就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがしゃべるための練習方法!発達プロセスと遅れの原因対策も

赤ちゃんがしゃべるための練習方法!発達プロセスと遅れの原因対策も

赤ちゃんと楽しくしゃべりたい!と思っているパパやママに、赤ちゃんがしゃべるまでの流れ、赤ちゃんがしゃべるための練習方法、しゃべるのが遅い原因と対策を紹介します。しゃべるための練習は簡単にできます。毎日楽しく赤ちゃんとコミュニケーションを取りながら、しゃべるための練習をしましょう。

赤ちゃんがしゃべるまでの流れをチェック!

最初はクーイングや喃語

赤ちゃんがしゃべる時期は、平均より早かったり、遅かったりと、個人差が大きいものです。でも、どんな段階で何をしゃべるのかということは、あまり差がありません。

生後1カ月ごろは、無意識で泣いたり、笑ったりして声を発します。生後2~5カ月ごろになると、機嫌がいいときに、クーイングといって「あー」「うー」といった母音を発するようになります。

クーイングは赤ちゃんが何かを伝えたいというよりは、音を出すことを楽しんでいる状態で、とくに発している言葉に意味はないようですね。

生後6カ月くらいからは「アーアー」「ダーダー」などといった「喃語」を話すようになります。同じ文字を2文字以上連続した言葉で、意味のある言葉を話すための前段階です。

意味のある言葉が出るのは1歳前後から

赤ちゃんが1歳前後になると、個人差はありますが、言葉の理解力は格段にアップします。言葉が意味するものを指さしたり、目で追ったりできるようになり、パパやママも赤ちゃんとのコミュニケーションが楽しくなってきますよ。

初めて話した意味のある言葉は「マンマ」「はーい」「ばいばい」などが多いようで、日常的にパパやママとのやりとりで使っている言葉を早くから理解する傾向があるようです。

我が子がどんな言葉を最初に話すか、パパやママは楽しみですよね。でも、おしゃべりが上手な同年齢の赤ちゃんをみると、ついつい比べてしまう気持ちもよくわかります。

焦らずに赤ちゃんに歩幅を合わせて、毎日楽しくコミュニケーションを取ることを心がけましょうね。

2語文や文章で話すのは1歳半以降

1歳半を過ぎると、言葉の数もだんだん増え「ママ、きてー」「りんご、たべるー」などの2語文を話し始めますね。何でも一生懸命に伝えようとする様子がとてもかわいいので、パパやママはメロメロになってしまうでしょう。

でも、この時期の子どもの言葉は、家族には理解できても、ほかの人にはわかりにくいことがあります。ほかの人と恥ずかしくて話せないという子どもも出てきますので、パパやママは無理強いせずに、温かく見守ってくださいね。

また、1歳半健診が終了して、言葉の面で指摘を受ける子どももいるかもしれませんね。パパやママが我が子の発達を心配に思うならば、専門医を受診するとよいでしょう。子どもの療育は早い方がよいようですよ。

赤ちゃんがしゃべるための練習方法

ママが話すのが苦手でも絵本を使えば大丈夫

話しが苦手で、子どもに上手に関われるか心配だというパパやママもいます。友人ママは、赤ちゃんと2人きりになると無言が続いたといっていました。

そのようなパパやママには、絵本の読み聞かせをおすすめします。絵本の読み聞かせによって絵本が赤ちゃんとパパやママの共通の話題になるので、楽しくコミュニケーションが取れますよ。

そして何より、赤ちゃんがしゃべるため練習になります。最初の本は、わかりやすい2~3語文で構成されている絵本や、「トントン」「ワンワン」など擬音の多い絵本を選びましょうね。

赤ちゃん向けの絵本には、赤ちゃんがわかりやすい表現が多く使われているので参考になります。毎日の赤ちゃんとのやりとりに役立ててくださいね。

気持ちの代弁やママの実況中継をする

赤ちゃんが話したそうにしているけれど、なかなか言葉が出てこないことはよくあります。パパやママも赤ちゃんと何を話そうか?と困るときもありますね。

そのようなときは、赤ちゃんの様子を話したり、気持ちを代弁したりしてあげるとよいでしょう。赤ちゃんが笑っていたら「うれしいね、ニコニコだね」のように話していれば、会話が途切れませんし、パパやママが話したことの中に赤ちゃんが話したかったことがあるかもしれませんよ。

また、ママが家事をしているときは、赤ちゃんのことは後回しになってしまいますね。家事をしながら「ママ洗濯物たたみまーす」「ママ掃除機かけます」など、ママの実況中継をしましょう。ママの赤ちゃんへの声かけもだんだん上手になってきますよ。

歌や手遊びで楽しく練習する

1歳をすぎると、音楽に合わせて体を揺らしたり、歌詞の一部を歌えたりする子どもも増えてきます。赤ちゃんと一緒に歌や手遊びで楽しくおしゃべりの練習をしましょう。

「むすんでひらいて」など、言葉と動作が結びつく手遊び歌で遊んでみましょう。体を動かしながら歌うと、言葉が脳に残りやすくなりますよ。

また、幼児番組をみて、一緒に歌ったり、踊ったりすることもおすすめです。歌もダンスもマネをすることが大切ですね。

歌は人間の耳に入ってきやすい形です。1回しか聞いていないのに、覚えてしまう歌詞やメロディーはありますよね。でも、赤ちゃんがちょっとわかりにくそうだな…と思ったら、ゆっくり、繰り返し歌うことが大切ですよ。

赤ちゃんのしゃべるのが遅い原因と対策

喉や口の異常や奇形がある

とくに言葉の発達は個人差が大きいです。育児書やインターネットなどで紹介されているのは、標準的な例であり、ちょっと遅れたからといって、問題があるわけではないです。

ただ、まれに、脳や体、心の発達に異常があり、言葉の発達が遅れているケースがあります。その一つに、喉や口の異常や奇形がある場合です。

言葉を話すのに重要な役割を果たす喉や口に異常や奇形があった場合は、言葉の発達が遅れる傾向にあります。先天的な原因以外に、水頭症や小頭症などといった病気が原因で異常や奇形が現れることもあります。

喉や口内などは、パパやママからは見えにくく、異常の発見は難しいですが、定期健診はできるだけ受診し、おかしいな?と思ったら相談するようにしましょう。

気づかないこともある聴力障害

赤ちゃんは、パパやママの会話や声を聞き、言葉を学んでいきます。難聴や聴力に障害がある場合は、言葉がなかなか増えず、パパやママの声が聞きにくいため、発音が不明瞭ということがあります。

重度の聴力障害の場合、パパやママの話しかけや大きな音にも反応があまりないため、比較的診断がつきやすいです。一方で、軽度の場合は見分けにくいですが、不明瞭な発音や二語文を作れないなどといった症状から診断することになります。

生まれたときから難聴であった場合は、パパやママが違和感を持たないことがほとんどで、気づくのが遅れる場合が多いようです。聴力障害かもしれない…と思ったら、小児科や耳鼻科を受診して、聴力検査をしてもらいましょう。

知的障害などの発達障害のケースも

知的障害など発達障害の診断にはきちんとした基準があり、言葉の発達が遅いだけで発達障害と決めつけることはできません。ただ、1歳半健診で言葉の面やコミュニケーション面での問題が指摘された場合は、専門医や専門機関に相談するとよいでしょう。

発達障害の可能性のある行動で、人の声、話に興味を示さないというものがあります。赤ちゃんの体や聴力に異常はないが、パパやママの声かけに反応しないといった場合です。

一方で、音に敏感であることも発達障害の可能性がある判断基準に含まれています。パパやママの声かけに耳をふさいでしまったり、特定の音を過剰に嫌がってしてしまったりする場合です。

判断基準が難しいので、心配な場合は専門医を受診しましょう。

まとめ

初めて話す言葉はどんな言葉か、ドキドキしながら待っているパパやママもいるでしょう。1歳を過ぎると、言葉が少しずつ出てくる赤ちゃんもいますね。

その時期に大切なことは、パパやママの声かけや関わりですね。赤ちゃんに話しかけるときは、ゆっくり、理解できるレベルで、繰り返し話すことが大切です。

歌や手遊び歌を使って、頭に残るようにするのもよいでしょう。話すのが苦手なパパやママには絵本の読み聞かせをおすすめしますよ。

言葉の発達が遅い場合で、1歳半健診で指摘されたときは専門医や専門機関を受診しましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018