就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもがチャイルドシートに乗らない!嫌がる理由や対策のご紹介

子どもがチャイルドシートに乗らない!嫌がる理由や対策のご紹介

車に子どもを乗せるときにチャイルドシートは必須ですよね。ですが、いざ乗せてみるとぐずりだすことが結構ありませんか?せっかく高いものを買ったのに…となげくママのために、子どもがチャイルドシートを嫌がる理由や、嫌がらないようにするための対策についてお答えいたします。

チャイルドシートに乗るのを嫌がる理由は?

泣くたびにシートから降ろしている

子どもが泣くたびに、チャイルドシートから降ろしていませんか?実はこの対応を続けていると、子どもはチャイルドシートを嫌がってしまいます。

なぜかというと、チャイルドシートに乗るのが嫌なときは「泣いたら降ろしてもらえる」と子どもが覚えてしまうからです。これではチャイルドシートを用意した意味がありません。

チャイルドシートは安全面から見ても、子どもにとっては必要です。チャイルドシートから降ろす行為は、子どもを危険にさらしてしまう可能性があります。

子どもがたとえ泣いてしまっても、車の走行中は安全を守るために、チャイルドシートから降ろさないことが大切です。

目的の場所に着いたら、チャイルドシートに座っていたことを褒めてくださいね。

車内の温度が不快に感じている

子どもはとても暑がりですよね。大人は上着を着ているのに、子どもは長袖一枚でも平気でいますよね。実際に子どもの体温を計ってみると、大人よりも高い場合が多いです。

暑がりの子どもからしたら、閉めきった車内は熱がこもりやすく、不快に感じやすいのかもしれません。子どもがチャイルドシートに乗るのを嫌がる場合は、一度車内の温度を子ども目線で考え直してみるのも大切です。

夏はチャイルドシート自体に熱がこもりやすく、子どもが座ることでさらに熱くなるので、保冷剤を頭や背中の部分などにつけて暑さ対策をしてあげましょう。

また、窓からの日差しも車内が暑くなる原因の一つですので、子どもが座る側の窓には日よけのカーテンやサンシェードを設置するのもよいですね。

車内の匂いがこもっていることも

自宅の車は何も感じないけれど、タクシーやバスに乗るとなんだか匂いが気になる…というママは多いのではないでしょうか?その匂いで酔うこともありますよね。もしかしたら子どもも、自宅の車に対して同じことを感じているかもしれません。

車内で飲食したときの匂い、シートに染みついた汗の匂い、エアコンの匂いなど、車はあまり換気をしないので匂いがこもりがちです。

子どもが車に乗る前に、車の窓やドアを開けて車内の換気をするとよいですよ。シートには消臭スプレーを使うこともおすすめです。

これだけで車内の嫌な匂いを軽減できますが、それでも匂いが気になるときは車内用の芳香剤を使うのも一つの手です。子どもと一緒に好きな香りの芳香剤を選ぶのも楽しいですよね。

チャイルドシートを嫌がらないための対策

事前にチャイルドシートに座ることを慣らす

チャイルドシートを入手したら、車にすぐに設置していませんか?実はこれは意外とNGな行動です。

子どもは初めて見る物に好奇心を覚えますが、不審感を持つ場合もあるのです。子どもがチャイルドシートに不信感を持ってしまい、座るのを嫌がる…ということにならないために、チャイルドシートを入手したらまずは自宅に置いて、子どもに座ってもらいましょう。

そして「今度車に乗るときはこのチャイルドシートに座ってみようね」「あなただけの特別ないすを用意したよ」と、チャイルドシートは子どもだけのものという言葉をかけてみてください。

「自分だけのものなんだ!」ということに子どもはうれしくなって、チャイルドシートに座りたがるようになるかもしれませんよ。

子どもが楽な姿勢にシートの角度を調整する

チャイルドシートには、背もたれの角度を変えられる機能がついているタイプのものがあります。新生児期から使える横になって寝られるタイプのものや、1歳から使えるシートの角度を変えることができるタイプのものがあります。

もし角度を変えられるものでしたら一度試してみて、子どもの反応を確認してみましょう。まっすぐ座り続けるよりも、少しリクライニングしている方が疲れずに長時間座ることができるかもしれません。

ヘッドレスト部分の角度を変えられるタイプの物もありますので、合わせて調整してみましょう。体に合わせて角度を変えることは、子どもが眠ったときにも有効ですので、調整の仕方を知っておくと、車での移動が少し楽になりますよ。

好きな動画やDVDを観せる

どうしてもすぐに子どもを車に乗せなければいけない…。そんな状況のときってありますよね。急きょ病院に行くことになった、予定の時間がせまっているなど、理由はさまざまです。

そんなときはスマホを使って、子どもに好きな動画を観せたり、車載DVDプレーヤーでDVDを観せたりするのも一つの手です。車に乗ることが楽しい時間になると、チャイルドシートにも嫌がらずに乗ってくれますよ。

もちろん車内でスマホやDVDを観せるのは、くせになったら困るから…と悩むママも多いでしょう。ですが、これはあくまでも時間が無いときの最終手段として使う、という気持ちでしたら抵抗が少なく、割り切って使えるのではないでしょうか。

ママのストレスを溜めない方法として、使っていきたいですね。

チャイルドシートで楽しく過ごせるグッズ

いつでもママの顔が見られるミラー

運転中は、子どもの表情をなかなか確認できません。退屈そうにしていないか、眠っていないか、不安に感じることがありますよね。その思いは、子どもも同じかもしれません。そこでおすすめなのが、ベビーミラーというグッズです。

これは車内につける鏡で、鏡ごしに子どもの顔が見られるという優れものです。もちろん、子どもからはママの顔が見えますので、鏡を使ってお互いの顔を見ながら会話ができますよ。

ベビーミラーは、チャイルドシートを設置している向きによって、つける種類が変わります。前向きに設置している場合はフロントガラスタイプを、月齢が低く、後ろ向きに設置している場合はヘッドレストタイプを取りつけます。よく確認してから購入してくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj