就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが寝る部屋を整えよう!理想の環境やリビングの睡眠スペース

赤ちゃんが寝る部屋を整えよう!理想の環境やリビングの睡眠スペース

パパママのほとんどが、赤ちゃんと同じ部屋で睡眠をとっているのではないでしょうか。しかし、海外では、赤ちゃんとパパママが別室で寝ることが当たり前の国もあるようです。今回は、赤ちゃんと別室で寝ることのメリットや、赤ちゃんが快適に眠れる部屋の環境づくりなどについてまとめてみました。

赤ちゃんが寝る部屋の理想的な環境とは

寝るときは真っ暗の方が昼と夜の区別がつく

月齢の低い赤ちゃんの場合には昼夜の判断がつかず、好きなときに起きたり寝たりを繰り返しています。成長するにつれてだんだんと起きている時間が長くなり、太陽が昇っている間は起きている、暗くなったら寝るというサイクルがつくようになってきます。

パパママと同じような生活サイクルをしっかりと体に覚えさせるためには寝るときの環境づくりも大切なポイントになります。寝る部屋が明るいままであれば、まだ寝る時間ではないのかなと錯覚してしまうかもしれませんし、光が気になって仕方がないかもしれません。

寝るときには部屋を真っ暗にして寝かせてあげたほうが、昼と夜との区別を認識しやすいです。真っ暗にするのを怖がるようであれば、豆電球にしてもよいでしょう。

大人が少し涼しいと感じる温度と湿度が快適

赤ちゃんは体温調節をすることが苦手です。暑い、寒いと言葉で伝えることもできませんので、パパとママが快適に過ごせるような環境を作ってあげることが大切です。

基本的に赤ちゃんの体は平熱が高く、とても暑がりです。ですので、過剰に重ね着をさせたり、何枚も布団をかけることは避けましょう。部屋の温度や湿度は、大人が涼しいなと感じる程度を目安にします。

季節によっても多少変化しますが、だいたい25℃前後の温度を目安にします。湿度は、40~60%くらいがよいでしょう。

湿度が下がると、喉がカラカラになってしまったり、ウイルスの繁殖が盛んになったりする恐れもあります。抵抗力の弱い赤ちゃんにとって温度のみならず湿度の管理も忘れてはいけません。

テレビの音や話し声のボリュームを下げよう

赤ちゃんを寝かしつけながら、兄弟やパパとおしゃべりを楽しむなんてこともあるかもしれませんよね。リビングから近い部屋だとテレビの音声が聞こえてくる場合もあります。

赤ちゃんはなにを話しているのかはわかっていませんが、声や音には反応を示してしまうことがあります。静かで落ち着いた場所で寝たいのに、周りの音が気になって眠れないとなると可哀そうですよね。

周囲の音が原因で夜泣きにつながる恐れもあります。赤ちゃんの寝かしつけや、すでに眠ってしまったあとでもおしゃべりをするときは声のトーンに気を付けて話すようにする、テレビの音が聞こえるようであれば音量を下げるなどして静かな状態を維持できるようにしてあげましょう。

リビングに睡眠スペースを作れる便利グッズ

寝たまま移動もできるハイローチェア

細切れに睡眠をとる赤ちゃんをその都度寝室へ移動させて見守るということもなかなか難しいですよね。家事をしなくてはいけませんし、兄弟がいればその子たちのお世話もしなくてはいけません。

そんなときには、リビング内にハイローチェアを置くと便利ですよ。ハイローチェアとは、ベッドになったり、椅子になったりとあらゆる場面に応じて変化します。足の部分には、タイヤがついていて稼働式なものが多いので、リビングで寝てしまってもそのまま寝室まで移動させることができます。

赤ちゃんは寝てしまっても抱っこをすると目覚めてしまうことも多いので、それが回避できるのはママも大助かりですし、赤ちゃんの睡眠を邪魔する恐れも少なくなります。

床でのびのび寝るために小さめのベビー布団

体の小さな赤ちゃんでも、寝ている間には伸びをしたり寝返りをすることもあります。頭を激しく左右に動かす時期もありますよね。寝ている間に体をたくさん動かす赤ちゃんには、床でのびのび寝かせてあげるのがよいかもしれません。

