就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2歳児の髪の毛をママがカット!男女別の切り方とおさえたいポイント

2歳児の髪の毛をママがカット!男女別の切り方とおさえたいポイント

女の子の髪の毛をカットする手順とポイント

2歳の女の子の髪を上手にカットしよう

2歳の女の子も、男の子と同様に短時間のカットを心がけましょう。仕上がりをイメージしたら、霧吹きで簡単に髪の毛を濡らしくしでとかします。いよいよ全体をカットしていきますよ。

まず、後ろの髪をカットします。必要であれば上下2ブロックに分けて上のブロックをクリップで止め、下のブロックからカットします。カットできたら下のブロックに合わせて上のブロックをカットします。

次に、後ろの髪とのバランスを見ながら、サイドをカットします。後で調整するので、おおまかなカットでよいですよ。

それから前髪を上下2ブロックに分け、上のブロックをクリップで止めます。前髪の幅を決め、下ブロック、上ブロックの順にカットしましょう。最後に全体的に毛先をすきバサミで整えて完成です。

すきバサミは毛先のほうに使おう

すきバサミは毛先を整えたり、髪の毛のボリュームを抑えたりするときに使います。すきバサミを毛先に使うことで、自然な仕上がりに見えますよ。

散髪用ハサミで全体的にカットしたら、毛先をすきバサミで整えます。もし仕上がりを見て毛量が多いなと感じても、髪全体をすきバサミで調整するのはやめましょう。

すきバサミでどんどんすいてしまうと、ママのイメージとは逆に髪の毛が広がってしまいます。髪の毛を軽くしたい場合は、毛先をすいてバランスを見ましょう。

すきバサミの使い方は、毛先に対してハサミを斜めに入れます。すきバサミで切るたびにくしでとかし、カットした髪を落としましょう。すいた髪が残っていると同じ部分をカットしてしまい、切りすぎてしまうかもしれませんよ。

前髪を切るときはブロッキングが便利

自宅で前髪だけでもカットしたいというママの声をよく聞きます。前髪が伸びると目に入ったり、視界が悪くなったりするなどの心配があります。子どもの表情もすっきり明るくなりますので、前髪の切り方のコツをつかみましょう。

前髪を切るときはブロッキングをします。前髪の範囲を決めるのに便利ですよ。

まずは顔とのバランスを見ながら前髪の幅を決めます。正面を向いたときの両目の黒目の外側から外側までが基本的な前髪の幅ですが、ママや子どもの好みに合わせてくださいね。

前髪の幅の2点とつむじを結んだ三角形以外の髪の毛をブロッキングします。ブロッキングしたサイドの髪の毛が垂れないように気をつけましょう。切る髪と切らない髪を分かりやすくすることで失敗を防ぐことができますよ。

まとめ

2歳児のヘアカットのために美容室に行くかどうか、ママは悩みますよね。美容室だとじっと座っていることができず、ほかのお客さんへの迷惑になることを考えると躊躇してしまう気持ちも分かります。

最近は自宅で子どものヘアカットをするママが増えているため、必要な道具も簡単にそろえることができます。ヘアカットの手順や注意点に気をつけて自宅でヘアカットをしてみましょう。子どもが安心できる自宅でママがヘアカットをすると、お互いにストレスなくすみますよ。

ママのヘアカットで子どもが笑顔になるとよいですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND