就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

早生まれの入園は不安がいっぱい!先輩ママはこうして乗り越えた

早生まれの入園は不安がいっぱい!先輩ママはこうして乗り越えた

早生まれの子を持つママは、子どもが保育園や幼稚園に入園した際に心配事も多くなにかと不安なものですよね。早生まれの子が入園するときにはどのようなことに気をつけてあげるべきなのか、また入園するタイミングや入園準備のことなども、早生まれの子どもを持つ先輩ママの体験談を交えて一緒に考えてみませんか。

早生まれの入園はいつ?こんなことが心配!

早生まれの子どもはいつから入園できるの?

4月から認可保育園に入園させるには、役所で申し込んだ翌年度の4月1日時点で子どもが預けられる月齢まで達している必要があります。ただ、4月入園の申し込み期限は11月〜1月という地域が多いです。子どもがまだ生まれていなければ、申し込み自体できないことがあります(自治体により異なる)。

また認可外保育園での受け入れは、生後43日・生後57日・生後5カ月などと、入園できる年齢や月齢、申し込みのタイミングも園によってさまざまです。

幼稚園の3年保育で入園させる場合は、入園する新年度の4月時点で子どもが満3歳になっていることが条件です。同じ学年でも4月生まれの子は3歳と11カ月、早生まれの子は満3歳になったばかりで入園ということになります。

親たちが抱える心配や不安とは!オムツは?

子どもが入園する前はママも、自分の子が周りの子たちについていけるのかどうか不安に感じますよね。特に子どものオムツがまだ取れていない場合には、ママも焦ってしまうのではないでしょうか。

保育園では比較的早い年齢からトイレトレーニングを開始するため、0歳児クラスから通園している子では2歳になる前にオムツが取れていることも珍しくないものです。しかし、先生たちも一人一人の子どもの成長に合わせてうまく誘導してくれますから、きっとママも安心して任せられるはずです。

幼稚園では、先生たちも子どもの月齢を考慮してくれる園が多いでしょう。ただ、園の方針によってはトイレトレーニングに厳しい園もあるので、入園見学に行った際に確認しておくと安心ですね。

どのタイミングで入園させた?体験談を紹介

【K・Tさん】(体験当時:1歳0カ月頃)
「1月生まれの男の子のママです。産後は働く予定でしたが、もう少し一緒にいたかったので、入園を1年遅らせて翌年4月から保育園の1歳児クラスに入園することにしました。

心配だったけど、園に馴染むのは意外と早かったです」

【S・Fさん】(体験当時:2歳9カ月頃 )
「2月生まれの女の子のママです。娘はとてもおっとりした性格だったので、2年保育にしようかどうか迷っていました。ほかのママたちからも話を聞いて、3つの幼稚園に見学に行きました。

そのうちの一つの園を娘が気に入った様子だったので、3年保育でその園への入園を決めました。今は娘の降園後に、園での様子を聞くことが私の楽しみになっています」

デメリットだけではない早生まれのメリット

早生まれは不利ばかり?実際はどうなの?

ママが認可保育園へ預け入れを考えている場合には、早生まれであることは確かに不利な面もあるといえます。

例えば、0歳児クラスでの入園を希望する場合、2〜3月生まれの子はママの産休明け(生後57日以降)までに、自治体が定める受け入れ条件に子どもの月齢が届いていないこともあります。また、0歳児クラスの子がほとんどそのまま上のクラスにあがるために、1歳児クラスでの入園は特に難しくなるでしょう。

認可保育園での入園が難しそうなときには、ママも認可外保育園を視野に入れて保活した方がよいかもしれませんね。

また、幼稚園に入園させる場合には、自分の子と周りの子たちとの月齢差を考慮して、2年保育を選択するママも多いようです。

早生まれでも大丈夫!メリットもたくさん

周りの子たちとの月齢差があると、自分の子どもができることや体格などにも違いが出てきやすいですから、ママもどうしてもいろいろなことが心配になってしまいますよね。

しかし、子どもの成長の仕方がゆるやかになってくる4歳も過ぎた頃には、ほかの子との差もそれほど気にならなくなるでしょう。

また、早生まれにはメリットもたくさんあります。

例えば…
・周りの子たちをお手本にして、いろいろなことを吸収できる。
・早くから保育園や幼稚園に通うことで、ママの育児負担を軽減できる。

1年間は誰にとっても同じ長さです。その間にどんな刺激を受けて、どんな風に成長していくかということの方が子どもにとっては重要なのかもしれませんね。

先輩ママの体験談!早生まれのメリットとは

【A・Sさん】
「3月生まれの男の子のママです。子どもが保育園の1歳児クラスに入園した頃、周りの子の中でイヤイヤ期に入っている子もいたようで、先生たちも大変そうでした。

でも、うちの子は精神的にもまだ幼かったせいか、ずいぶん早い段階から園に慣れてくれたように思います」

【N・Eさん】
「2月生まれの女の子のママです。自分の子がほかの子よりも幼く見えていたのですが、5月生まれの女の子を持つママ友から、「3歳過ぎたら相手をするのも大変よ〜、早くから幼稚園に入れられるのが羨ましい!」とよくいわれていました。

確かに、遅生まれの子の方が主張もしっかりしているので、4歳近くまで自宅で育児をするのは大変だろうなと思いました」

入園前や入園後に親がしてあげられること

入園前の情報集めや準備をしっかりとしよう

入園前には情報集めや準備も欠かせませんから、ママも早めに動く必要があるでしょう。

【保育園】
認可園の場合には、役所の育児科に行けば保育園のパンフレットや資料をもらえるはずです。また、そのときに希望する保育園の待機児童数や、保育料についても聞いておくとよいかもしれません。

また、無認可園では保育料が認可園と比べて高めですが、園によっては保育料が少し安めだったり、保育料の補助制度が使えたりすることもあります。自分の住む地域の保育補助料は事前にきちんと確認しておきたいですね。

【幼稚園】
一般的に9〜11月頃までには園に願書を提出する必要があります。希望する園がある場合には、ママも早い時期から幼稚園見学に行っておきましょう。
27 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事