就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋は赤ちゃんとお出かけしよう!服装や一緒に楽しめる秋イベント

秋は赤ちゃんとお出かけしよう!服装や一緒に楽しめる秋イベント

夏は気温が高く熱中症の心配もあるので、赤ちゃん連れのお出かけを控えるママも多いのではないでしょうか。その点、秋は気温も涼しく赤ちゃんとのお出かけにも快適な季節です。ここでは、すごしやすい秋にママと赤ちゃんがお出かけを楽しめるようなおすすめの場所や、秋に着せるベビー服の選び方などをご紹介します。

秋は赤ちゃんとのお出かけには最適な季節

気温、湿度がちょうどよいから外出には最適

夏の場合「熱中症にならないか心配だから、外にお出かけできない」、冬の場合は「寒いので赤ちゃんが風邪をひかないか心配でお出かけしづらい」など、赤ちゃんとの外出は心配だと感じるママも多いですよね。

小さな赤ちゃんですから、ママが心配になるのも無理はありません。気温、湿度がちょうどよい秋は、1年のなかでもっとも赤ちゃんと外出しやすい季節です。

友人の話では、赤ちゃんは抵抗力が弱くすぐに熱がでることもあるので、夏場や冬の間は外出を控えていたそうです。1年のなかでは春も比較的赤ちゃんと外出しやすいそうですが風が強い日も多いので、秋のほうが赤ちゃん連れには外出しやすいと話してくれました。

すごしやすい季節は、公園などにお散歩も行きやすいですね。

秋は午前中から昼過ぎがお散歩におすすめ

出産後の1カ月健診が無事に終わるまでは、赤ちゃんとの外出を控えている方も多いですよね。1カ月健診が無事に終わると「そろそろ赤ちゃんとお散歩デビューしたいな」と思うママも多いのではないでしょうか。

秋は1年のなかでもっとも赤ちゃんと外出しやすい季節といわれていますが、夕方ぐらいになると肌寒い日もありますよね。秋に赤ちゃんとお散歩したい方は、気温が暖かくて心地よい午前中からお昼すぎの時間帯がおすすめですよ。

赤ちゃんとお散歩デビューをするときは、10分くらいの短い時間からスタートし、少しずつ時間を長くしていくとよいでしょう。授乳やお昼寝のタイミングを避けて、赤ちゃんの機嫌のよいタイミングでお散歩に行くとママも赤ちゃんもお散歩を楽しめそうですね。

葉っぱなどを拾って秋をからだで感じよう

赤ちゃんはまだ1人で歩けないので「公園に行ってどのように遊べばよいか分からない」というママも多いかもしれませんね。赤ちゃんはお散歩に行ってさまざまな自然と触れ合うことで、たくさんの刺激を受けすくすくと成長していきます。

秋のお散歩は、葉っぱやどんぐりなどを拾って秋を体で感じさせてあげましょう。秋の葉っぱは紅葉しているものもあるので、赤色、黄色など見ているだけでもキレイですよね。

先輩ママの話では、子どもが赤ちゃんのときはお散歩に行ったときに紅葉を見て楽しむだけではなく、葉っぱを拾って遊んでいたそうです。赤ちゃんの頃から自然と触れ合う遊びをしていたからか、大きくなっても自然が大好きな子に育ってくれたと話してくれました。

赤ちゃんの秋のお出かけ服の選び方

室内着にベストなどを1枚多く着せる

初めて育児をしているママは、季節によって赤ちゃんの服装をどう変えていけばよいのか悩む方もいますよね。赤ちゃんは体温調節が苦手なので、季節の変わり目は風邪をひかせないようにと、赤ちゃんの服装を試行錯誤するママも多いのではないでしょうか。

日中はポカポカしていても、朝晩は肌寒く感じることもある秋には、室内着にベストを1枚多く着せるとよいでしょう。カーディガンなどを着せてもよいですが、まだ1人で歩けない赤ちゃんの場合は手足を動かしづらいことも…。

ベストだと赤ちゃんが体を動かしやすく重ね着しても暑すぎないので、秋の室内着にピッタリですよ。可愛いデザインのベストもたくさん売られているので、お出かけのときにもベストを持っておくと安心でしょう。

お出かけには念のため靴下と帽子をプラス

春夏は赤ちゃんに靴下を履かせていなかったというママも、秋になると赤ちゃんの足の冷えが気になって靴下を履かせたほうがよいのか悩む方も多いですよね。秋になってもお家のなかや屋内施設では、基本的に赤ちゃんに靴下は必要ないでしょう。

しかし、公園や紅葉を見に行くなど、外にお出かけするときは念のため靴下を持って行くと安心ですよ。また、風が冷たい日もあるので、外にお出かけに行くときは帽子も持って行きましょう。

靴下と帽子は、秋の暖かい日だと赤ちゃんが暑くて汗をかいてしまいます。ですから、温度や日差しなどを確認しながら必要だと思ったときに活用するとよいですよ。外にお出かけのときは、秋でも赤ちゃんに日焼け止めも忘れずに塗ってくださいね。

前開きで脱ぎ着しやすい上着があると安心

秋はすごしやすく公園や動物園など、外にもお出かけしやすい季節ですよね。しかし、朝と夕方は気温が下がり赤ちゃんの体が冷えてしまうこともあります。

赤ちゃんと外にお出かけするときは、前開きの脱ぎ着しやすい上着を持って行っておくと安心でしょう。長時間のお出かけのときなどは、赤ちゃんが冷えないように気温に合わせて着せてあげるとよいですよ。赤ちゃんがお出かけの途中で寝てしまったときも、前開きの上着があるとタオルケットなどの代わりになるので便利ですよ。

また、室内へのお出かけでも脱ぎ着させやすい上着は持っておくと安心です。屋内施設はエアコンが効いている所が多いので、風邪をひかないように着せてあげましょう。

赤ちゃんと秋イベントにお出かけしよう

ショップや役場で開催「赤ちゃん運動会」

秋はすごしやすい季節になるので、スポーツの秋ともいわれていますよね。「うちの子は保育園に行かせていないから、運動会はまだ先の話だなぁ」と思っているパパやママ!赤ちゃんから参加できる「赤ちゃん運動会」というものが、全国各地で開催されていますよ。

たとえば、赤ちゃん本舗やキドキドなどでは、赤ちゃんが参加できる「ハイハイレース」というものを開催しています。キドキドでは、小さなおもちゃの障害物を乗り越えながらどの赤ちゃんが1番にゴールできるか競うので、運動会の障害物競走のように盛り上がりますよ。

また、役場などでも秋になると「赤ちゃん運動会」が開催される地域があります。親子で参加できる楽しいイベントですよ。

全国の秋祭りで多く開催「赤ちゃん土俵入」

秋になると、全国のさまざまな地域でお祭りが開催されますよね。「秋祭りは赤ちゃんが参加するのはまだ早いかな?」と感じるかもしれませんが、全国の秋祭りの多くで「赤ちゃん土俵入」というイベントが開催されているのでご紹介します。

・賀露神社「赤ちゃん泣き相撲大会」(鳥取)
生後1歳前後の赤ちゃんが参加できます。参加する赤ちゃんは、金太郎の赤い腹巻きをつけ豆絞りの鉢巻きを締めた格好で、力士に抱かれて土俵に登場します。早く泣いたほうの赤ちゃんが勝ちという、見ている側も赤ちゃんに癒やされる大会ですよ。

・湊柱神社(徳島)
湊柱神社では、秋祭りの前日に開催される「赤ちゃん土俵入り」が地元の方に愛されています。1年間に生まれた男の子の赤ちゃんが参加できますよ。

かわいい衣装で参加しよう「ハロウィン」

最近では、1年のなかでもっとも盛り上がるイベントが「ハロウィン」といっても過言ではないでしょう。「ハロウィン」は若者だけのイベントではなく、赤ちゃんも参加できるイベントがたくさんあるのでチェックしてみるとよいですよ。

かぼちゃや魔女、キャラクターなど、ママが赤ちゃんに着せたいと思う格好をさせて参加しましょう。ベビー用のハロウィンコスプレは、お店以外にもネットでたくさん販売されていますよ。

赤ちゃんが参加できる「ハロウィン」のイベントは、テーマパーク、水族館、商業施設など、さまざまな場所で開催されているので参加しやすいです。一般の方が参加できるパレードもあるので、家族でコスプレをして参加すると思い出に残りそうですね。

まとめ

秋は赤ちゃんやママにとって、1年のなかで最も過ごしやすい季節ではないでしょうか。「夏の間はお家のなかで、ほとんどすごしていた」「赤ちゃんとお出かけをしていない」というママはすごしやすい秋にぜひ、公園やお散歩など、お家の近くから赤ちゃんとのお出かけを始めてみましょう。

お出かけに慣れてきたら秋にしかない、さまざまな楽しいイベントに参加するのもおすすめです。赤ちゃんと楽しくお出かけするときは、パパやママも一緒にリフレッシュしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018