就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

使用済みおむつはどうしてる?おむつゴミ箱対策と便利グッズを紹介

使用済みおむつはどうしてる?おむつゴミ箱対策と便利グッズを紹介

汚れたおむつをそのままゴミ箱に捨ててしまうと、臭いが気になることはありませんか?「専用のゴミ箱に入れているはずなのに臭う…夏場は特に臭う…みんなはどうしてるの?」と悩むママも多いと思います。今回は使用済みのおむつの臭い対策や、臭いをカバーする便利グッズをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

臭うおむつはこう捨てる!おむつの臭い対策

袋を2重に包装して捨てる

おむつの臭い対策として有効な一つ目は、使用済みのおむつを袋に入れて捨てることです。「もう袋に入れて捨てている。それでも臭う」という場合は、袋を2重にしてみましょう。袋が1枚のときよりも、だいぶ臭いが抑えられますよ。

おむつを入れる袋はビニール袋が扱いやすいですよ。ホームセンターや100均で売っているビニール袋を購入してもよいですし、スーパーなどで買い物したときに貰うビニール袋や、食パンを食べた後に出るビニール袋でも大丈夫です。

離乳食が始まったら、汚物だけをトイレに捨ててからおむつを包むと、より効果的です。おしっこだけの使用済みおむつも、意外と臭いが気になるので、同じように袋に包んで捨てたいですね。

新聞紙やチラシにくるんで捨てる

臭い対策の二つ目は、新聞紙やチラシを使った対策方法になります。使用済みのおむつを丸め、その上から新聞紙やチラシでくるみ、ビニール袋に入れてゴミ箱へ捨てるだけ。新聞紙やチラシでおむつを包んで捨てたことのあるママによると、驚くほど臭いがもれてこないそうですよ。

「なぜ?新聞紙やチラシが臭い対策になるの?」と疑問に思いますよね。それは新聞紙やチラシの原料が木材であることに関係しています。

木材の繊維はセルロースという炭水化物で構成されており、水分を吸着する吸湿作用があります。また、繊維の層の隙間が大きいため、そこに臭いが入り脱臭作用もあるのです。

自宅で余った新聞紙やチラシがあるなら、活用してみるとよいですよ。

コーヒーやお茶の出がらしを使って消臭

臭い対策の三つ目は、コーヒーやお茶の出がらしを使う対策方法です。コーヒーやお茶の出がらしに、脱臭効果があることは広く知られていますね。おむつの臭い対策にも効果がありますよ。

使い方は使用済みのおむつと一緒に、出がらしをビニール袋に入れて捨てるだけです。出がらしをキッチンペーパーなどに包んでゴミ箱に直接入れておいても消臭効果が期待できますよ。

ただし、お茶の出がらしはたんぱく質を多く含み腐りやすいため、消臭剤として使用する場合は乾燥させてから使用しましょう。コーヒーの出がらしは、水分を含んだ状態の方が、アンモニア臭などのアルアリ性分を吸着し中和しやすいという研究結果が出ているため、濡れた状態で使用しても問題ありません。ただしカビにはご注意を。

おむつの臭いをカバーする便利グッズ

驚異的な消臭力!おむつ処理袋

「BOS おむつが臭わない袋」は、高い防臭力をそなえており、使用済みのおむつを入れた袋に鼻をくっつけても臭わないゴミ袋です。世界で初めての新素材を使っているそうで、菌をもらすこともありませんし、燃やしても有毒ガスが発生しないので安心して使えますね。

サイズはSSサイズ(17×27cm)、Sサイズ(20×30cm)、Mサイズ(23×38cm)、ロングサイズ(17×75cm)があります。パッケージもコンパクトなので、外出時にも邪魔にならずに持ち運べて便利です。

袋の枚数はサイズごとに違いがありますが、最小で15枚から入っています。ほかにも30~90枚入りなど、さまざまありますので、自分に合ったものを選ぶことができますよ。

消臭効果が付いているおむつ専用ゴミ箱

おむつ専用ゴミ箱は、さまざまなメーカーから販売されています。なかでも専用のカートリッジを使用するタイプは消臭効果が強いため、臭いが外にもれにくいですよ。

カートリッジ付きのゴミ箱は蓋が付いており、強力な防臭抗菌機能があるフィルムがおむつをくるんでくれるため、特別な手間が必要ありません。しかし必ず専用のカートリッジを購入しなければならないため、そのぶん費用がかかります。

メーカーによってカートリッジ一つにおけるおむつの処理個数は違いますが、だいたい新生児のおむつ1カ月分(100~150個ぐらい)が処理できるようです。消臭効果付きゴミ箱を選ぶときは、機能やかけられる費用をしっかり検討して選ぶとよいでしょう。

価格も手が出しやすい!おむつ消臭剤

蓋付きのゴミ箱を使っていても、開け閉めのときに臭いが気になるということがありますよね。そんなときにはおむつ専用の消臭剤がおすすめです。

WELCO(ウエ・ルコ)が販売する「ゴミ箱用 おむつの消臭剤」は、せっけんのよい香りがおむつの臭いをやわらげてくれます。使い方はゴミ箱の蓋の裏に貼り付けるだけで簡単です。

かわいいひよこの形の消臭剤には、植物性消臭剤(柿シブエキス)が入っており、臭いを消臭してくれます。ユーカリ精油も入っていますので、虫の発生も防いでくれますよ。

使用期限は1カ月です。価格も294円からとリーズナブルになっていますので、おむつの消臭剤をいろいろ試してみたい方におすすめです。

専用ゴミ箱でも臭いは残る!最強の対策

おむつ専用ゴミ箱もくさくなるって本当?

おむつ専用のゴミ箱を使っていても、ゴミ箱が臭ってしまうことがあります。母乳やミルクを飲んでいるときの赤ちゃんの汚物はそんなに臭いもきつくありません。しかし離乳食が始まると、大人と同じような臭いがしてくさいですよね。

うんちやおしっこなどの汚物は、時間を置けば置くほど臭いが強くなる傾向があります。なので、おむつ専用のゴミ箱でも臭いが漏れてしまい、蓋を開け閉めしたときに臭ったり、ゴミ箱そのものに臭いが付いてしまったりするのです。

一度臭いが付いてしまうと、おむつが入っていないときもなんとなく臭いがするようです。臭いを消そうと天日干しをしたり、アルコールで除菌したりしてもなかなか消えてくれないので、困ってしまいますね。

うんちの臭いは「重曹」で撃退!

ゴミ箱のうんちの臭いには、重曹を使いましょう。重曹にはうんちの臭いを消臭する効果がありますので、うんちの臭いで悩まされているママはぜひ使ってくださいね。

赤ちゃんがうんちをしたおむつの、うんちの部分に直接重曹をふりかけ、そのままいつものように丸めて捨てるだけ。もしくは丸めてビニール袋に入れたおむつの上から重曹をふりかけてもOKです。

そのほかにも臭いがするゴミ箱の中に重曹をふりかけたり、ゴミ箱の中におむつを捨ててから重曹をふりかけても大丈夫です。つい重曹を多くかけすぎてしまった、ということがあってもまったく問題はありません。むしろゴミ箱の底の方のおむつは日にちがたつほど臭いますので、しっかりかけておいたほうがよいでしょう。

おしっこの臭いは「クエン酸」が効果的

おしっこの臭いには、クエン酸がよいですよ。クエン酸には、おしっこのアンモニア臭を消してくれる働きがあります。

重曹を使ったうんち臭対策のように、おしっこをした後のおむつの上からクエン酸をふりかけてください。ゴミ箱に直接かけても大丈夫ですよ。少し手間をくわえて、クエン酸のスプレーを自分で作るのもおすすめです。

水とクエン酸を2:1の割合で空のスプレーボトルに入れ、よく混ぜれば完成です。使用済みのおむつや、ゴミ箱に直接スプレーして使ってくださいね。

スプレーはおしっこの臭い対策のほかにも、トイレや水周りの掃除にも使えるので便利ですよ。ただし、金属部分に長時間使用すると傷む可能性がありますので、様子をみながら使ってください。

まとめ

赤ちゃんのうんちやおしっこは、年齢が高くなるにつれて変化しますし、体調によっても変化します。うんちやおしっこの臭いやおむつの量も変わってくると思います。年齢や状況に合った対策をするとよいですよ。

うんちやおしっこの臭いは完全に無臭にすることは難しいですが、今回ご紹介しましたさまざまな対策方法や便利グッズで、おむつからただよう臭いを軽減することはできます。おむつの臭いに悩まされているママは、ぜひ一度試してみてください。おむつの臭いに悩まされずに、育児を楽しみたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018