就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

スポーツが子どもに与える影響って何?スポーツが子どもによい理由

スポーツが子どもに与える影響って何?スポーツが子どもによい理由

我が子がスポーツの得意な子どもになってくれたら嬉しいと考えているパパママも多いと思います。幼児期に運動することは、子どもの健康によさそうなイメージがあるけれど、具体的にはどんなメリットがあるのか、気になりますよね。そこで今回は、スポーツが子どもに与える影響について解説していきます。

スポーツは子どもの身体の発達に影響する?

平衡感覚や瞬発力など身体能力が向上

運動神経が飛躍的に発達する3~12歳頃までは、「ゴールデンエイジ」と呼ばれています。運動神経のよい子どもにしたいなら、幼児期から日常的にスポーツをすることがおすすめです。

逆にゴールデンエイジを過ぎてから運動神経をよくしようと思っても、なかなか難しいそうです。特に3~8歳頃は身体をコントロールするための神経系がもっとも発達するため、生涯の運動能力の基礎を養う時期といえるでしょう。

スポーツをすることでさまざまな動きを体験し、平衡感覚や瞬発力など、子どもの身体能力を向上させる効果が期待できます。幼児期はバランスよく成長するためにも、特定スポーツだけをするのではなく、いくつかのスポーツに触れたり、思い切り体を動かして遊んだりすることが大切です。

病気になりにくい健康な体になる

スポーツで身体を動かすことにより、骨や筋肉が刺激され、丈夫な身体へと成長します。また、継続的な運動は心肺機能を高める効果があるといわれています。心臓や、呼吸器機能が高まれば、基礎的な体力がつき、病気になりにくい健康な身体になるでしょう。

昔から、「健康な身体には健康な心が宿る」といわれていますね。疲れやすかったり、すぐに転んでけがをしたり、基礎体力や基本的な運動神経が未発達だと、どうしても不健康になりがちです。

また、基礎体力がつくと回復力が向上するので、たくさん運動して疲れても、しっかり食べて一晩寝れば、翌日にはすっかり体力を取り戻すことができるでしょう。生涯にわたる健康を目指すなら、幼児期からスポーツすることが重要といえますね。

神経系に作用して脳が活性化することも!

スポーツは、健康な身体を作るだけではありません。運動することにより、神経系に作用して、脳が活性化することも期待できるのです。スポーツで身体を動かすことにより、思考をつかさどる「前頭前野」という脳領域を刺激することができるといいます。

最近では、幼少期から英才教育をするママも増えてきているようですが、「勉強」ばかりするのではなく、「運動」をすることも、賢い子どもに育てるには必要不可欠だといえるでしょう。

スポーツは、瞬時に状況を判断して次の行動に移したり、どんなタイミングでどんなふうに身体を動かしたら効果的なのか考えたりしますね。子どもの脳は、スポーツを通してさまざまな刺激を受け、集中力や思考力などの力を備えていくことでしょう。

スポーツは子どもの心の発達にも影響する?

達成感が子どもの自信につながる

スポーツをすることの大きなメリットは、「心の発達にもよい影響がある」ということです。課題をひとつひとつクリアしていくことによって、「努力すればできるようになるんだ」という達成感や充実感が得られます。

もちろんスポーツする中で、失敗など挫折を味わうこともあるでしょう。しかし、それでもあきらめずに続けることで、いずれできるようになるという体験をすることが重要です。スポーツを通して、あきらめない気持ち、失敗を恐れない強さが身につくでしょう。

「やればできる」という自信は、子どもに「自己肯定感」を芽生えさせ、ポジティブな思考を期待することができます。ママも、子どもが努力して達成したときには、たっぷりと褒めて自己肯定感を高める声がけをするとよいですよ。

ルールを守り、礼儀を身につける

スポーツしていると、「スポーツマンシップ」という言葉をよく耳にしますよね。スポーツをするうえで持つべき心構えのことで、「正々堂々とフェアプレーをする」という精神です。それはつまりルールを守ることや、仲間や相手に礼を尽くすことなどを意味します。

