就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティ用の喪服は必要?妊婦のお葬式参列時の服装とは

マタニティ用の喪服は必要?妊婦のお葬式参列時の服装とは

妊娠中にお葬式に参列することは、稀なことではありますが、まったくないとは言い切れません。妊娠中で「手持ちの喪服が入らない」と服装で悩む方もいることでしょう。今回は妊婦のお葬式参列時の服装や注意点について紹介します。急なことで慌てないためにも、また失礼にならないためにも、事前に知っておくと安心ですよ。

妊婦がお葬式へ参列する際の服装のあれこれ

お葬式は喪服じゃないとだめ?

妊娠中にお葬式に参列することは、冠婚葬祭のマナーから見てなんら問題ありません。親しい間柄の方のお葬式なら、例え動きづらい妊娠中でもきちんと参列したいですよね。そんなとき、悩みとなるのが服装ではないでしょうか。

お通夜と違いお葬式に参列する場合は、マナーとして喪服着用が基本となります。しかし、妊娠中はお腹が大きくなり、手持ちの喪服が入らないことも十分に考えられます。ですから一般的に妊婦など止むを得ない事情のときは、例外として喪服でなくともそれに準ずる服装であれば、失礼に当たらないとされています。

喪服を着用できないときは、黒を基調とした服装を意識して選んでみましょう。例えば、黒のワンピースや黒のセットアップなどで代用するとよいですよ。

マタニティ用喪服の特徴

「妊娠中でもやはり喪服を着用したい」と思う人は、妊婦さん向けに作られたマタニティ専用の喪服を選びましょう。お葬式は座っている時間も多く、ちょっとしたお腹の締めつけが体調を崩してしまう原因になりかねません。しかしマタニティ用喪服なら、お腹の締めつけがほとんどない作りになっているため安心です。

喪服ではなくワンピースやセットアップで代用する場合、大きめサイズの服ならば妊娠中でも着られるでしょう。しかし妊婦さん向けに作られていない服は、お腹にあわせると袖が長くなってしまったり、肩幅があわなかったりすることがあります。

やはりワンピースやセットアップで代用する場合でも、マタニティ用のものを選ぶほうがよいでしょう。マタニティ服はタックが多くついていたりお腹にゆとりがあったりなど、妊娠中の体に配慮した作りになっています。

体への負担の少なさを最優先に

お葬式は人が多く集まります。親族のお葬式であればお茶出しや雑用などもあり、普通の大人でも心身ともに負担がかかるものです。特に妊娠中は体調を崩しやすいので、体を最優先に考えて行動してくださいね。

先に述べたように、お葬式は同じ姿勢でいることが多いので、締めつけのある服は避けましょう。ウエストだけでなく、足にフィットするタイトなズボンも血流が悪くなるので、体調不良の原因になります。

また、靴も足に負担の少ないものを選びましょう。高いヒールは、むくみや腰痛を悪化させたり、踏み外しや転倒のリスクが高くなったりして危険です。ヒールはできるだけ低めのものにしましょう。そして歩きやすさだけでなく、履きやすさや脱ぎやすさも気にしておくとよいですよ。

マタニティ用喪服を選ぶポイント

できるだけ予算を抑えて準備する

ここからは、マタニティ用喪服を選ぶポイントをお伝えします。マタニティ用喪服を着たい場合、大きく分けて購入とレンタルの二つの方法があります。限られた時期での使用になるので、できるだけ費用は抑えたいですよね。購入とレンタルを比べると、正式な「喪服」に関しては、レンタルの方が安くおさまるようです。

予算を抑えて購入する場合は、喪服専用に作られているものだけでなく、喪服としても使える黒ベースのワンピースなども検討してみましょう。マタニティ用ワンピースは、赤ちゃん用品を販売している店舗で取り扱われている場合もあります。

またゆったりしたデザインのワンピースならば、ファストファッションで揃えることもできます。お腹がまだあまり目立たない時期であれば、こちらの方法でもよいかもしれませんね。

ネットショッピングなら品揃え豊富

妊娠中、色々な店舗を回って購入する服を探すのは大変ですね。そんなときは、品揃えが豊富で便利なネットショッピングを利用してみましょう。大きくなるお腹に合わせてウエストが調節できたり、産後も着用できる授乳口つきだったりなど、デザインだけでなく機能性も充実したものがたくさん見つかりますよ。

ただ、ネットショッピングはサイズ選びが難しいのが玉にきず。必ず記載された実寸を手持ちの服と照らし合わせるなどして確認するとともに、口コミも覗いてみましょう。手に取ってみないとわからない情報が知れるかもしれませんよ。

また最近のネットショッピングは「当日発送」や「翌日発送」を行っているところが多いですが、サイズによっては入荷待ちになることもあるため、日にちに余裕を持って注文してくださいね。

レンタルショップを活用するのも手

マタニティ用喪服は、買ったとしてもそうそう着用するものではないので、たんすのこやしになってしまいがちですね。そうならないためには、レンタルショップを活用するのも一つの手です。店舗が近所にない場合は、ネットのレンタルショップを探してみましょう。翌日発送に対応しているお店もあるため、急ぎでも安心ですよ。

レンタルショップを利用するメリットはたくさんあります。
・喪服を購入するより安くすむことが多い
・保管場所がいらない
・使用後も個人でクリーニングに出す必要がない
・袱紗(ふくさ)や数珠など小物類もセットでレンタルできる
・サイズやバリエーションが豊富

レンタルショップによって、汚したり壊したりした場合の保証内容が違ってきます。事前に確認しておきましょう。
36 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版