就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2歳児の成長と過ごし方!遊び方やイヤイヤ期、トイレトレーニング

2歳児の成長と過ごし方!遊び方やイヤイヤ期、トイレトレーニング

身長や体重のほかにも言葉や運動能力など、2歳児の発達の特徴をみていきましょう。また、気になるイヤイヤ期を乗り越える方法やトイレトレーニングの方法などを紹介します。このように大変なこともありますが、2歳児はかわいい時期でもあります。それでは2歳児とより楽しく過ごすためのポイントをみていきましょう。

2歳児の身長、体重、歯の数を知りたい

出生時の約1.7倍!2歳児の身長は?

2歳児になると身長は出生時の約1.7倍にもなります。3歳までに男女とも平均で約8cm身長が伸びるようです。それでは2歳児の平均身長をみていきましょう。

      女の子  男の子
2歳0カ月 84.3cm 85.4cm 
2歳3カ月 86.4cm 87.6cm
2歳6カ月 88.4cm 89.6cm
2歳9カ月 90.3cm 91.5cm
3歳0カ月 92.2cm 93.3cm

月齢別に平均身長を紹介しましたが、子どもによって成長する時期やペースは違います。そのため、平均値よりも下回っている場合でも、すぐに心配する必要はないようです。定期検診で特別なにもいわれなければ安心していいでしょう。

体重は約4倍!2歳児の平均的な体重は?

2歳になると体重は約4倍になります。無理してだっこすると、腱鞘炎(けんしょうえん)になってしまうこともあるので、気をつけましょう。それでは2歳児の平均体重をみていきましょう。

     女の子 男の子
2歳0カ月 11.0kg 11.6kg
2歳3カ月 11.6kg 12.1kg
2歳6カ月 12.2kg 12.7kg
2歳9カ月 12.7kg 13.2kg
3歳0カ月 13.1kg 13.7kg

体重は3歳になるまでに、男女ともに、2kgくらい増えるようです。2歳になるまでは毎月成長を実感できる位身長や体重の伸びが大きかったと思いますが、2歳になると成長のスピードが穏やかになってきます。

2歳児の歯の数は?歯磨きは必要?

歯の生えるスピードにも個人差があるようですが、だいたい2歳半頃に乳歯が生えそろうことが多いようです。乳歯の数は上下合わせて20本です。

離乳食の開始とともに歯磨きを始めるのが一般的ですが、2歳頃になったら子どもにも自分で歯を磨かせてみましょう。もちろんはじめはきちんと磨くことができないと思うので、ママが仕上げ磨きをしてあげることが大切です。

3歳くらいまでは歯磨きの度に泣かれてしまい、苦労するママも多いことでしょう。仕上げ磨きをするポイントは、優しく丁寧に磨いてあげることです。1度歯磨きで痛い思いをしてしまうと、次からも嫌がってしまう可能性があります。特に、上唇の裏にある筋(小帯)に歯ブラシが当たると傷みを感じるようなので、気をつけましょう。

2歳児の言葉の発達は?目安と遅れの原因

どのぐらい話せればいい?発達の目安

2歳児の言葉の発達は個人差がかなりあるようです。2歳になるとある程度の会話ができる子もいれば、単語を少ししか話せない子もいることでしょう。特に男の子に比べて女の子は言葉の発達が早いようです。

発語が遅いとパパやママは心配になることがあるかもしれませんね。しかし、2歳になって言葉が話せなくても、ある程度意思の疎通ができていれば問題はありません。音に反応し、指差しができたり視線を合わせたりすることができれば問題ないでしょう。ゆっくりと見守ってあげましょう。

言葉の発達の目安は、「まんま、たべる」「ブーブー、のる」「ワンワン、またね」などといった2語で構成される、2語分を話せるようになることです。

個人差が大きい!言葉の遅れの原因は?