小さめサイズのベビー布団を用意すれば、いつでも赤ちゃんを寝かせることができます。ベビー布団であれば、深い眠りにつくまでママが横で添い寝をしてあげることもできます。

お昼寝やちょっと横になりたいなというときも赤ちゃんの横で寝ることができるので安心ですよね。寝返りができる時期になると、なぜそこに?という場所まで寝ながら移動することもあります。

ベビー布団であれば転落の心配もありませんし安心感が高いのではないでしょうか。

赤ちゃんが安全に過ごせるベビーベッド

リビングにある程度の広さがある家庭では、ベビーベッドを置くことがおすすめです。ベビーベッドがあれば、家事をしていても目の届く範囲内に赤ちゃんを眠らせておくことができますし、なにより安全面がしっかりしているので、ママが安心できるのではないでしょうか。

ベビーベッド自体に高さがあるので、床のホコリやゴミの心配もありません。柵もついているのでペットがいる家庭でも安心して赤ちゃんを眠らせることができますよね。

ベビーベッドの下におむつのストックや赤ちゃんが触れると危険なものを収納しておくというママも多いようです。赤ちゃんの力では開けることは難しいので、危ないものは全部ここに収納しておけば事故の回避にもなります。

ママと赤ちゃんが別室で寝るメリットと方法

世界の90%は同室で添い寝している

世界のおよそ90%が赤ちゃんと同室で添い寝をしているといわれていますが、中には新生児のころから別室で寝ている国もあります。特に有名なのがアメリカです。

別室にする理由には、ママも十分な睡眠がとれるようになること、また赤ちゃんが1人で寝ることで自立心が育つといったことが大きく関係しているようですよ。

とはいっても、日本のパパママにとっては添い寝が当たり前。赤ちゃんだけで寝かせることは不安が残りますし、目の届く場所で眠らせたい、いずれは別室で寝るようになるのだから今は一緒に…という願いもあるのかもしれません。

同室、別室、様々な考え方がありますが、パパママが安心できる方法で寝かせてあげることが一番なのではないでしょうか。

別室だと親子ともに熟睡できるメリットあり

パパママと赤ちゃんが別の部屋で寝ることの最大のメリットは、親子ともに熟睡できるという点です。

夜泣きが多い赤ちゃんの場合、1時間に1回、もしくはもっと短いスパンで泣いてしまう子もいます。体力のある赤ちゃんは、泣きだすと何十分も泣き続ける子もいるので寝たいのに寝られないパパママにとっては負担が大きいものですよね。

添い寝をしている場合には、「パパにはしっかりと睡眠をとってもらいたい」とママが赤ちゃんの夜泣きにずっと付きあっているというケースも多いでしょう。

それに比べて、別室で寝ている赤ちゃんは、夜泣きをして起きてしまっても再び自分で眠りにつくことができるようになるといわれています。そうなればパパママもゆっくり睡眠がとれるので体もすっきりしますね。

「ねんねトレーニング」をしてみよう

「ねんねトレーニング」をご存知でしょうか?これは赤ちゃんが自分の力だけで寝られるようになるためのトレーニングです。夜間の授乳回数が安定してくる6カ月頃からがおすすめのスタート時期です。

その方法は様々ですが、絵本を読む、部屋を暗くするなど寝る前のルーティンを行ったあと、赤ちゃんを布団に寝かせ、ママは部屋から退室し、数分おきに赤ちゃんの様子を見ます。赤ちゃんが泣いても優しく声をかけ、背中をトントンしてあげてあやし、また退室する…という方法が主流のようです。

寝かしつけの際に「授乳しない」「抱っこしない」ことが成功のポイント。毎日同じスタンスでブレないことも大切です。

成功したら赤ちゃんもママもぐっすり眠れるようになります。そうなれば嬉しいですよね。

まとめ

赤ちゃんにとって睡眠は1位、2位を争うほど大切なことです。「寝る子は育つ」という言葉があるように十分な睡眠が成長の鍵となります。

暑がりな赤ちゃんにとって心地よい温度や湿度に環境を整えることも質のよい睡眠につながります。周囲がうるさい場合には静かにできるように工夫したり、考慮が必要ですね。

場合によっては赤ちゃんの部屋を作ってあげる方法もあります。パパママが安心できる方法で赤ちゃんが心地よく眠れるような環境を作ってあげてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018