とくに武道などの習い事では、礼儀作法をしっかりと指導してくれるスクールも多いと思います。元気にあいさつをする、道具は大切にする、時間は守る、など、幼児期からマナーの大切さを学ぶことは、大人になってからもきっと役に立つでしょう。

どんなスポーツでも、必ずルールは存在します。ルールや礼儀について、家庭で教えるのはなかなか大変です。スポーツを通して身につけられれば、ママとしても嬉しい限りですよね。

仲間と関わり、協調性や社会性を身につける

スポーツの楽しみの一つとして、仲間との関わりやチームプレイの楽しさが挙げられると思います。幼児期の子どもでも、4、5歳くらいになれば、周りとコミュニケーションをとりながら協力することができるでしょう。

野球やサッカー、ダンスやバレエなどは、周りと歩調を合わせることが求められ、自然と協調性が養われます。もちろん個人でプレイするスポーツも多いですが、それでも周りのお友達と切磋琢磨する楽しさはありますよね。

便利な世の中になってきていますが、だからこそ協調性や社会性を身につけた人こそが、魅力的に感じられるのではないでしょうか。スポーツを通した仲間との関わりの中で、思いやりや責任感などの豊かな心が育まれていくでしょう。

運動不足が子どもに与える影響とは?

運動能力が低下し、体をうまく動かせない

文部科学省のデータによると、昭和60年頃から子どもの体力・運動能力が低下し続けているようです。それに反して、身長や体重など、体格の平均は大きくなってきており、重大な問題点とされています。

昭和の時代に比べると、幼い子どもたちが外で安全に遊べる場所は減り、インターネットやゲーム機の普及などで、遊び方も変わってきていることが主な原因でしょう。そのため、家庭でなんらかのスポーツ系の習い事をさせない限り、運動不足が生じてしまうようです。

運動能力が低下すれば、体をうまく動かすことができず、瞬時に危険を避ける力が弱くなり、ケガが多くなるなどの弊害があるでしょう。また、自分の身体をコントロールする力が弱いと、うまく遊べずやる気を失うことも考えられます。

肥満など生活習慣病へのリスクがあがる

1970年代に比べ、現代は肥満傾向の子どもの数が2倍以上になっているといいます。子どもの肥満の原因は、もちろん食べ過ぎもありますが、やはり「運動不足」も大きく関係しているといえるでしょう。

「生活習慣病」と聞くと大人の病というイメージがありますが、実は子どもでも、運動不足による生活習慣病のリスクはあるのです。運動不足で太りすぎてしまうと、心臓や血管に負担がかかり、身体のあらゆる部分に悪影響を与えます。

幼児期から太りやすい環境を改善しなければ、大人になって「がん」「脳卒中」「糖尿病」といった生活習慣病にかかるリスクが高まってしまいます。健康的な人生を送るためにも、子どもにはしっかりと運動を習慣づけたいですね。

学力が低下し、勉強の成績が伸びない

「スポーツ」と「学力」、じつは密接に関係していることをご存知でしたか?ある実験結果から、体力がある子どもの方が、そうでない子どもに比べて学力が高い、ということが分かっています。

スポーツすることで集中力が高まり、学校でも先生の話をしっかりと聞くことができるため、結果的に成績が伸びるということのようです。また、運動することは脳にもよい刺激を与えるので、思考力・想像力・表現力など、勉強するうえでも重要な能力が高まります。

また、適度な運動はストレス発散になりますし、気持ちを切り替えるうえでも役に立ちそうですよね。勉強ができる子どもになってほしいと思う場合でも、机に向かわせるばかりでなく、積極的に運動させることが大切といえますね。

まとめ

幼児期にスポーツをすることのメリットを知っていただけたと思います。スポーツは、健康な身体だけでなく、強い心も育ててくれる素晴らしいものですね。子どもが将来どんな道を選択するにしても、幼児期にスポーツをしていたという経験は、プラスに働くのではないでしょうか。

ただし、どんなスポーツをやってみるかは、ママやパパの考えだけでなく、子どもの要望も取り入れながら決めた方がよいですよ。子ども自身がやってみたいと思うスポーツなら、どんなものでもきっと充実感を感じられるでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018