就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

生命保険は夫婦一緒の方がお得?賢く選んで節約と子育て資金の貯蓄へ

生命保険は夫婦一緒の方がお得?賢く選んで節約と子育て資金の貯蓄へ

子どもが生まれて生命保険に入ろうとしても、保険会社も種類も多すぎてどれがよいのか悩んでしまうことも多いですね。契約の仕方も個人加入にするか、夫婦型または家族型などさまざまあります。そこで、自分たち家族に合った保険の選び方や相場、節約方法などをご紹介します。

生命保険は知識をもって夫婦でお得に選ぼう

子育て家庭に合った保険の選び方

子育て中の家庭に合った保険とはどういうものなのでしょうか?まず心配になるのは、家庭で一番収入がある人に万が一のことがあった場合ですね。

パパやママが病気になったときのための医療保険、死亡したときのための死亡保険、収入が減少したときの収入保障保険などさまざまなものがあります。また、子どもの教育費を主とした学資保険もありますね。

パパやママが万が一のときを手厚くしたいなら死亡保険、パパやママが元気でも進学時にまとまったお金が欲しいなら学資保険、医療費が気になるなら医療保険、病気中の収入を補うためなら収入保障保険など、手厚くしておきたい部分を選択する必要があります。

まずは、自分たちの家庭がどの部分に重点を置きたいのかを明確にすることから始めましょう。

パパとママの生命保険代の相場

次に気になるのが、自分たちと同じような家庭の保険料相場はいくらくらいなのかということでしょう。月々の保険料が高くなるのは、30~50代といわれています。これは、ちょうど結婚し子育てにお金がかかる年代と重なっていますね。

それでは、未就学児のパパやママが多い20代と30代での保険料の平均はどうでしょうか。月々の世帯保険料は、20代が約20,000円、30代は約25,000円になるそうですよ。また、ファミリー世帯の1人あたりの月額保険料は約13,000円です。

世帯主の年収別でみると、300~400万円未満で29,000円、400~500万円未満は33,000円、500~700万円未満では36,000円と高年収ほど保険料もアップしていきます。

ママが専業主婦か共働きかによっても違う

必要な生命保険は、家庭の状況により保障額や加入する保険の種類も違ってくるでしょう。パパが死亡したときに必要なお金は、死亡整理金200万円、住居費、生前の7割の生活費、教育費(公立のみで1人あたり1,000万円)となります。

専業主婦世帯では、パパの死亡や病気になったときの保障を手厚くする必要がありますね。共働き世帯ではママの仕事をそのまま続けられるか、転職などをしなければならないかなどで保障額も変わってくるでしょう。

また、両方に共通しているのは、住居が持家か賃貸かということです。持家なら団信加入により住居費が必要なくなります。一方、賃貸の場合はそのまま住み続けるのか、引越しも視野に入れるのかにより状況が異なるでしょう。

夫婦で同じ保険に入るとお得な理由とは

夫婦型保険にするメリットを知ってお得に!

夫婦型の保険のことはご存知でしょうか?普通の保険は、それぞれ個人名で単独の契約をしますね。そのため、保障は契約者にのみ発生します。医療保険なら本人が入院した場合にのみ保険料が下り、死亡保険もそれと同様でしょう。

一方、夫婦型の保険とは、パパまたはママを主契約にして配偶者の保障を特約でつけるタイプの保険です。主契約者の保険料は通常と同じですが、配偶者の保険料は特約扱いになるため、個人加入よりかなりの低料金で手頃な保障をつけることができるのが特徴ですね。

そのことから夫婦型の保険の場合、個人型の保険料は高いから加入をためらってしまうけれど保障が欲しいと考えるママや、どの保険にするのか迷っている間のつなぎなどに使うことができるでしょう。

夫婦で一緒の保険にするとデメリットもある

保険料を安く抑えることができるメリットがある一方、デメリットも存在します。まず、医療保険や死亡保険などの保障料が主契約者の6割になってしまう点です。

そしてもう一つ注意が必要なのは、主契約者のパパが死亡したときの保険の取り扱いです。これは、保険会社や契約した保険内容により規定が違ってくるでしょう。

パパが亡くなるとママの契約自体も契約終了してしまうもの、パパの生前時の保険料を払い続ければママの保障が残るもの、契約を変えてママの保障を残せるものなどさまざまのようですね。また、不幸にも離婚となったときは主契約のパパは特約をはずすだけで継続できますが、ママは保険がなくなってしまうのもデメリットとなりますので、気をつけましょう。

子どもの学資保険も一緒に考える

子どものための保険といえば、医療保険と学資保険になりますね。ここでは、そのうちの学資保険をみてみましょう。

学資保険には教育費のみを考えたものと教育費に医療保障もプラスされたものの二種類があります。学資保険の主契約者はパパかママで被保険者は子ども、受取人は主契約者というのが一般的でしょう。

学資保険は、生命保険とは違い主契約者が存命中でも契約で決められた日に保険金がもらえます。また、保険料払込免除特則(特約)がついていれば、契約者のパパやママに万が一のことがあっても予定どおりに保険金が支払われますね。

さまざまな観点から、死亡保障だけでなく存命中にも支払われる保険も必要と考え、生命保険にプラスして学資保険を考える家庭も多いのではないでしょうか。

賢く契約して子どものための貯蓄と節約に

会社によっては割引制度があることも

最近では、健康体や非喫煙者の条件を満たすと保険料を割り引く保険会社も増えてきましたね。このようなものが出てくる背景としては、血圧や尿検査、肥満度などが正常な人やタバコを吸わない人は喫煙者や健康になんらかの不安要素がある人より罹患率や死亡率が低いことがデータで分かっているからでしょう。

また、支払い方法を変えるだけで保険料を安くすることもできます。月払い、半年払い、年払い、一時払いの順に割引率が大きくなりますよ。ただし、一時払いは一括で全保険期間分を支払う方法となるため、子育て世代には向かない方法でしょう。

ほかには、同じ保険でも勤務先で加入できる場合は団体扱いとなり団体割引の対象となりますので、そちらで検討してみてもよいでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC