就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ベビー服の水通しに洗剤は使う?水通しの理由と洗濯機のポイント

ベビー服の水通しに洗剤は使う?水通しの理由と洗濯機のポイント

ベビー服は基本的に、購入して初めて着用する前に「水通し」をします。水通しすることで大切な赤ちゃんの肌を様々な刺激から守ります。「水通しって聞いたことがあるけど、本当に水を通すだけ?」と思うママもいるかもしれませんね。今回は水通しの方法や意味をご紹介します。赤ちゃんに気持ちのよい衣類を準備しましょう。

水通しするときに洗剤は使った方がよい?

基本的に洗剤は使わず水やぬるま湯で

妊娠中、ベビー服やベビー用品を選んで購入するのは楽しい時間ですね。購入した衣類やガーゼ、タオルなどの布製品は、使用する前に一度「水通し」をしておきましょう。

やり方は、その名のとおり水、もしくはぬるま湯でしっかりともみ洗いします。「洗剤を使わなくても大丈夫?」と思うママもいるかもしれませんが、購入したばかりのベビー服は汚れていないので問題ありません。

水、またはぬるま湯で洗った後は、雑巾を絞る要領で水気を切ります。しわになりますが、すぐに伸ばせば大丈夫です。

あとはハンガーにかけて、日光に当てて干しましょう。ただし、花粉やPM2.5など、人体の刺激になる物質が空気中にたくさん飛散している日は避けてください。

洗剤を使うなら赤ちゃん用を選ぼう

水通しを水やぬるま湯だけで行うことに抵抗を感じるママもいると思います。洗剤を使ってきちんと洗濯したいのであれば、赤ちゃん用洗剤を使いましょう。

赤ちゃん用洗剤をおすすめするのは、一般の洗剤には赤ちゃんの肌を刺激する成分が含まれているためです。例えば界面活性剤や蛍光増白剤などは、洗濯をした後、衣類に残ってしまう可能性があります。

多くの赤ちゃん用洗剤にはこうした成分が入っていなかったり、入っていても天然成分由来の材料で作られていたりするため安心ですよ。

注意点は、溶け残りを予防するため液体洗剤を使用すること、きちんと洗剤を計量すること、しっかりすすぐことです。肌に刺激を与えないよう、洗剤を衣類に残さないようにしましょう。

柔軟剤は刺激が強いので使わない

デリケートな赤ちゃんの肌に触れる衣類は柔らかく仕上げたいですね。柔らか仕上げには柔軟剤が便利ですが、残念ながら水通しで使用するのはおすすめできません。

柔軟剤には皮膚炎やアレルギーの原因になる成分が含まれている可能性があります。しかも成分表示の義務がないため、消費者が確認することができないのです。

最近の柔軟剤の特徴である「香り」も赤ちゃんにとっては強いため、避けたほうが無難です。大人でも強い香りで頭痛やめまいを起こす人がいますね。国民生活センターに寄せられる「香害」の相談件数は増加しているようです。

もし柔軟剤を使用したい場合は、赤ちゃん用が販売されています。成分がすべて書いてあるものが多いので、安心して使用できますよ。

ベビー服の水通しをする理由とは

刺激を減らすため衣類のほこりや糊を落とす

ベビー服を水通しすることにはどんなメリットがあるのでしょうか。一つが服についているほこりや糊を落として、肌への刺激を減らすことです。

人の肌は本来、細菌や化学物質といった外部からの異物や刺激から私たちを守る働きをしています。また、身体の水分の蒸発を防いで脱水を予防してくれるのです。

ところが、赤ちゃんの皮膚の厚さは大人の半分ほどしかありません。皮膚の機能が未熟でデリケートなため、外部の刺激から守ってあげる必要があるのです。

購入したばかりのベビー服には、製造過程で付着したほこりや繊維片、またしわを伸ばすための糊がついています。水通しをするとそれらを洗い流し、赤ちゃんの肌を守ることができるのです。

糊を落とすことで汗を吸収しやすくなる

水通しには衣類の糊を落として汗を吸収しやすくする、という効果もあります。赤ちゃんは汗かきなので、衣類が汗をよく吸収することは重要なのです。

とくに新生児は汗をよくかきます。これは汗腺の数に秘密があります。

じつは赤ちゃんと大人の汗腺の数はほぼ同じです。しかし皮膚の面積は全く違いますね。表面積が少ない赤ちゃんの汗腺は大人に比べて密集しています。そのため小さな体で大量の汗をかくのです。

横になってあまり動かない新生児の時期でも、ママがびっくりするほど汗をかくことがある赤ちゃん。この汗を放っておくと皮膚トラブルを引き起こしたり風邪をひいたりする恐れがあるため、ベビー服がしっかり汗を吸収することは需要なのです。

ホルムアルデヒドの除去

ホルムアルデヒドの除去も、水通しする理由の一つです。ホルムアルデヒドは衣類の縮みやしわを防ぐ目的で使用されますが、一方、皮膚を刺激する性質を持つ有害物質でもあります。消費生活センターには「衣類に含まれるホルムアルデヒドで湿疹になった」という相談が寄せられているようです。

肌のデリケートな赤ちゃんはとくに注意が必要で、生後24カ月までの子ども服には使用が厳しく規制されています。最近では感染を防ぐため、ビニール袋に入れて販売しているお店も多いようです。

ただしどれだけ対策をしても、防ぎきれずにベビー服に付着する可能性は否定できません。そのために必要なのが水通しで、ホルムアルデヒドが水に溶けやすい性質を利用して除去するのです。

洗濯機で水通しをする場合のポイント

水通しをする前に洗濯機を掃除しよう

ベビー服は生まれてすぐに必要になるため、妊娠中に水通しをして準備しておく必要があります。ただお腹が大きい時期になると手洗いでは大変ですね。

また衣類だけでなくおくるみやタオルなどの布製品も水通しをするなら、手洗いだと何度も洗うことになります。そのため洗濯機を利用して一度に済ませるママも少なくないようです。

洗濯機で水通しをするときは、まず洗濯槽クリーナーなどで洗濯槽に付着したカビや雑菌を除去してからにしましょう。もちろんすすぎもしっかりして、クリーナーが残らないように注意してくださいね。

クリーナーで掃除をした後に、通常の洗濯を何度かしておくとより安心です。きれいな洗濯槽になったら準備完了ですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC