就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの手洗いの仕方は?洗い方や知っておきたいポイント

赤ちゃんの手洗いの仕方は?洗い方や知っておきたいポイント

「赤ちゃんであっても手洗いって必要なの?」「どうやって洗えばいいのか分からない」「石鹸を使ったほうがいいのかな?」など手洗いに関して悩むママも多いはず。ここではそんな疑問に答えるべく、赤ちゃんの手洗いの方法やポイント、おすすめのハンドソープなどについて紹介していきます。

赤ちゃんの手洗いに関し知っておきたいこと

赤ちゃんの手洗いが大切な理由とは?

風邪やインフルエンザなどの感染症やノロウイルスなどによる食中毒は、手が感染の原因になるということを知っていますか?

ドアノブや手すりなどにそのような感染症の元となるばい菌が付着していたとします。ばい菌は目には見えないので気づかずに手で触ってしまい、そのばい菌がついた手で鼻や口などを触ると、体内にばい菌が入りこんでしまいます。

手洗いをすることでそのようなばい菌を洗い流し、ばい菌が体内に侵入することを防ぐことができます。赤ちゃんであってもおもちゃや自分の手を口に入れることがありますので、手洗いをしてばい菌を洗い流すことが大切です。ママやパパと一緒に手洗いをして、感染症にかかるリスクを減らしてあげましょうね。

今後の手洗いを習慣づけるキッカケをつくる

手洗いを始める時期にはっきりとした決まりはありませんが、離乳食を食べ始める頃からがおすすめです。

この時期の赤ちゃんは離乳食を手づかみで食べたり公園などに出かけたりすることが増えるので、手が汚れやすくなりますよね。食事の前後やお出かけの後など手洗いをするタイミングを決めて、ママと一緒に手洗いをしましょう。

このときママも楽しい雰囲気で手洗いを行うのがポイントです。ママが楽しそうに手洗いをしている様子を見ると、赤ちゃんも手洗いに興味がわき一緒にしたくなるでしょう。

赤ちゃんの頃は手洗いをする理由が明確に分かっていなくても、決まったタイミングで繰り返し行うことで、手洗いが習慣として身につきやすくなりますよ。

外出先ならウエットティッシュも活躍

月齢が進むにつれて赤ちゃんの自我が芽生え、自らおもちゃを触ったり公園の遊具で遊んだり色々な物と触れ合う機会が増えるでしょう。そのような赤ちゃんの成長はママにとって嬉しいものですが、ふと手をみると汚れで真っ黒…なんてこともありますよね。

汚れに気づいたときにさっと手洗いができればよいのですが、外出先だと難しい場合もあるでしょう。そのようなときは、ウェットティッシュがあると便利です。手が汚れたとしてもさっと汚れを落として、除菌することができます。

手洗いのときのようにママがウェットティッシュを使って汚れている部分を優しく拭いてあげましょう。赤ちゃんの肌への刺激が気になる場合は、ノンアルコールタイプを選ぶと肌荒れを起こしにくいですよ。

上手に赤ちゃんの手洗いをする方法

手洗いのときは意識して声かけをする

手洗いをするときには汚れを落とすことに気が向きがちですが、優しく声かけをして楽しい雰囲気で行うよう心がけましょう。

頑固な汚れだとゴシゴシと強くこすってしまったり、汚れを落とすことに集中しすぎて沈黙してしまったりすることもあるでしょう。ママが怖い顔をして手洗いをしていると、赤ちゃんは「手洗い=怖いもの」というように認識してしまうこともありますので、できるだけ楽しく行いましょうね。

このとき「今からお外でついたばい菌さんとバイバイするよ」「おててをゴシゴシしようね」「上手に洗えているね」など優しく声かけをすることがポイントです。手洗い中は意識的に声かけをして、手洗いが終わったら「上手にできたね」と誉めてあげてくださいね。

冬は冷たい水ではなくぬるま湯を使う

冬は気温が低く、少しお出かけするだけでも手足や体が冷えていることが多いですよね。そんなときは冷たい水ではなく、ぬるま湯で手洗いをするようにしましょう。

冬場に冷たい水で手洗いをすると、手や体が冷えてしまい風邪をひく原因になることもあるので注意が必要です。帰宅してすぐにぬるま湯で手洗いをすると、エアコンや暖房器具を使用するよりも早く手を温めることができますよ。

このときお湯の温度に気をつけましょう。熱いお湯でゴシゴシ洗うと手の油分が奪われてしまい、手の乾燥や手荒れの原因となってしまいます。大人でも冬場は手荒れが起こりやすいですが、赤ちゃんはさらに肌が弱いので、お湯の温度をしっかりと調節して手荒れを起こさないよう気をつけてあげましょうね。

腰がすわる前なら濡れタオルを使う

腰すわり前の赤ちゃんだと、1人で洗面所に立って手洗いをすることができません。かといってママが毎回抱っこして手洗いをするのも大変ですよね。

そんなときは濡れタオルを活用してみてはいかがでしょうか。濡れタオルはとても簡単に用意することができますよ。清潔なミニタオルを用意して、ぬるま湯でそっと濡らします。しっかりを水気を絞ってから、おてふきのように優しく手を拭いて使います。そうすれば簡単に手の汚れを落とすことができますよ。

このときどちらの手を先に拭くか決めて、毎回同じ手から拭いてあげましょう。繰り返し行うことで赤ちゃんも濡れタオルで手を拭くことが習慣となり、自然と手を出してくれるようになりますよ。

赤ちゃんにも安心して使えるハンドソープ

ミヨシ石鹸の無添加泡のハンドソープ

「石鹸を使って手洗いをしたいけれど、赤ちゃんの肌への刺激が気になる」「石鹸で洗ったあとに肌が乾燥する気がする」「赤ちゃんに匂いがつきすぎて気になる」など悩むママも多いかと思います。

そんな肌の弱い赤ちゃんにおすすめの石鹸は、ミヨシ石鹸株式会社が販売しているミヨシ石鹸のハンドソープです。赤ちゃん用品店やドラッグストア、通販などで販売されていますよ。

このハンドソープの一番の魅力は無添加で作られていることです。無添加石鹸は添加物を含んでいないので肌への刺激が少なく、余分な皮脂だけ洗い流すことができます。肌の弱い赤ちゃんが繰り返し使っても、肌荒れの心配がいりません。また香料も含まれていないので、赤ちゃんでも使いやすいですよ。

弱酸性が嬉しい!ビオレu泡ハンドソープ

健康な人間の肌は、皮膚常在菌のおかげで弱酸性に保たれています。反対に風邪やインフルエンザのような感染症を引き起こすウイルスは弱アルカリ性であり、弱酸性が保たれている肌では生きることが難しいといわれています。

この「ビオレu泡ハンドソープ」の一番の魅力は弱酸性であることです。弱酸性で作られているので、肌の弱酸性を保ちつつばい菌を寄せつけないように手洗いをすることができるのです。

香りは3種類あり、どれもほんのりと香る程度なので赤ちゃんであっても気にする必要はありません。また子どもが使いやすいように設計されているので、倒れにくくポンプ部分も押しやすい構造です。赤ちゃんが1人で手洗いする練習時にも使いやすくておすすめですよ。

ミューズノータッチ泡ハンドソープ

石鹸を使うときにポンプを触っているけれど、そのポンプにばい菌はついていないか心配になるママもいるかと思います。そんなときはミューズのノータッチ泡ハンドソープがおすすめです。香りは4種類あり、どれも上質な匂いですよ。

このハンドソープの一番の魅力はポンプに触れなくても石鹸が使えるところです。センサーに手をかざすだけで、ポンプに触れなくても自動的に泡が出てくるので衛生的です。石鹸の量も多すぎたり少なすぎたりすることなく、ちょうどよい1回分が出てきますよ。

また最初は濃い色の泡ですが、ゴシゴシと洗い続けると白色に変化します。しっかりと手洗いをすることで泡の色が変化して、赤ちゃんも楽しく手洗いをすることができるでしょう。

まとめ

ここでは赤ちゃんの手洗いが大切な理由や上手に手洗いする方法、おすすめのハンドソープについて紹介してきました。

感染症や食中毒のリスクを減らすためには、赤ちゃんであっても手洗いが大切です。ママと一緒に楽しみつつ、今後の手洗いの習慣づけるきっかけを作りましょうね。

また最近はハンドソープの種類も豊富で、それぞれ違った特長を持っています。ママと赤ちゃんのニーズに合ったものを見つけて、手洗いを楽しんでくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018