言葉の発達の遅れには、以下のような様々な原因が考えられます。

・子どもに言葉に対する興味があまりない場合
・未熟児の場合
・多胎児の場合
・中耳炎など耳の病気がある場合
・発達障害や自閉症の場合
・テレビやビデオなどの視聴が多い場合

言葉の発達には個人差が大きく、発達が遅いからといって決して知能が低いわけではありません。あの、アインシュタイン博士も、幼いころ言葉の発達が遅かったそうですよ。

また、先ほどもお話しましたが、男の子と女の子では女の子の方が言葉の発達が早い傾向があります。諸説ありはっきりしたことはわかっていませんが、1歳4カ月頃に、平均して男の子が知っている単語が30語なのに対して、女の子は50語ほど話すことができるようです。

テレビが良くないと聞くけどその理由は?

テレビが発語を遅くする原因は、自分の行動とは関係のない映像や言葉が流れていても、その言葉を習得するのは難しいからです。

子どもは自分が見たり触ったりしたものなど、五感で感じたことから言葉を習得していきます。また、言葉を習得するときは、言葉を発する人の口元をみて、どのように発音しているかも確認しているようです。

日本小児科学会では、食事や授乳をしている間はテレビを消し、2歳以下の子どもにテレビやビデオを長時間見せるのはやめようと言っています。

ママ一人で育児をしている場合は、どうしてもテレビに子守をしてもらうこともあるでしょう。2時間以内であればテレビを見せることも許容範囲のようなので、上手に活用しましょう。

2歳児の運動能力の成長について知りたい

運動能力が飛躍的に成長を見せる!

2歳になると運動能力が飛躍的に成長し、外で遊ぶ時間も長くなってきたことでしょう。

走ったり、登ったり、ママの手を借りなくても一人で動き回ることができるようになります。両足とびや鉄棒にぶら下がる、ボールを投げたり蹴ったりすることもできるようになる子もいることでしょう。

しかし、運動能力の発達も子どもによって発達のスピードは異なり、個人差が大きいようです。滑り台の階段をぐんぐん登っていける足の強い子もいれば、鉄棒に長い時間ぶら下がっていられる子もいると思います。

この時期は、子どもをできれば毎日外に連れ出して体を動かす遊びをさせましょう。雨の日も、少しくらいならレインコートを着せてお出かけするといいようですよ。

歩行の発達の特徴を知ろう!

様々な運動の発達の基礎となるのは歩行です。歩行の発達が十分ではないと、ほかの運動機能もスムーズに発達することが難しいようです。それでは2歳児の歩行の発達の特徴をみてみましょう。

・長距離を歩けるようになる
・転ばずに走ることができる
・階段の昇り降りができる

歩行の発達には、当たり前のようですが子どもを歩かせることが重要です。ついつい車を使ってしまうこともあるかもしれませんが、近場ならなるべく歩いて移動するようにしましょう。

平地だけではなく軽いハイキングもおすすめです。自然の中の起伏がある道は歩いているだけで自然に足を鍛えることができます。また、自然の中を歩かせることは子どもの五感を刺激し、脳の発達にもいいようです。

手先の器用さも見られるようになる

2歳になると手先も器用になってくるので、着替えや食事など身の回りのことを自分でできるようになってきます。それでは2歳児の手先の発達の特徴をみてみましょう。

・スプーンやフォークが使えるようになる
・渦巻状の丸がかけるようになる
・紙をちぎることができる
・ハサミを使って2cmくらい切ることができるようになる
・靴下や靴を自分で脱げるようになる
・履きやすい靴なら、自分で履けるようになる
・小さなものも指先でつまめるようになる

手先を使った遊びは、お絵かき、シール貼り、積み木やブロック、粘土などがあります。お手伝いが好きな子どもには、みかんの皮むきや、レタスをちぎってもらうなどといったお手伝いも積極的にお願いしてみましょう。

2歳児の食事の量や食べられないもの

ママの食べる量の1/2?食事の量の目安

2歳児に必要な1日のカロリーは、女の子が900カロリー、男の子は1,000カロリーといわれています。ママ世代の女性は1日2,000カロリー必要なので、2歳児の子どもはママが食べている量の約半分くらいの量を食べればいいということになります。

