就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

家庭菜園初心者はプランター菜園から!はじめ方や作りやすい野菜

家庭菜園初心者はプランター菜園から!はじめ方や作りやすい野菜

家庭菜園は野菜の成長や新鮮な野菜の味覚を楽しめるのが魅力です。興味がある方は初心者にもおすすめなプランター菜園から挑戦してみてはいかがでしょうか。プランター菜園ならベランダやお庭のすみでもできますし、子どもに手伝ってもらうことで野菜を好きになるきっかけにもなってくれますよ。

家庭菜園をはじめる前に知ってほしいこと

家庭菜園はメリットがたくさんある

家庭菜園のメリットは何といっても「自分で作って収穫した野菜はおいしい」ということにあります。毎日の水やりや土いじりなどのお世話を通して、たくましく成長する野菜をみると収穫するのが楽しみになりますね。

また、子どもと一緒に水やりや収穫をするのもおすすめです。野菜が花を咲かせたり実をつけたりする姿に自然と興味がわいて、嫌いな野菜を好きになるきっかけにもなるかもしれません。

家庭菜園でとれた野菜を食卓に並べることで食費が浮くのも大きなメリットです。近年は野菜の価格が高騰しているため、お買い物のときに悩んでしまうことはありませんか?
少ししか野菜を収穫できなくてもお味噌汁の具にしたり、お弁当にちょっと添えたりと大活躍しますよ。

家庭菜園のデメリットも知ろう

家庭菜園をはじめたら毎日世話をしなければなりません。もちろんそれが楽しみの一つでもあるのですが、毎日となると大変に思うときもあるでしょう。

野菜も病気になるため生育に関しての知識が必要です。育てる野菜によって暑さに弱かったり、水がたくさん必要だったりしますので、きちんと勉強してから家庭菜園をはじめましょう。最初は家庭菜園に必要なものを買い揃える必要があり、準備にお金や手間がかかるのもデメリットといえますね。

また、虫がついたら早めに対処をする必要があります。虫が苦手な方もいると思いますが、野菜についた虫をそのままにしてしまうと葉を食べたり茎を食べたりして最悪の場合枯れてしまいますので注意が必要です。

初心者はプランター菜園からはじめてみよう

家庭菜園といっても場所を選ばないプランター菜園や、本格的に農園を借りて行う露地栽培など種類はさまざま。特にプランター菜園はマンションのベランダやお庭のすみなどコンパクトに野菜作りができるので家庭菜園初心者にはおすすめです。

プランターでも育てられる野菜はたくさんありますし、家庭菜園を手軽に楽しむことができるので興味のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

ホームセンターなどに行くとプランターもたくさんの種類が売っています。置き場所に合わせて幅や大きさを選ぶのではなく、育てたい野菜にあったものを探してみましょう。初心者がまず揃える道具や栽培しやすい野菜を紹介しますので参考にしてみてくださいね。

初心者向け!家庭菜園のはじめ方

プランター選びのポイントを知ろう

野菜を育てるためのプランターは深さが30cm程度あるものを選ぶとよいでしょう。容量は20~40L入るプランターですとたっぷりと土を入れることができますね。

容量の大きいプランターを使うと土が乾きにくくなるため、水やりの手間を減らすことができます。また、土の中の温度変化によって植物が受けるストレスもやわらげることができるでしょう。

プランターの素材はプラスチック製のものが値段がリーズナブルで扱いやすいのでおすすめです。木製や素焼きのものはデザイン性が高くおしゃれではありますが、プランター菜園では土をたくさん入れるため総重量がかなり重くなってしまいます。

プラスチック製は軽くて持ち運びもしやすいため、お掃除のときも便利です。

必要な道具を揃えよう

プランターを選んだら次は「土」「ジョウロ」「スコップ」を用意しましょう。必須ではありませんが「ガーデニング手袋」もあると便利です。

ガーデニング手袋は手のひらの部分がゴム製になっているため作業がしやすく、爪の間に土が入ることもありません。また、デザインが可愛いのも嬉しいですね。

ほかにも便利な道具はありますが、初心者の場合はプランター菜園に慣れながら買い足していくのがおすすめです。子どもと一緒に家庭菜園をはじめる場合は、キッズサイズなど専用の軍手を用意してあげると喜んでお手伝いをしてくれますよ。

筆者の友人ママの子は虫が苦手ですが、自分専用の軍手を着用して草取りや虫の除去を手伝ってくれているそうです。

安心な野菜を作るための土の準備

プランター菜園はプランターの中に小さな畑をつくることと同じです。土はおいしい野菜を作るために重要な役割をするのでふかふかとした栽培専用の土を準備しましょう。

野菜が土に根を張って成長するためには保水力も大事ですが、通気性や水はけが悪いと根が腐ってしまう原因になります。適切な土を選んでくださいね。ホームセンターには野菜の成長に必要な栄養が調整された培養土が売っており、土をプランターに入れてすぐに家庭菜園をはじめることができるので、初心者はこちらを利用するとよいでしょう。

ただし、売っている土はほとんどの場合肥料として化成肥料が加えられているため、オーガニック栽培を考えている方は自分で土を作る必要があります。

プランターで作る初心者向けの夏野菜

栄養価も高く、作りやすい「ミニトマト」

ミニトマトは家庭菜園をしている方の間ではとくに人気のある野菜の一つです。プランターでも栽培しやすいため、毎年育てている方も多いのではないでしょうか。

ミニトマトは種類が豊富で栄養価が高く、とにかく見た目が可愛いのでお弁当に一つ入れるだけでも華やかになりますね。

ミニトマトをたくさん収穫するためには、大きめのプランターに一株植えて「わき芽」と呼ばれる横から生えてくる細い枝を摘みます。こうして栄養を1本の枝に集中させることでたくさんの実をつけてくれますよ。

また、ミニトマトは日当たりがよく、風通しのよい場所で栽培するのがポイントです。水やりは土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えましょう。

収穫期間が長く、お得な「なす」

なすは高温多湿を好む野菜で、夏の暑さに強く育てやすいため家庭菜園初心者におすすめです。収穫期間も長く、1度苗を植えれば秋まで収穫できるのでお得感もあり、料理のバリエーションが多いのも嬉しいですよね。

また、長なすや大丸なすは実を大きくするために時間と栄養がたくさん必要になってくるため、プランター菜園には向きません。はじめてなすを育てる場合は「千両2号」などの中長なすがよいでしょう。とげがない品種は子どもと収穫するときも安心です。

乾燥には弱いため土が水浸しにならない程度に水やりはまめに行いましょう。土が乾くと根がダメージを受けてしまうため、暑い時期は朝夕と2回水やりをするなど、夏場はとくに注意する必要があります。

植付けから収穫が早い「きゅうり」

きゅうりは栽培期間が短いのが特徴で、苗を植え付けてから40日程度で収穫することができます。家庭菜園の魅力は何といっても収穫することですから、短期間で野菜が実るのは嬉しいですね。

また、きゅうりの苗もさまざまな種類が販売されていますが、プランター栽培に適しているのは「よしなり」や「フリーダム」といったコンパクトに栽培ができる品種でしょう。こちらは病気にも強く、家庭菜園初心者にはとくにおすすめです。

収穫時期のきゅうりは成長が早く、朝に見たときに実が小さくても夕方には収穫できるサイズになっているときがあります。放っておくと実が大きくなりすぎたり、株の負担になったりしてしまうので、まめにチェックして収穫を行いましょう。

まとめ

プランターで育てられる野菜は多く、慣れてくると季節に応じてさまざまな野菜作りを楽しむことができます。自分で育てた野菜を家族で食べればコミュニケーションになりますし、子どもの食育にもつながるでしょう。

初心者はあまりいろいろと手をつけず、1~2株の野菜を育てることからはじめましょう。最初はプランターを増やしすぎず、毎日少しずつ世話をするのが家庭菜園を楽しむコツです。

自分で作った野菜は食卓に彩りと、ちょっとした幸せの時間を運んでくれるでしょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018