就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2歳児のママ必見!毎日の家事をスムーズにする方法

2歳児のママ必見!毎日の家事をスムーズにする方法

小さい子が家にいると家事をするのって本当に大変ですよね。少しでも子どもが一人で遊べるようになったり、簡単な家事のお手伝いができるようになるとママは嬉しいでしょう。子どもが一人で遊べる空間や環境づくり、一緒に楽しく家事ができるコツをご紹介します。

2歳児は甘えん坊?離れず家事ができない…

2歳の子どもはこんな時期

成長の早い子だと1歳半くらいから少しずつ自我が強く表れてきます。甘えん坊タイプの子は、ママが大好き過ぎて、ママと離れることを嫌がったり不安になったりして、何でも「ママがいい!」とパパや他の人の世話を嫌がる場合もあります。

また、何でも自分でやりたがる時期です。いわゆる「イヤイヤ期」ですね。何でも自分でやってみたいけど、自分だけでは上手くできないし、かといって、代わりにママがやろうものなら、自分でやりたいので手伝ったりするのを嫌がります。

子どももママも、どうしたらよいか途方にくれるなんてことも、育児ではよくある話でしょう。子どもの成長はとても喜ばしいことです。しかし、今だけと分かっていてもイヤイヤはほどほどにして欲しい時もありますよね。

家事を最小限におさえよう

とにかく家事は手抜きをすることを良しとしましょう。子どもが小さいうちは、出産前のような家事のクオリティを保つのは厳しいです。何か家事を始めようものなら「ママ!あそぼ!」「ママ!見て!」と中断させられます。

最初のうちは、可愛いなぁと思って相手をしていますが、限度を超えるとイライラしてしまうのは、よくある話です。イライラは自分にとってもマイナスなことなのでできる限りストレスを溜めないようにすることが大切です。

ママのイライラは、子どもにもうつってしまうと悪循環に陥ってしまう恐れがあります。子どもが小さいうちは手がかかるものと割り切って、パパと家事を分担しながら最低限におさえるように心がけていきましょう。

お昼寝の時間を有効に使う

2歳半を過ぎる頃には体力がついてきて、お昼寝をしなくなる子もいるでしょう。ですが、お昼寝をしてくれると、ほっと一息ついて、家事や仕事や休憩ができるので助かりますよね。子どもが甘えてくる時は、30分で終わる家事が倍以上もかかります。

お昼寝を無理にさせるのは大変ですが、午前中は公園や子育て支援センターなどに行って遊んだりして、思いっきり疲れさせることをおすすめします。それでも昼寝しない時は諦めて、夜早めに寝かしつけて、子どもが寝た後に家事を済ませる方法もありますよ。

ママ友の話では、一緒に遊び疲れて、ついついママも一緒に昼寝してしまう時もあるそうです。その時は、頑張って夜に家事を片付けたりしていると聞きました。

家事を進めるチャンス!一人で遊んでもらうために

まずは、安心できる空間づくりから

子どもはママが見えないと不安になり、グズグズ言い出す可能性があります。ママと離れたがらない甘えん坊の子の為に、ママが見える、近くにいる空間づくりをすると安心できるでしょう。

ママの視線を感じて安心して遊べる環境にするとよいですね。また、危険な物は置かないようにしましょう。赤ちゃんの頃みたいに何でも口に入れることは減っているでしょうが、ハサミやのりなどを一人で使うと思わぬ事故の恐れもあります。

友人ママは、洗濯物を取り込む用事でベランダへ行く時など子どものそばから離れる場合、子どもの肩や手を触れながら、必ず声をかけてから行くようにしています。手が触れると不思議と少し落ち着くような気がするそうです。

大好きな絵本やおもちゃをそばに置いておく

子どもが大好きな遊びってありますよね。ままごとだったり、ミニカーだったり、その子の好きなおもちゃや、お気に入りの絵本をそばに置いておいて、一人で遊べる環境を作ってみましょう。

ままごとであれば、ダンボールでも何でもよいので子ども用のキッチンを用意してみましょう。野菜や果物などの形のおもちゃを揃えなくても、積み木やおはじき、どんぐりや松ぼっくりなどでも何でもOKです。

毛糸をスパゲッティ、どんぐりをソーセージに見立てて、いろんな想像をして楽しむ方法がありますよ。

車や電車好きであれば、レール列車や道路タウンなど用意してみましょう。大好きなおもちゃの空間や環境があれば、20~30分くらいなら集中して遊べる可能性があります。

たまにはテレビやDVDに頼ってOK

どうしても今やってしまいたい、手が離せない時は、好きなテレビ番組やDVDに頼って利用できるものは利用しましょう。無理して頑張ってイライラしていたら、ママも大変ですよね。

テレビやDVDをダラダラ観せると良くない恐れがありますが、30分だけや1時間だけと時間を決めるとメリハリがあってよいでしょう。

友人ママは、夕方の1時間だけEテレを観せていて、その間に夕飯の支度を済ませて洗濯物を片付けたり、明日の準備をしたりしています。テレビを観る前に「この番組を観終わったら一緒に遊ぼうね、待っててね」と声かけします。

そして、家事や用事が終わったら必ず「待っててくれてありがとう、ママ助かったよ」と言っています。子どもは喜んでいるようです。

離れてくれない時はお手伝いしてもらおう

洗濯物をカゴから出してもらう

ママと離れたがらない子は、思い切って一緒に家事をしてみましょう。時間はかかりますが、一緒にやると案外とできるものです。見ていないようで毎日やっているママの行動をしっかり観察しています。

友人ママは、「パパの靴下はどれかな?」とクイズみたいにして、洗濯物をカゴから出して渡してもらっていると聞きました。子どもは楽しそうに「みーつけた!」と言いながら渡してくれるそうです。

また、ハンカチやタオルなどの簡単な洗濯物を畳むお手伝いもお願いしているそうですよ。最初は上手に畳めなくても、ママと一緒にお手伝いをしていることを楽しんでくれるとママも楽しいでしょう。

そして、何年後かには頼れる存在になるとママも嬉しいですよね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事