、「これを加えたらどうかな?」などアイデアが浮かんでくるかもしれません。

水を牛乳や野菜、果物のジュースに変えてみたり、牛乳にアレルギーがある子には、豆乳にしてみたりするのもでもよいですね。バターが苦手なら、オリーブオイルを使ってみるとまた違った味わいになるでしょう。

粉も白い小麦粉だけでなく、食物繊維やビタミンが含まれる全粒粉を加えてみたり、ココアを足してココアパンにしてみたりと工夫することで子どもも喜ぶのではないでしょうか。

甘みも黒砂糖やはちみつ、三温糖、きび砂糖などに変えると風味も変わりますね。

子どもに安全安心手作りパン

子どもに食べさせるものに、安全安心を求めるのは多くのママの願いでしょう。しかし、すべてを一から手作りというわけにはいかないこともあります。

そんななか、買うのが当たり前だと思っていたパンも手作りできたらと考えるママもいるのではないでしょうか。手作りは、材料も分かりますから安心ですね。小麦にこだわることも、アレルギーに配慮することもできます。

毎日の三食のうち、パンは朝食という家庭も多いでしょう。朝からパン作りは大変という家庭では、タイマー予約ができるホームベーカリーが重宝されているようです。

もし、朝に手作りパンをと考えるなら、ホームベーカリーを取り入れてみてはいかがでしょうか。子どもに安全安心なパンを食べさせてあげたいですね。

パン作りキットってどういうのがあるの?

まずはパン作りに必要な道具を知ろう

パン作りに必要な道具をご紹介します。

パンを焼く道具はオーブンが王道ですが、ほかにはフライパン、オーブントースター、魚焼きグリルなどで代用できる場合もあります。

計量に欠かせないのが、スケール、計量カップ、計量スプーンです。初心者が上手に仕上げるためには、正確な計量が欠かせません。初心者におすすめのスケールは、デジタル式です。

ほかには、ボウル、スケッパー、めん棒、オーブンシート、ふきん、ラップなどです。ボウルは、発酵の具合がよく分かる透明なポリカーボネートがおすすめです。

スケッパーは、生地を切るときに使いますが、なければナイフでも代用できます。パン作りにはガス抜きめん棒をよく使いますが、普通のめん棒でも大丈夫です。

パン作りに必要な材料を知ろう

パン作りに必要な基本材料は、強力粉、イースト、食塩、水や牛乳など水分、砂糖、バターなど油脂類です。

パンはイーストが作り出す炭酸ガスを生地の中に包み込んで逃がさないので、焼くと膨らむのです。よくのびてガスを逃がさない風船のような膜を作るには、グルテンが必要です。

パン作りに強力粉を使うのは、グルテンが多く含まれるからです。強力粉と水を混ぜ、よくこねることでグルテンが出てきます。塩はグルテンの腰を強くするために加えます。

イーストは、水分と適切な温度という条件を与えれば、炭酸ガスを吐き出してパンをふくらませてくれる微生物です。砂糖はパンの味付けとともに、イーストの栄養になります。バターなどの油脂分は、パンを柔らかくします。

初心者に必要なパン作りスターターキット

ネットショップにあるパン作りスターターセットをご紹介します。

【はじめてのパン作りスタンダード道具セット】計る・伸ばす・分割する・焼くに使える5点セット
ベーキングシート、キャンパスシート、デジタル温度計、ガス抜きめん棒、ドレッジ

【パン作りスターターセット】発酵に最適なポリカーボネートボウルつきの8点セット
人工大理石ののし台、ガス抜きめん棒、ボウル、ドレッジ、刷毛、ガラス棒温度計、パンマット、計量カップ(250ml)

ドレッジは、ゴムやシリコンなどの弾力性のある素材からできており、ボウルの底から生地をさらったり、生地を成形する前に切り分けたりします。スケッパーは、ステンレスなどの金属製で、主に生地を切り分けるときに使います。

計量済み材料を使って簡単パン作り

料理教室で使用している材料で手軽に

ABCクッキングマーケットでは、手作りパンの材料を一式揃えたキットが販売されています。特徴は、材料が計量されており、イラストで説明された分かりやすいレシピと調理工程の動画もホームページなどで見ることができることです。

パンの種類は、山型食パン、はちみつスイートポテトパン、とろ~りミートパン、濃厚マロンクリームのくるみパン、フルーツのパネトーネ、くるみのカンパーニュなどがあります。

食パンのキットは、型つきのものもあります。動画での説明があるのは、パン作り初心者ママには嬉しいのではないでしょうか。材料は計量済みですし、レシピと動画で初めから上手に作れそうですね。

失敗したくない!という方は、最初はこれで試してみてはいかがでしょうか。

材料をセット売りしている通信販売

手作りお菓子とパンの専門店cuoca(クオカ)では、材料を混ぜ合わせた粉を実店舗、通信販売でも扱っています。

食パンの種類は、濃厚ミルク、チョコ、抹茶など数多く取り扱っています。また、グルテンフリー、米粉パンなどもありバリエーション豊富です。

人気味五つの「食パン5種セット」もあります。食パンのセットは、ドライイーストとバターと水を混ぜるだけ。簡単さがうれしいですね。

ほかには、ハイジの白パンがあります。こちらは、ドライイーストと水を混ぜるだけです。チーズ味のポンデケージョは、お好みのチーズを混ぜることで色々な味が楽しめます。

メロンパンのクラスト用もあり、全卵と溶かしバターを加えて混ぜたあとにパン生地に乗せて焼くだけです。

慣れてくると配合比率でアレンジできる

小麦粉は、最強力粉、強力粉、準強力粉、薄力粉の順にグルテンの含有率が多くなります。グルテンが多いと大きな気泡ができ、伸びがよくなります。

甘みの強いパンには最強力粉を使い、フランスパンなどのハード系パンには、準強力粉を使います。ふくらみが弱い国産強力粉の場合、最強力粉を混ぜるとふくらみを大きくできます。

菓子パンなどを作りたいときは、強力粉に薄力粉を混ぜるとソフトな食感になります。白パンの場合は、強力粉と薄力粉の割合を5対1にするとバランスのよいものができあがります。

小麦粉だけでなく水分、油脂の配合比が生地に大きな影響を与えます。配合比率を考えるには、「ベーカーズパーセント」の考え方を知ると自分で配合できますよ。

まとめ

いつもの食事作りに比べて、パン作りはハードルが高いなと思うママは多いのではないでしょうか。一から道具や材料を揃えて、時間も作ってとなると気持ちが逃げてしまうかもしれません。

しかし、道具は一度揃えれば何度も使えますし、材料をすべて揃えるのが大変ならキットから始めるのも一つの方法でしょう。生地を作る時間がないなら、思い切ってホームベーカリーを買うのも手ですね。

初めはおっくうでも、焼き立ての美味しさと、子どもの笑顔を見れば、また作ってみたくなるのではないでしょうか。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018