就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの冬用靴を上手に選ぼう!選ぶポイントや人気ブランドをご紹介

子どもの冬用靴を上手に選ぼう!選ぶポイントや人気ブランドをご紹介

冬の子どもの公園遊びやお出かけでは防寒対策も欠かせませんね。防寒服を用意したら、ぜひ足元の防寒対策もしてあげましょう。雨や雪の日、雪解けの路面も安心して歩ける子どもの冬用靴が1足あれば、真冬の外出も安心です。子どもの冬用靴選びに役立つ、上手な選び方のポイントや人気のブランドをご紹介します。

子どもの冬用靴で押さえておきたいポイント

靴底は滑りにくい工夫がされているか

「冬用靴の選び方は、どうすればいいの?」と感じているママも多いと思います。子どもの冬用靴の上手な選び方のポイントをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

冬用靴というと、やはり雨や雪の日、雪解けの地面でも滑りにくく、子どもが安全に歩行できることが重要になります。第一条件として「靴底に滑りにくい加工や工夫がされているか」を確認するようにしましょう。

ここでチェックしておきたいのは靴底の「素材と形状」です。滑りにくく、摩擦や耐久性に優れたラバーソール素材で、車のタイヤのように凹凸が入っているタイプを選びましょう。雪国であれば、靴底に金属製のスパイクがついてるタイプの方が子どもが安全に歩行できますね。

水を通さない撥水や防水の性能があるか

子どもの冬用靴選びに大切なポイントは、靴底の素材や形状だけでなく、足を覆う素材にもあります。

冬用靴では、できるだけ防寒性のある素材や、水を通さない撥水や防水の性能があるタイプを選んであげましょう。完全防水と記載されている製品であれば完璧です。

でも、子ども用の冬用靴では種類も少なく、なかなか完全防水仕様の靴が見つけられないこともあります。そんなときには、完全防水以外の製品でもOKですよ。

完全防水以外の靴を選ぶときのポイントは「防水範囲」をチェックすることです。「防水範囲◯cm」と記載されているので確認してみましょう。防水範囲の数値は、雪の日や雨の日に履くことも踏まえて、「5cm以上」を目安にすると安心です。

冬用靴下を履いて試着してから決めよう

子どもの冬用靴を選ぶ際に見落としやすいのが、「サイズと履きやすさ」です。冬に入る前に購入する場合は、特に注意しておきたいポイントになります。

ブーツ類を選ぶときのサイズ感は、爪先に5mm程度の余裕があればOKです。ただ、冬になる前に冬用靴を購入することもありますよね。そうした場合は冬用靴下を履いた状態で試し履きをして、5mm~1cmの余裕があるサイズを選んであげましょう。シーズンに入ってもサイズが少し大きいという場合は、別売りの中敷きを入れてあげるとフィット感が増します。

試着をして子どもがスムーズに歩行できる物を選び、履き口が大きく開くなど脱ぎ履きがしやすい、マジックテープなどで履き口の調整ができる、などの工夫があると使いやすく安心でよいですね。

雪遊びに活躍するスノーブーツのブランド

軽量で疲れにくい「ノースフェイス」

雪遊びもできる子どもの冬用靴といえば、スノーブーツですね。ここでは実際に人気のあるスノーブーツのブランドをご紹介していきますので、冬用靴選びの参考にしてみてください。

誰もが知っているアウトドアブランド「ノースフェイス」には、完全防水のスノーブーツが豊富です。タウンユースタイプのデザインもあるので、大人用と子ども用でお揃いで楽しむこともできますよ。

ノースフェイスのスノーブーツの中で人気が高いのが、「ヌプシブーティー」のシリーズ。内部の蒸れを排出しつつ浸水を防止する、独自の防水機能を搭載し、片足205g(19cmの重量)と軽量で子どもでも歩きやすい設計になっているのも人気の理由になっています。サイズは14~22cmの幅広い展開になっているのも嬉しいポイントです。

履き口には紐が装着され、服装の厚みに合わせて履き口を調節することができるので、雨や雪がブーツの中に入り込むのを防ぎ防寒性を高めてくれますし、アウトソールは低温下でも硬くなりにくいウィンターグリップソールラバーを採用し、氷面をしっかりと捉えるウインターアイスポッドが配置されています。

足首固定で歩きやすい「ソレル」

続いてご紹介するのは、カナダ発祥のブランド「ソレル」の子ども用スノーブーツです。ソレルのブーツが人気の理由は、足首の安定性の高さにあります。

人気の「チルドレンスノーコマンダー・キッズブーツ」は特徴的なロゴ入りの太めのベルクロで、足首を固定できる設計になっています。足首を固定することで安定感が増し、歩きやすいと定評があります。小さな子どもにありがちな、歩いている間にブーツが脱げてしまうというハプニングも防止できますね。

また、履き口が大きく開くので、脱ぎ履きもスムーズに行うことができます。上部にはボアが縫い付けられ、内部には高機能中綿素材が使用されているため保温性もバッチリです。

アウトソールは合成ゴム性で、大き目の凹凸が施されているためグリップ性が高く、雪道や雪解けの地面でも滑りにくくなっています。一足用意しておけばデイリーユースでもアウトドアでも安心して使用できますよ。

デザインはスポーティーな印象ですが、ブルー、ピンクもあるのでカラーの選び方で印象が変わります。サイズ展開は13~18cm、片足の重量は約431gです。

おしゃれで暖かいムートンブーツのブランド

寒さを知る北海道ブランド「ノースデイト」

冬用の靴では、見た目もおしゃれなムートンブーツも根強い人気です。ここからは子ども用のムートンブーツとして人気のブランドをご紹介していきますね。

一つ目のブランドは、北海道生まれの「ノースデイト」。リーズナブルながらも、雪国の冬の厳しさに対応する知恵が製品化された本格的なムートンブーツです。

内側は履き口からつま先、中敷きにも厚みのあるファーが敷き詰められているので、足元の防寒は完璧です。脱ぎ履きしやすいように内側はファスナー仕様になっています。

子どもがブーツを履くと、つまずいたり爪先をぶつけたりしがちですよね。ノースデイトのブーツは爪先部分の底材を跳ね上げているので歩行しやすく、爪先の傷つきも防いでくれます。
29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版