就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママを悩ませる5歳の友達付き合い。困った行動や心配を解消する方法

ママを悩ませる5歳の友達付き合い。困った行動や心配を解消する方法

子育ては、幸せな気持ちになれる反面、それぞれの年齢ごとにママの悩みも尽きないですよね。とりわけお友達とのかかわりに関する悩みは、成長とともに深刻になることもあるでしょう。そこで今回は、5歳の子どもの友達関係に関する心配を解消する方法を、紹介していきます。

いろんなことができる!5歳の成長具合

5歳の子どもの身長や体重

5歳になると、自分のことは自分でできるようになり、手がかからなくなってきたなと感じるママも多いと思います。一般的な5歳児の成長がどれくらいなのか知って、自分の子どもが今どのような発達段階にあるのか理解してゆきましょう。

【5歳児のからだ】
〈平均身長〉
男子…106.7~112.7cm
女子…106.2~112.2cm
1年間で約6cm伸びます。

〈平均体重〉
男子…17.7~20.1kg
女子…17.4~19.3kg
1年間で約2kg増えます。

身長や体重の成長具合には個人差があるので、あくまでも平均値としてとらえてくださいね。体重は生まれたときの約5倍。5歳になって、急にからだが大きく成長したと感じるママも多いようです。

鉄棒ができる!5歳の運動能力

5歳くらいになると、からだの成長とともに筋肉が発達し、いろいろなことができる力がついてきます。また、運動神経の発達により、からだを思ったとおりに動かすことができるようになるでしょう。

5歳児の運動能力は、ママよりも優れている場合もあるかもしれません。バランス感覚がよい子どもなら、「竹馬」や「自転車(補助輪なし)」を乗りこなすことができるでしょう。一般的には、鉄棒の前回りができます。中には逆上がりができる子どももいるようです。

さらに、持久力も付いてくるので、マラソンや縄跳びなど、長時間の運動にも取り組むことができます。運動が苦手という子どもでも、あきらめずに繰り返し練習することで、生涯にわたる基礎的な運動神経の発達を促すことができるでしょう。

数字が読める!5歳の頭と心の発達

最近では、幼児教室や通信教育などで、文字や数字の勉強をしている5歳児も多いようです。とくに勉強をしていないという子どもでも、日常生活の中で文字や数字に触れることで、自然とひらがなや数字が読めるようになってくるでしょう。

5歳児の頭はまるでスポンジのような状態といえます。子ども自身が興味を持ったら、どんなことでもあっという間に吸収してしまうでしょう。逆に、本人に興味がないのに親が無理やり詰め込もうとしても、一向に頭には入りません。

また、心の発達も顕著な時期です。相手の行動や表情を読み取って、どんな気持ちなのかを理解しようとするでしょう。社会のルールや常識などを教え始めるのにも、適した時期といえそうです。

5歳の子がしてしまう友達への困った行動

友達の名前を覚えない

お友達に「○○ちゃんバイバーイ!」と呼んでもらったのに、「今のお友達はなんていうお名前なの?」と聞くと「わからない」「覚えていない」と答えることが多いと、ちょっと心配になりますよね。

5歳児が友達の名前を覚えない理由はどのようなことでしょうか。一つには、「名前を覚えるのが苦手」ということがあげられます。5歳児ですから、記憶力にも個人差があるでしょう。

もう一つ考えられるのは「そのお友達に対するこだわりがあまりない」ということ。何人かの気の合う友達以外は、あまり興味を持って接していないのかもしれません。相手と仲よくしたいと思えば、自然と名前を覚えるでしょう。

5歳児なら、ママに聞かれて答えるのに照れくさかった、ということもあり得そうです。

気に入らないことがあると友達を噛む

言葉で伝えることがうまくできない2、3歳の子どもに見られる「友達を噛む」行為。5歳になってもまだ治らないと、心配になりますね。5歳児ならば、自分でも「友達を噛む」ということがよくないことだと理解している場合もあるでしょう。

それでも、気に入らないことがあるとつい噛みついてしまうのならば、子どもが何かしらのストレスを感じていないか、よく観察してみてください。相手を噛む行為は繰り返される傾向にあるといいます。ケガをさせてしまっては大変ですし、原因を知る必要があるでしょう。

噛み癖は「愛情不足」が原因といわれることもありますが、それだけではありません。注意する際は頭ごなしに怒るのではなく、「噛まなくても相手に気持ちは伝わるよ」と教えることが大切です。

友達に嫌われるのではと心配しているママへ

お友達に「手が出る」「いじわるないい方をする」など、子どもがする行為や言動に「そんなことしたら嫌われちゃうよ~」と心配になるママは多いと思います。親ならば、子どもには人間関係で苦労することなく成長してほしいと願うものですよね。

しかし、子ども同士のやり取りに、大人がいちいち口を出し過ぎてしまうのも、あまりよくないかもしれません。嫌ないい方をして相手を泣かせてしまったら、「このいい方は友達を傷つけるんだ」と学ぶでしょう。逆に、自分が友達に叩かれて痛い思いをすれば、「叩くのは痛いからよくない」と知ることになります。

子どもは友達とのかかわりの中で、コミュニケーションの経験を積んでいます。ママが思っている以上に、子どもというのは強い存在なのです。

ママを不安にする友達との関わり方

友達の輪に入れない。うまく遊べない理由

子どもが友達の輪に入れない理由は、それぞれに違っていると思います。たとえば、お手紙交換をしている輪に入れないのは、「字を書くのが苦手だから」というのが原因かもしれません。また、鬼ごっこの輪に入れないのは「走るのが苦手」だからかもしれません。

ママは、一つのできごとだけで判断せず、どんなときに輪に入れていないのか、担任の先生の情報も聞きながら考える必要があるでしょう。うまく遊べない理由がわかれば、対処法がわかります。

子どもの苦手分野を克服することが、うまく遊ぶコツになることもあるでしょう。文字を書く練習をしたり、スポーツの習い事を始めてみたりすることで、自然と友達の輪に入れるようになるかもしれませんよ。

友達と遊ばないのは輪に入らない性格かも

成長にも個性があるように、遊び方にも個性があります。たくさんのお友達と走り回るのが好きな子どももいれば、自分のペースでお絵かきや制作することが好きな子どももいるのです。

大切なことは、自分の子どもがどのような性格なのか、ママが寄り添い、理解することです。親子とはいえ別の人格なので、たとえママが社交的な性格だとしても、子どもも同じような性格とは限りません。

しかし、我が子が友達の輪に入っていない姿を見ると、つい心配になってしまいますよね。本当は輪に入りたいのに入れないのか、もしくはそもそも輪に入りたくないのか、ママは見極める必要があるでしょう。子どもに「1人でどんなことしていたの?」と聞いてみるのも、よいかもしれません。

友達がいないのではと心配しているママへ

子どもに幼稚園や保育園でのできごとを聞いて、「今日はずっと1人だったんだー」「誰も一緒に遊んでくれなかった」など、友達がいないのではないかと思わせるようなことを、いわれたことはありませんか?こんなことを聞いたら一瞬ドキッとしますよね。

心配になると思いますが、先輩ママに聞いてみると、「1人ぼっち」発言は、意外にも4、5歳くらいの子どもによくある話のようです。たまたまその日は気の合う友達と遊べなかったとか、1人の時間が長かったとか、理由は様々ですが、「1人」という部分のみママに伝えてしまうこともあるようです。

また、そもそも「1人遊び」が好きという子どももいるでしょう。そういう場合は、無理にお友達の輪に入らせることはないかもしれませんね。

まとめ

子どもが幼稚園に通っていると、比較的ママ友ができやすく、同年代の子どもの情報が気軽に手に入る環境にあると思います。しかし保育園に通っている場合、ママが仕事などで忙しく、ママ友が少ないため情報が入りにくい傾向にありますよね。

ほかの子はどうなのか、うちの子は大丈夫なのか…ママの心配は尽きないと思いますが、子ども同士の人間関係トラブルは、成長の過程や個性であることが多く、ほとんどのママが一度は悩むことといえそうです。あまり過敏になりすぎず、子ども自身が居心地がよいと感じる環境を見つけられるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018