就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティに最適なパジャマを選ぼう!生地や通販サイトのご紹介

マタニティに最適なパジャマを選ぼう!生地や通販サイトのご紹介

妊娠中は体型やホルモンバランスが大きく変化することから寝苦しさを感じたり肌が荒れたりしがちです。イライラや気分の落ち込みの原因にもなる睡眠不足はできるだけ防ぎたいですよね。今回はマタニティライフに最適なパジャマの生地や、マタニティパジャマを購入できる通販サイトを紹介します。

まずはマタニティ服の選び方について知ろう

敏感になりやすい時期こそ肌に優しい素材を

ホルモンバランスが乱れる妊娠中は肌のターンオーバーサイクルが乱れがちで、敏感肌や乾燥肌に悩まされやすい時期です。

妊娠前に使っていた化粧水や乳液が体質に合わなくなくなることもあり、なかなかケアができないというママも少なくありません。サプリメントや薬も赤ちゃんへの影響が心配ですよね。

スキンケアが難しい妊娠中は、肌トラブルを起こすと対処しにくく悪化しやすい時期です。肌に優しい素材でできたマタニティウェアを着ればトラブルを未然に防ぐことができますよ。

また、素材にこだわったマタニティウェアは衣類の貼りつきやチクチク感も少なくなっています。肌が敏感でストレスを感じやすい時期だからこそ、肌に優しい素材を選んでくださいね。

お腹のふくらみに柔軟に対応できる生地に

妊娠中は赤ちゃんの成長に合わせてお腹がどんどん大きくなります。なかでも妊娠後期は短期間でお腹が大きくなるため、伸縮性のない生地でできた服はすぐに着られなくなってしまいます。

お腹が大きくなるペースや、どのくらい大きくなるかは個人差がありますが、マタニティウェアを選ぶときはお腹のふくらみに柔軟に対応できる生地や構造の服を選びましょう。

例えば、Tシャツやベビー服などに使われるスムースニットは、しなやかで柔らかく適度な伸縮性があるのでマタニティウェアに最適です。通気性もよく適度な保温性もあるのでオールシーズン着ることができますね。

また、保温性と保湿性に優れたフランネルは柔軟性と弾力性も備えており、秋冬のマタニティウェアにうってつけです。

締めつけのないゆったりとした作りのものを

妊娠中に大きくなる場所といえば「お腹」ですが、大きくなるのはお腹だけではありません。

お腹の次に「大きくなった」と実感しやすいのは胸です。妊娠すると女性ホルモンである「エストロゲン」が活発に分泌され、産後の授乳に備えて乳腺と乳管の発達をうながします。

さらに、エストロゲンには女性らしい丸みを帯びた体を作る働きがあるため、体全体がふっくらとしてきます。妊娠中に服の締めつけや息苦しさを感じやすくなるのは、お腹や胸だけではなく体全体が変化するからなのですね。

体を締めつける服を着ていると血行不良の原因となります。むくみやつわりなどを悪化させる原因にもなるため、マタニティウェアは締めつけのないゆったりした作りのものを選ぶとよいでしょう。

マタニティパジャマに適した素材とは

適度に湿度調整し美容効果もある「シルク」

美しい光沢となめらかな質感が魅力の「シルク」は、静電気が起きにくい天然素材で放湿性にも優れているため、季節を問わず快適に着ることができます。

吸湿性、吸水性も高いため、汗をかきやすい夏でも涼感のあるサラサラとした感触が損なわれません。また、保湿性や保温性もあり冬や秋も温もりと肌の潤いをキープしてくれますよ。

さらに、シルクには肌トラブルの原因にもなる皮膚常在菌「マラセチア菌」などが繁殖することを防ぐ「静菌効果」もあります。肌が敏感なマタニティママには最適な素材ですね。

ただし、シルクは日光や摩擦に弱い、シミができやすいなどの特徴があり、手入れが難しいというデメリットがあります。価格も高めなので気軽に着まわしたいという場合には不向きです。

丈夫で肌ざわりがよく湿度調整も可能「綿」

肌に優しい天然素材としておなじみの「綿」は、柔らかい肌触りと高い吸湿性、適度な保湿性が魅力です。丈夫で手入れもしやすく、着回しやすいことからパジャマだけではなくシャツ、肌着などに使われています。

また、綿は糸の細さや生地の織り方でさまざまな風合いを表現できることも特徴です。縦糸と横糸を垂直に交差させる「平織」なら通気性がよく、糸を斜めに織る「綾織」なら適度な伸縮性としなやかさが生まれます。

スムースやフライスといったニットであれば伸縮性や保温性がさらに高くなります。肌触りも柔らかいためマタニティやベビー用に最適ですね。

ただし、質がよくない綿は毛羽立ちやすく丈夫さも劣ります。なるべく質のよい素材を選んでくださいね。

通気性がよく柔らかく軽い「ダブルガーゼ」

ガーゼを2枚重ねた「ダブルガーゼ」は、ガーゼが持つ通気性の高さと軽さが特徴です。ガーゼ1枚あたりの生地は薄いものの、2枚重ねになっているので適度な保温性があります。

通気性がよいため夏は涼しく、汗をかいてもきちんと吸水してくれるためサラッとした肌触りが快適です。洗濯しても生地が硬くなりにくいというのも魅力的ですね。

また、ベビー用品にもよく使われるほど柔らかい生地ですので、授乳中に赤ちゃんの顔に触れても肌を傷つける心配がありません。

ただし、ダブルガーゼは一般の綿に比べて耐久力が劣り、引っ掛けたときに破れてしまうことがあります。伸縮性も少なく洗濯で縮みやすいのでダブルガーゼのパジャマは少しゆとりがあるサイズを選ぶとよいでしょう。

マタニティパジャマが買える通販サイト3選

おしゃれで種類も豊富「エンジェリーベ」

シンプルで落ち着いた雰囲気のデザインが多い「エンジェリーベ」は、年齢を問わず着ることができるデザインが人気のマタニティウェアブランドです。

夜のリラックスタイムに最適なパジャマスタイルはもちろん、お祝いやお見舞いで人に会っても恥ずかしくないルームウェア風のデザインなど豊富な種類があります。価格が手ごろなのもうれしいポイントですね。

さらに、授乳口付きのマタニティパジャマが多く、妊娠中だけではなく産後も長く着ることができます。ネグリジェとしても着られる2Wayタイプや前を全開にできるタイプは入院中に便利です。

公式通販サイトでは2,400円以上の購入で送料無料となっています。パジャマ1着で送料無料に手が届くので気軽に購入できますね。

安くて機能性に優れた「ベルメゾンネット」

インテリアや雑貨、食品まで幅広く取り扱っている通販サイト「ベルメゾンネット」では、マタニティパジャマやマタニティインナーなど、さまざまなマタニティ用品も販売されています。

シンプルなワンピースタイプなら1,000円台で購入できるため、洗い替えがたくさんほしいママにはぴったりです。授乳口がついて産前産後両方使えるタイプや、パジャマ上下にカーディガンがついた3点セットもありますよ。

送料無料の設定は購入価格5,000円以上で少し高めですが、パジャマだけではなくインナーや雑貨なども一緒に購入すればすぐに手が届きます。

また、通販では確認が難しい「サイズ」「色」が合わなかったときに手数料無料で交換してもらうことができるのも大きな魅力ですね。

素材にこだわった「スウィートマミー」

オリジナルのマタニティウェアが高い人気を集めている「スウィートマミー」は、素材にこだわった授乳服とマタニティウェア専門店です。

価格帯はやや高めですが、徹底的にこだわった素材と万全の品質管理のもとに作られたウェアは敏感な肌にも優しく、妊娠中や産後のストレスを軽減してくれます。

また、機能性とデザイン性が高いオリジナル商品のほか、チャイルド・ボディ・セラピストの蛯原英里さんや、ママタレントの熊田曜子さん、大堀恵さんとコラボしたママ目線の商品を開発していることも特徴です。

送料は通常配送500円で、購入価格10,000円以上で送料無料です。パジャマ以外にもフォーマルウェアやママコートもそろっているのでチェックしてみてくださいね。

まとめ

体に優しい素材を使ったマタニティウェアは敏感な妊娠中の体をいたわり、マタニティライフを快適にしてくれるアイテムです。なかでも心と体の健康に関わる睡眠の質を決めるパジャマは品質とデザインにこだわりたいですね。

授乳口付きのパジャマであれば長く着ることができるので、できるだけ出費を抑えたいというママも一度購入を検討してみてはいかがでしょうか。

また、マタニティパジャマは楽天市場やAmazonなどでも販売されています。自分にぴったりのパジャマを探してくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018