ただし成長期なので、タンパク質やカルシウムはママの半分の量よりも多めにあげましょう。

この時期は、日によって食べたり食べなかったりすることがあります。1週間トータルで栄養を摂取できていれば、毎回毎回きちんと食べなくても問題はないようです。

大切なのは、なるべく家族がそろって楽しく食事をすることです。食事=楽しいという感覚を子どもに味わってもらうことを大切にしましょう。

おすすめの幼児食レシピを知りたい

2歳になると、ほとんど大人と同じものが食べられるようになりますが、子どもを意識した献立となると、頭を悩ませるママも少なくないのではないでしょうか。

ネットで「幼児食 レシピ」などと検索すると様々なレシピが紹介されています。困ったときは、ネット上のレシピなどを参考にするのもいいでしょう。

この時期、お肉やお魚を食べてくれないという子どもにおすすめのレシピは、豆カレーです。

作り方は、玉ねぎ、人参など冷蔵庫にある野菜を小さく切って炒めます。野菜がしんなりしてきたら、大豆の水煮缶の水を切り、大豆を加えます。具材がひたひたになるくらいの水を加えたら弱火で15分くらい煮込みます。最後に適量の子ども用カレールーを加え、とろみがついたらできあがりです。

2歳児がまだ食べられないものは何がある?

2歳児はまだ噛む力や飲み込む力、消化器官も十分に発達していないので、注意が必要な食べ物があります。具体的にどのような食品が食べられないのか、みていきましょう。

・たこ、貝類など噛み切りにくい食材
・刺し身、生卵など、細菌感染しやすい食材
・粕漬けなどアルコールが含まれている食材
・漬物、いくらなど塩分が高い食品は、肝臓に負担をかけてしまいます
・餅、こんにゃくゼリー、炒り豆、ピーナッツなどナッツ類はのどに詰まりやすいので危険です
・唐辛子、スパイスを多用した刺激の強い食品
・お肉の脂身

のどに詰まりやすいものとして、キャンディー状になったチーズなども注意が必要です。あげるときは小さくちぎってあげましょう。

2歳児との毎日の過ごし方を知りたい

1日のスケジュールの例を紹介

2歳児も後半になってくるとお昼寝しなくなる子も多くなってきますが、ここではお昼寝をする場合のスケジュール例を紹介していきたいと思います。

7:30   起床
7:45   朝食
8:15   自由遊び
10:00 散歩
11:00 おやつ
11:30 お昼寝
12:30 起床
13:00 昼食
14:00 公園、お散歩、買い物など
16:00 おやつ
16:15 自由遊び
17:15 お風呂
18:00 夕食
19:00 歯磨き
19:15 お片付けや絵本を読む
19:30 照明を消し布団の中に入り、歌やお話の時間
20:00 就寝

毎日この通りに進めるのは難しいと思いますが、基本的な1日の流れを構築していきましょう。

早寝早起きのリズムを整える

幼少期から早寝早起きのリズムを整えることは心身の発達によい影響を与えるようです。

2歳児に必要な睡眠時間は1日12〜14時間くらいといわれています。お昼寝の時間を差し引いて、何時に寝ればこの位の睡眠時間が確保できるのか、逆算してみましょう。

また、朝早く起きて朝日をたっぷりと浴びることは、セロトニンの分泌を促します。セロトニンが不足すると、良質な睡眠が取れなくなることもあるので、早起きは夜しっかりと寝るためにもいいようです。

2歳になると体力もどんどんついてきます。日中たくさん遊んだにもかかわらず、夜なかなか寝てくれないようになったら、お昼寝をやめて早めに寝かせたり、時間を短くしたりしてみましょう。

幼稚園の練習に!午前中はいっぱい遊ぶ

3歳になると幼稚園に通う子もでてきます。この頃から少しずつお家でも幼稚園での生活のリズムを取り入れていきましょう。そうすることで、幼稚園に入園し、環境の変化から生じるストレスを軽減することができるはずです。

幼稚園によって1日のスケジュールは様々ですが、午前中に外遊びをしている幼稚園が多いようです。少しの時間でもいいので、外で遊ばせる時間を作りましょう。

幼稚園ではお昼寝の時間もないので、お昼寝なしの生活にも少しづつ慣らしていく必要があります。最初のうちは疲れてしまい、夕方になると機嫌が悪くなって、ママも大変な思いをするかもしれません。

そんなときは夕食やお風呂の時間を早めに済ませ、6時〜7時には就寝できるようにしておくといいでしょう。

2歳児におすすめの遊び方~外遊び~

お砂場や遊具など、公園に出かけよう!

2歳になると、すでに公園が大好きという子もいるかもしれませんね。ここでは2歳児におすすめの遊具や注意点などを紹介します。

【お砂場】 スコップで穴を掘ったり、水をかけて砂を固め、色々な形をつくったり。砂場遊びは想像力も育むことができます。ほかの子に向かって砂を投げることもあるので、近くに人がいる場合は注意して見守りましょう。

【ブランコ】 まだ一人で乗るのは危険なので、パパやママが手で支えながら軽く揺らしてあげましょう。

【滑り台】 滑り台の階段も一人で上がれるようになりますが、十分に安定して上がれるようになるまでは、ママが近くで見守りましょう。また、暖かくなってくると、滑り台の温度が高くなります。滑る前に触って温度を確かめましょう。

人数が集まれば運動会ごっこも楽しい!

同じ位の年齢の子どもたちが集まったら運動会ごっこをやってみることをおすすめします。子どもはもちろん、ママも一緒に楽しめることでしょう。

【玉入れ】 新聞紙を丸めてボールを作っておきます。2歳児が投げやすい大きさを考えて作りましょう。小さいかごでは、まだなかなかボールを入れることができないと思うので、大きめの段ボールなどを用意するといいでしょう。

【親子リレー】 ママと子どもが入れるくらいの長さに切った紐を輪にして、電車ごっこのようにコースを回ります。

【障害物競走】 段ボールでトンネルを作ったり、予め滑り台の下に松ぼっくりなどを置いておき、それをとって来るなど、そのときあるものや、メンバーができそうな範囲でルールを決めましょう。

外遊びのコツを知り、積極的に出かけよう!

外遊びは子どもが楽しめれば、特別なものは必要ありません。子どもはただ歩いているだけでも様々な刺激を受けるものです。公園まで行かなくても、ちょっとでも外に出てみるだけでもいいので、積極的に出かけてみましょう。

子どもと何をしたらいいか分からないというママもいるようですが、最初はただ観察するだけでもいいと思います。観察していると、子どもがどんなことに興味をもち、どんなことをしたがっているのが自然に見えてくることでしょう。

また、子どもが一人でも勝手に遊び始めることも多く、松ぼっくりを拾いはじめたらママも一緒に拾ってみるなど、ママは子どもが始めた遊びを一緒にやるだけでも楽しめるものです。遊んであげるというよりも、一緒に楽しんでみましょう。

2歳児におすすめの遊び方~室内遊び~

定番のお絵描きやおままごと遊び

室内遊びの定番、お絵かきやおままごと遊びで育まれる子どもの能力や、遊び方のポイントなどを紹介します。

【お絵かき】 2歳ころから丸を描けるようになります。最初はただのぐるぐるだったのがだんだん1つの丸になり、画用紙に複数の小さな丸を描けるようにまで発達します。ママがお絵かきをしている様子を見せてあげ、「丸を書いてごらん」と促してあげましょう。

【おままごと】 一昔前までは、おままごとというと女の子の遊びでした。しかしおままごとをすることによって、得られるコミュニケーション能力などのメリットが大きく、最近では男の子もよく遊ぶようになりました。ママは子どもの遊んでいる様子を観察し、子どもの世界観を壊さないように参加しましょう。

身体をつかう、風船遊びや簡易アスレチック

雨の日にもお家で溜まったエネルギーを発散させる、身体を使った遊びを紹介します。

【風船遊び】 親子のコミュニケーションがとれる、風船を投げたり蹴ったりして遊ぶのはもちろんおすすめですが、ほかにも風船をやや柔らかめに膨らましたものを20個位用意し、それを敷布団カバーの中に入れます。その上に子どもを乗せて遊ぶ方法もおすすめです。

【簡易アスレチック】 段ボールでトンネルを作ってあげたり、布団の山を作ってあげたり、ちょっとした段差を作りその下にマットレスを敷いてあげてジャンプさせたり。ちょっと工夫するとお家の中でも身体を使って遊ぶことができます。簡易アスレチックで遊ぶときは近くに頭をぶつけそうなものがないかなど、安全面に配慮しましょう。

身近なものをつかって遊ぶアイディア

2歳になったら、指先を使った遊びもどんどん取り入れていきましょう。ここでは身近なものを使って遊ぶアイディアを紹介します。

【片栗粉ねんど】 お砂場でお団子を作ったり、泥遊びが好きな子どもはたくさんいますよね。ここで片栗粉を使って、万が一口に入っても安心なねんどの作り方を紹介したいと思います。

片栗粉200gをボウルに入れて、水を80mlくらいを少しづつ入れては混ぜるという作業を繰り返します。お好みの固さになったら水を入れるのをやめます。

【ビーズ遊び】 5mmくらいビーズをペットボトルに指でつまんだり、スプーンですくって入れたりする遊びです。ビーズをペットボトルの中に入れたら、シャカシャカ振ってマラカスにしたり、お風呂で沈めて遊んだりできます。

頭を悩ませるイヤイヤ期。特徴や対処法

2歳児のイヤイヤ期の特徴は?

イヤイヤ期は2歳になり、自我が強くなってくると始まります。

今までは自分の気持ちという存在すら分からなかった子どもが、2歳になると言葉も増え、自分の気持ちという存在にも気づき始めます。自分の気持ちを伝えたいけれど、うまく伝えられなくてイライラすることや、自分の気持ちが分からなくなって泣き続けるパターンもあるようです。

また、2歳後半になってくると自分のこだわりがでてきます。ちょっとしたこだわりはママにも分からないことがあり、何で泣いているのか理解できない場合もあることでしょう。この時期の子どものこだわりは、いつも同じルートで公園に行きたかったり、テーブルの同じ場所で食事をしたかったりというようなことが多いようです。

イヤイヤ期と付き合うためのコツ

イヤイヤ期は子どもの成長には欠かせない通過点です。一見わがままを言っているようにしか見えないときも「これは成長に欠かせないことなんだ」と思えば、ママのイライラも少しは解消されるのではないでしょうか。

イヤイヤ期の子どもと接するときに大切なことは「共感してあげること」です。子どもの気持ちにできるだけ寄り添ってあげることで親子の信頼関係が築かれていきます。「わがままいわないの!」などと言ってしまうと、さらに状況を悪化させてしまう危険性があります。

子どもの気持ちに共感してあげたら、お気に入りのおもちゃで遊ぼうと誘ったり、抱っこして高い高いをしてあげたりして気持ちをほかにそらせる工夫をしてみましょう。それでもだめなときは嵐が過ぎ去るのを待つのも手です。

イヤイヤ期を過激化させない対処法

何かと大変なイヤイヤ期ですが、ここでは過激化させないための対処法を紹介します。

なんでも自分でやってみたい欲求が高まる時期。上手にできなくても、とことんやらせてあげることが大切です。しかし、時間に追われていると「時間がないからママがやるね」と子どもにやらせてあげる余裕がなくなってしまいます。この時期の子どもと出かけるときなどは時間に余裕をもって行動しましょう。

ママもイライラする気持ちは分かりますが、怒らずに気持ちを受け止めてあげましょう。「ママは気持ちを理解してくれる」という体験を積み重ねることで、本当に急がなければならないときに、我慢するということを受け入れやすくなるようです。

また、上手に気分転換させる方法を普段から考えておきましょう。

そろそろ必要?トイレトレーニングについて

約半数が2歳半までに開始している

2歳半頃になるとトイレトレーニングを始められるくらいに発達している子がほとんどだと思います。

トイレトレーニングは昔は早く始める人が多かったようですが、子どもにとってトイレがどのような場所かを認識し、1人でパンツをさげることができ、自分の意思をある程度伝えられるようになってからの方がスムーズに成功するという考え方もあるようです。

オムツがはずれた時期についてのアンケート結果は、約半数が2歳半。約半数が2歳半以降です。

寒い時期はトレーニングがしずらかったり、子どもが嫌がったりと難しいこともあるでしょう。また、「いつになったらはずれるの!」と焦ることもあるかもしれませんが、子どもは嫌がるときは無理せず、ゆったりとした気持ちで進めましょう。

トイレトレーニングのすすめ方とは?

トイレトレーニングを始める前に、子どもの意欲を高めておきましょう。トイレトレーニングのための絵本や動画などを見せたり、パパやママがトイレをしている姿を子どもに見せたりするのもいいようです。

それと同時に、オムツにおしっこやうんちをしたときに「嫌だね、トイレですれば気持ちいいよ」などという声がけをしてみましょう。

朝起きたときや食事の後など、出る可能性が高いときにトイレに誘ってみましょう。たとえおしっこがでなくても、トイレに行く習慣をつけましょう。トイレに誘う回数は徐々に増やしていきます。

トイレで成功するようになってきたらトレーニングパンツやパンツをはかせてみましょう。うんちが成功するようになるにはもうしばらく時間がかかるかもしれません。

うまくいくコツを知りたい!

トイレトレーニングを成功させるポイントは楽しく進めることです。ママは、失敗してしまっても怒らずに「失敗しちゃったね」と明るく言ってあげましょう。

オムツやずぼんを脱がせて、トイレに座らせるのは大変なことです。せっかくトイレに座らせたのだから、出るまで座っていて欲しいと思うかもしれませんが、基本的に長時間座らせることはNGです。また、子どもが嫌がっている場合はすぐに降ろしてあげましょう。

また、ちょっと上の子や同じ年の子がトイレでおしっこをしている様子を見せることも効果的です。幼稚園や保育園に入るとすんなりトイレでできるようになる子もいるので、色々試して難しい場合は園の先生におまかせするのも1つの手です。

クリスマスや誕生日におすすめのプレゼント

男の子におすすめ!車やストライダー

男の子は乗り物好きの子が多いですよね。乗り物好きの子にオススメなのは、足を使って前に進む車(キックカー)や最近人気のストライダーです。

キックカーには子どもが好きな、カーズやアンパンマンなどのキャラクラー商品やベンツやフェラーリをモデルにた商品、ショベルカーなどの働く車があります。

ストライダーはバランス感覚を鍛えるのによいとされ、自転車を練習する前にストラーダーに乗れるようになっておくと、スムーズに自転車に乗れるようになることで評判の乗り物です。

そのほか、3輪タイプの足こぎバイクやキックボードもおすすめです。ミニマイクロキックスリーは、発達に合わせて3段階にカスタマイズすることができ、1歳半から6歳頃まで遊べるキックボードです。

女の子におすすめ!おままごとセット

女の子はママのまねをするのが大好きです。おままごとセットは2歳のお誕生日プレゼントとして人気があります。

おままごとセットは、キッチンと調理器具、お皿、食材があるといいでしょう。おもちゃ屋さんやIKEAなどでも購入できますが、段ボールと100円ショップのボウルを組み合わせてミニキッチンを作ったり、木の実を拾ってきたり、羊毛でお野菜を作ったり、ママが手作りしてあげることもできます。

また、お母さんごっこなどお人形のお世話が好きな子には、お世話セットもおすすめです。お人形用の哺乳瓶やオムツ、抱っこ紐、櫛やベッドなどがついています。お人形用のベビーカーも売っているので、合わせて購入を考えてみるのもいいかもしれませんね。

みんな大好き!アンパンマンのおもちゃ

アンパンマンが大好きな子どもにはアンパンマンのおもちゃをオススメします。アンパンマンのおもちゃシリーズは音楽系、ジャングルジム、乗り物、知育系など様々なおもちゃが揃っているので、きっと子どもが気に入ってくれそうなおもちゃを見つけることができるでしょう。

アンパンマンのおもちゃの中でも1番人気があるのが「アンパンマン ディスクでYEAH!うたっておどってミュージックプレイヤー」です。このおもちゃは2016年に日本おもちゃ大賞を受賞しているんですよ。

3枚のディスクがついていて、ディスクを入れ替えて音楽を再生したり、アンパンマンがおしゃべりをするボタンなどがついています。音のスピードを変えるつまみもついていて、遊びごたえのあるおもちゃです。

まとめ

2歳児の特徴や育児のポイントなどを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

発達のスピードは人それぞれです。子どものできない所よりもできる所に目を向けて、できる所や子どもの好きなことをどんどん伸ばしてあげましょう。

この時期はイヤイヤ期に突入したり、ママも自分の時間を確保するのが大変だったり、ストレスを感じることもあるでしょう。しかし、ずっと一緒にいられるのもこの頃だけ。かわいい時期を思いっきり楽しんでくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR