就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

外出先でもスムーズに授乳する方法は?準備とママの授乳姿勢がカギ

外出先でもスムーズに授乳する方法は?準備とママの授乳姿勢がカギ

授乳クッションなしでも楽に授乳する方法

授乳姿勢に気をつけるだけで授乳が楽に

「お家では授乳するときに、授乳クッションを活用している」というママも多いでしょう。授乳クッションがあると正しい姿勢でいられるので、ママの体に負担がかからないですよね。しかし、授乳クッションはかさばるので、お出かけのときには持って行きにくいです。

外出先で授乳クッションを使わずに授乳するときは、なるべく正しい姿勢で授乳できるように心がけましょう。クッションがないからといって猫背にななって授乳していると、腰や肩、背中などに負担がかかり体が痛くなることがありますよ。

授乳クッションがないときの授乳は、横抱きだと赤ちゃんを持ち上げないといけないので、ママの腕に負担がかかります。縦抱きにすると授乳クッションなしでも姿勢が崩れにくいでしょう。

外出先で授乳するときのコツ

外出先で授乳がうまくいかないと、赤ちゃんが大泣きするのでママも焦りますよね。授乳クッションがないと授乳が難しく感じることがあるかもしれませんが、授乳をするときはなるべく座るようにしましょう。

授乳スペースではイスがあるところが多く、座って授乳できます。ママがイスに座ることで抱っこに安定感がでるので、赤ちゃんも安心して飲むことに集中できるでしょう。イスに座っても高さが足りない場合は、足を組んでその上で抱っこします。そうすることで、赤ちゃんを持ち上げずに授乳ができるのでママの体が楽ですよ。

授乳スペースにイスが置いていないときもあるかもしれません。床に座って授乳するときは、体育座りをすると赤ちゃんが飲みやすい位置に抱っこできますよ。

やっぱり授乳クッションが必要なときは?

「授乳クッションがないと、どうしてもうまく授乳ができない」と悩んでいるママもいるでしょう。授乳クッションは持ち運びにかさばってしまうので、タオルやマザーズバッグなどをクッション代わりにして活用するとよいですよ。

お昼寝用にバスタオルを持っている方はタオルをくるくると丸めて膝の上に置き、その上に赤ちゃんを抱っこしてみてください。授乳クッションのように高さが作られるので、お家にいるときと同じように授乳ができるでしょう。

マザーズバッグは赤ちゃんの着替えやおむつなどが入っているため、クッションのようにやわらかくなっていることがあります。着替えやおむつなどでクッション性が出ているので、授乳クッション代わりにぴったりですよ。

まとめ

「赤ちゃんとお出かけしたくても、授乳のことが心配で遠出ができない」と悩んでいるママもいるかもしれませんね。授乳をしている時期でも赤ちゃんの授乳の間隔をチェックしたり、事前に授乳できるスペースを調べておいたりするだけで、赤ちゃんが外出先で泣いても焦らずに行動ができるでしょう。

授乳クッションを持って行かなくても、少し工夫すれば外出先での授乳がやりやすくなります。正しい姿勢やママの服装などにも気をつけることで、授乳に悩まずお出かけを楽しめますよ。

ママたちのできるを増やすコミュニティteo’s(テオズ)無料会員を30名募集!

teo’s(テオズ)は「小さなお子さまがいらっしゃる方」「子供が保育園、小学校に通っている時間しか働けない方」「特別な事情で外で働くことができない方」などの悩みを抱えるママたちに、仮想オフィスとしての繋がりの場の用意や、働くスキルを身につける場の提供などを通じて、在宅で働きたい全国のママを応援してまいります。

もし良かったら登録お願いいたします~!
31 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND