就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2歳の子どもとの遊び方が分からない!おすすめの遊び方や注意点

2歳の子どもとの遊び方が分からない!おすすめの遊び方や注意点

2歳の子どもと遊ぶときに注意すること

子どもから目を離さないようにしよう

家の中でも外でも、ママが思いもよらない行動を取る小さな子どもからは目を離さないことが大切です。お絵かきや工作をするとき、子ども用のはさみやクレヨンを使っていても100%安全ではありません。ケガをしたり誤飲したりしないように必ず見守るようにしましょう。

公園でも、ボールを追って道に出てしまうと事故の危険があります。また、1歳ほど転ばなくなったとはいえ、まだまだ体幹がしっかりしていない時期です。遊具で遊ぶのもママが近くで見守り、転落などに気をつけてくださいね。

また、小学生が下校後、公園で激しい鬼ごっこをすることがあります。小学生には楽しくても2歳児にぶつかると危険です。目を離さず衝突の危険性が高ければ、小学生が遊ぶ時間以外に遊ぶとよいかもしれません。

繰り返し遊びにつき合おう

2歳くらいの子どもは同じことを何度も繰り返して遊ぶため、つき合うママをうんざりさせてしまうことがあるかもしれません。しかし、子どもは自分の気に入った動きやシーンを何度も繰り返しながら、頭の中で色々なことを考えたり、その動きを習得化したりしているといわれています。

例えば、2歳の子どもの中には、ひたすら台所のキャスターつきラックを押して、ママに缶ジュースを渡す子もいるようです。その子どもは、新幹線に乗ったときの車内販売が印象に残っていたため、その様子を繰り返していたようです。

単純な遊びを繰り返す子どもにつき合うのは、なかなか大変ですよね。しかし、車内販売での商品を買う方法や、お金の渡し方、挨拶の仕方など、学んでいることもたくさんあるのですよ。

疲れたら一度離れて温かく見守ろう

先ほどお話したように2歳は言葉の爆発期ともいわれ、ママは一緒に遊びたくさん言葉をかけなければならないと思ってしまいますよね。けれどもずっと一緒に遊ぶのではなく、子どもの一人遊びも大切にしましょう。

一人遊びの時間は、子どもが何かに集中しています。このとき子どもの頭の中では、想像力や思考力などが育まれ、自分なりに遊びを工夫し発展させようとしているのだそうです。また、一人遊びは自立のための第一歩ともいわれています。

子どもが集中しているとき、ママは声をかけずに見守りましょう。ママ自身が疲れたときも無理に遊ぶ必要はありません。肩の力を抜いて「見ているよ」と子どものそばにいて見守る存在でいると、子どもは安心して好きな遊びに打ち込めますよ。

生活習慣を遊びに取り入れるのもおすすめ

着替えや片づけはゲーム感覚で楽しみながら

2歳ころになると自立心が成長してくるため、着替えや片づけなど、色々と子どもが自分でやりたがるときも多いのではないでしょうか。しかし、「やりたい」とやる気になっているときは積極的に行動するのに、やる気がないときはいくら言っても「やりたくない」と言って反抗する場面もあり、ママは困りますよね。

子どもの自立心がすくすく成長するには、楽しみながら生活習慣を身につけるのがポイントです。例えば、着替えや片づけをやりたがらないときは、「ママと競争しよう!よーいどん」とゲームのように声かけすると、「負けたくない」「楽しそう」という気持ちから積極的に取り組んでくれるかもしれませんよ。

イライラせず、楽しくなる方法を考えてみましょう。

トイトレは歌を歌うとやる気アップ

2歳ころにトイレトレーニングをスタートする家庭も多いですよね。ママが「トイトレを始めよう」とやる気を出しても、子どもがトイレに入るのを嫌がったりパンツを履きたくないと言ったりなど、子どもが全然乗り気でないこともあるでしょう。

トイレは狭い、おもちゃがないなどの理由から、怖い場所と思っている子どもも多いようです。そのため、ママがトイレに誘っても「行きたくない」とやる気が出ないのかもしれません。

トイトレは「ちゃんとしなさい」とママが怒るほど、子どもは不安になって成功するのに時間がかかります。トイレに行くときから楽しい歌を歌い、便座に座ってからも「出るかな~?」とママが楽しそうに歌いながら進めると、子どものやる気がアップしやすいですよ。

遊びの中でもたくさん褒めることが大切

おままごとや公園遊び、新聞紙遊びなど、2歳になると様々な遊びを楽しめるようになりますよね。ママは子どもの体力について行くのに必死で、子どもの成長を見守る余裕が持てていない方もいるかもしれませんね。

しかし、遊びの中でも子どもの感性や成長を見逃さず、たくさん褒めることが大切です。子どもはパパやママにたくさん褒められると、自己肯定感が高まりチャレンジ精神も旺盛になります。

幼児期に褒められて育った子どもは自分に自信を持てるため、失敗しても立ち上がる強さを身につけていくでしょう。また、自己肯定感が高い子どもは、周りの人にも思いやりを持って接することができるようです。たくさん褒めて、子どもの心が健康に育つと嬉しいですね。

まとめ

2歳の子どもは、色々なことを体験したい気持ちでいっぱいです。外では、動かせるようになった体をたくさん使って遊ぶと満足感や自信につながります。また、室内では手先を使う遊びやおままごとなどのごっこ遊びがおすすめですよ。

子どもの遊びはママには退屈かもしれません。しかしその単純な繰り返しが子どもの成長には必要です。とはいえ、ママはずっとつき合っていると疲れてしまうときもありますよね。

いつも子どもと遊ぶ必要はなく、子どもが一人遊びをしているときや、ママ自身が疲れたときはそっと見守っていきましょう。
37 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND