就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティスーツを選ぼう!おすすめアイテムや通販サイトのご紹介

マタニティスーツを選ぼう!おすすめアイテムや通販サイトのご紹介

妊娠すると女性の体型はお腹周りを中心に大幅に変わってきます。マタニティ期にスーツを着る必要性がある場合、短期間しか利用しませんし、いつ頃から必要になるかもよくわからずに悩む方も多いと思います。マタニティスーツを準備するのはいつ頃からがよいのか、選ぶポイント、おすすめの通販サイトをご紹介いたします。

マタニティスーツについて知っておこう

色々な場面で大活躍!マタニティスーツとは

マタニティスーツは見た目は普通のスーツとほとんど変わりないのですが、妊婦さんの身体の変化に合わせて優しい作りになっています。

特にお腹周りが大きくなってくると困るパンツやスカートのウエスト部分を調整できるように、アジャスターがついたものやゴム仕様になっているものがあります。ワンピースタイプのものもありますよ。

まだそこまでお腹周りが目立たない妊娠初期から産後まで使用できるようになっているものが多いです。妊娠中はお腹周りがゆったりしているものを着用していたほうが、体への負担も少ないですし、楽に過ごすことができます。

お仕事で必要な方にはもちろんですが、結婚式や上の子の入学式・卒園式、産後のお宮参りなど様々なシーンで活用できます。

妊娠5カ月を目安に着はじめよう

マタニティ用はいつから着用するという決まりはありませんが、お腹周りが目立ち始めてくる妊娠5カ月頃から着用し始める妊婦さんが多いです。お腹が膨らみ始めると今まで着ていた服がきつくなってくるからでしょう。

個人差はありますが、お腹がまだ目立たない初期は無理にマタニティ用を着なくても大丈夫であることが多いです。しかし、初期であってもつわりがひどくてゆったりとした服装の方がよいという妊婦さんは妊娠初期から着用しています。

妊娠中はできるだけお腹周りを締め付けない服装を心がけるようにしてみてください。あくまで妊娠5カ月というのは目安として頭に入れておき、自身の体調や体型の変化に合わせて臨機応変に選ぶようにしましょう。

合わせるインナー選びも重要

服だけに目が行きがちですが、実はインナー選びも大切です。

妊娠中はお腹だけでなく、胸や腰回りも大きくなります。今まで着用していたインナーをずっと使い続けていると締め付ける要因となります。胸を締め付けすぎると乳腺の発達を妨げてしまいます。腰回りは子宮を締め付けることにもなりかねません。

締め付けが苦しく感じるだけでなく、妊娠中は肌も敏感になっていますので肌トラブルも起こりやすいです。マタニティ用のインナーはその点を考慮し、締め付けや肌への負担が少ない素材を利用しているなど、気になる点の改善をするために作られています。

マタニティ用でも仕事や外出用にしっかりとした作りのものもありますから、専用のものを用意してみましょう。

マタニティスーツを揃える際のポイント

サイズ調整ができるものを選ぼう

マタニティスーツを買う一番の目的として、変化する自分の体型に合わせたいというのがありますよね。お腹周りの変化には個人差がありますし、週数によっても変わります。サイズ調整ができるものを選ぶようにしましょう。

細かくサイズ調整できるものであれば妊娠初期から後期まで使用可能ですし、産後、徐々に元に戻っていく体型に合わせて続けて使うことができます。ほかにも、ウエストがゴムになっているものや、伸びる生地でできているものもおすすめです。

マタニティ用というとイメージ的にお腹周りが大きくゆったりして見えるものが思い浮かびますが、すっきりとして見えるものが意外と多くあり、サイズ調整しやすいものが中心です。心地よく過ごせるものを選びましょう。

着心地がよいものを選ぼう

マタニティ用を選ぶときは着心地のよさも大切なポイントとなります。特に長い時間着る予定で揃える場合は気にして欲しいところです。

試着をするときは立った状態のことが多いですが、座った状態でも楽に過ごせそうかという点までチェックしてみましょう。デスクワークで使用する場合や、冠婚葬祭やお宮参りなどのイベントの場合でも、長い時間同じ姿勢で座っていることがよくあります。

お腹周りに余裕のあるワンピースやジャンパースカートなどであれば座った状態でもゆったりとした着心地でいられるでしょう。

パンツやスカートなどのセパレートタイプであっても、できるだけお腹周りが窮屈に感じないような着心地のものを選ぶようにしてみてください。

数日の着用であればレンタルという選択肢も

結婚式のお呼ばれ、入園式やお宮参りなどの数日しか着用しない予定であればレンタルという選択肢もあります。

購入したのに「直前になって体調不良でキャンセル」「急激に体型が変化して着られない」といったケースも無いとはいいきれませんよね。その点、レンタル会社によっては急なキャンセルも少しのキャンセル料で可能な場合があったり、直前までサイズの相談が可能だったりします。

宅配で品物が届き、返却もポスト投函で済むなど、気軽に利用できる仕組みになっているところが多いですから、忙しい人や外出が難しい人にも利用しやすいですよ。

レンタル料も購入するより安価な場合が多く、クリーニング不用の会社も珍しくありません。数回ならレンタルもよいですよね。

マタニティスーツおしゃれな通販サイト3選

高級感と上品さが漂う「スウィートマミー」

マタニティ専門メーカーでもあるスウィートマミーは、働くママ向けのマタニティウェアを多数取り扱っている通販サイトです。

産前から産後まで体型の変化に合わせて長く着られるような工夫がされているだけでなく、ただゆったりとしているというイメージのマタニティウェアとは違っておしゃれですっきりとした雰囲気です。一見マタニティ用とは思えないようなデザインのものが多いです。

インナーなども取り扱っているので、一緒に揃えることもできます。フォーマルなものから普段使いにもできそうなものまで多数あります。

通勤服をお探しの働くママやイベント用のフォーマルデザインを探している方、普段からきれいめな洋服が好みの方ならぜひ一度見て欲しい通販サイトです。

安くて可愛い!「Milk tea」

安さと可愛さに力を入れているマタニティ専門メーカーであるMilk tea。妊娠前のように気軽に楽しくおしゃれを楽しめるようにと考えられたマタニティウェアを取り扱っています。

お仕事用というよりはイベント用の可愛いふんわりしたイメージのものが多いです。お宮参りや入園・入学、卒園・卒業などのフォーマルウェアをお探しの方におすすめですね。

価格は安価なものが多く、また産前から産後まで使用できるものばかりです。インナーやベビー用品、ママバッグなども取り扱っていますのでスーツだけでなくほかに必要なものもここで揃えることができますね。

あまりお金はかけられないけど、おしゃれはしたいという女性はぜひ一度チェックしてみてください。

こだわり満載「ウーマンプラススタイル」

こだわりをもって作られているウェアをお探しの方にはウーマンプラススタイルがおすすめです。30代、40代の働く女性向けに、素材、デザイン、縫製すべてにこだわりをもって作られているスーツは、マタニティ用ですがマタニティであることを感じさせません。

産前だけでなく産後も着られるようなデザインの服が多くあり、単にお腹周りがゆったりしているわけではありません。ここまでこだわりあるマタニティスーツは少ないです。

ビジネス用だけでなくカジュアルな普段使いのアイテムもあります。一目でマタニティ用とは思えないようなきれいめなものが多数ありますから、妊娠中でも今までと変わらないスタイルでかっこよく過ごしたいママはぜひチェックをしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?普段目にすることの少ないマタニティ用のスーツですが、様々な工夫がされているものが多数あることがおわかりいただけたかと思います。それだけ需要も高いということですね。

妊娠中であっても女性としておしゃれを楽しみたい気持ちや、好みのスタイルを変えたくない気持ちは少なからずあると思います。体型が変わることで諦めることなく、ご自身のライフスタイルや目的などにあったお気に入りのスーツがみつかるとよいですね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018