就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと一緒に海で遊ぼう!注意や持ち物、海での遊び方の紹介

子どもと一緒に海で遊ぼう!注意や持ち物、海での遊び方の紹介

初めての海を子どもに早く見せてあげたいというママはたくさんいます。そんなとき子どもの海デビューに適した時期はいつ頃からか気になりますよね。そこで今回は子どもの海デビューに適した時期、注意すること、必需品や役立つアイテム、海でのいろいろな遊び方などくわしく紹介していきますね。

子どもと海に行く前にチェックしておこう

子どもの海デビューはいつから大丈夫?

子どもが初めての海に喜ぶ姿を想像するだけで、ママもワクワクしてきますよね。

一般的に子どもの海デビューはお座りができるようになって体力もついてくる、7カ月頃が目安といわれています。でも夏の暑さで体力も奪われてしまいますし、敏感な赤ちゃんの肌に強い紫外線は刺激も強すぎてしまいます。

この時期に海デビューした赤ちゃんのママは、まだ波打ち際で波に触れさせたり、砂浜で砂に触れさせる程度で、時間も短時間で帰ってきたという方がほとんどです。

実際には夏の暑さや紫外線、またママの大変さも考えて、2歳から3歳頃を目安に子どもを海デビューさせているママさんが多いそうですよ。2歳を過ぎると体力もついて、ママも随分楽になりますね。

遊ぶ時間帯や滞在時間にも気をつけて

小さい子どもは皮膚もデリケートしですし、体力もないので1回に遊ぶ時間は5分程度が目安といわれています。あまり長く海につかっていると体温も奪われてしまいますし、暑さで体力も消耗してしまいます。

5分程度遊んだら一度海から上がって休憩所で水分補給をしたり、タオルで体を拭いてしっかり休憩をとったりすることが大切です。海につかる時間はトータルで20分程度を目安にしましょう。

また10時~15時は海水浴のメインの時間帯ともいえますが、日差しも紫外線ももっとも強くなります。

小さな子どもを海で遊ばせる場合は、10時前か15時以降の、比較的日差しも紫外線も弱い時間帯を選んだ方が子どもにかかる負担も少ないといわれます。

海を怖がる子、実は多いんです

初めて海に連れて行く前に、冷たい水に慣れさせておくことも大切ですよ。初めて海に行く子どもは壮大な海も寄せてくる波も、初めて目にするものなのでびっくりしますよね。

また温かいお風呂のお湯しか知らないので、海の冷たい水に驚き、海を楽しむ前に恐怖心が出てしまいます。

「海は怖い」というイメージがついてしまうと、泣いて嫌がってしまうこともあります。初めての海が嫌いにならないためにも、海に行く前に家庭用プールなどを使って冷たい水に徐々に慣れておきましょう。

また海の人混みにびっくりしてしまうこともあるので、できれば家庭用プールで冷たい水に慣れたら、地域のプールなどに行って人混みや広さにも慣れておくといいですね。

海で遊ぶときに必ず持って行きたいもの

紫外線のキツイ海!日焼け対策を欠かさずに

子どもの肌はとてもデリケートです。紫外線対策もしっかりしておきましょう。

海に行く前に子ども用の日焼け止めは、丁寧に塗ってあげることが大切です。また海に入ると日焼け止めも取れてしまうので、一つ携帯しておいた方がいいですよ。

日差し対策に長袖の上着や帽子も必要です。上着は海で体が冷えたときに温めてあげることもできます。上着や帽子もできればUVカット加工されているものがよいでしょう。帽子は、海風の強さを考えるとゴムなどがついたもののほうがいいですね。

また海水浴場によっては、ビーチパラソルのレンタルができない場所もあるので、海水浴場に事前に確認し、必要ならばレジャーシートと合わせて持参すると日差し対策に便利ですよ。

子どもにはそのまま入れる海用の靴が便利

海に行くとき、子ども用のビーチサンダルを用意される方も多くいますが、すぐに脱げてしまったり、転んでしまうことが多くあります。

また、砂も入りやすいので嫌がってビーチサンダルを脱いでしまう子どももいますが、砂浜を裸足で歩くのはとても危険ですよね。

海で子どもがはくには「マリンシューズ」がおすすめですよ。メッシュタイプのものが多いので水はけもよく軽量なので、はいたまま海で遊ぶこともできます。

マジックテープつきで足にぴったりフィットするタイプや、足の甲まですっぽり隠れるタイプなど、種類も豊富でキッズ用の小さなサイズもたくさんあります。いろいろなタイプが販売されていますが、足底の滑り止め加工がしっかりしたものがおすすめです。

海辺でもライフジャケットを着用しよう

海辺で遊ばせるだけだからと安易に考えてしまいがちですが、海にはたくさんの危険がひそんでいます。子どもは夢中になると周りが見えなくなってしまうので、いつも以上に注意が必要です。

もしものときに備えるためにも、安全対策は念には念を入れておきましょう。キッズ用のライフジャケットはたくさんの種類があり、軽量なので子どもにも負担なく着せることができますよ。

またライフジャケット以外にも、内側に水に浮く素材が入ったマリンスーツタイプの水着など、安全に考慮して作られたものもあります。

ライフジャケットを選ぶときは、子どもの体型にぴったりフィットしていないと体から外れてしまうので、お店で実際に試着してみたほうがいいですね。

海に入らなくても子どもが楽しめる遊び

砂浜で子どもが大好きな砂遊びや貝殻集め

海水浴は水着や着替えなど持ち物が多く、行くまでの準備に手間がかかってしまいます。しかし、砂浜だけでも楽しめる遊びもたくさんあります。海が苦手な子どもも砂遊びは抵抗なく楽しんでくれるようですよ。

公園の砂場遊び用のバケツやシャベル、大小のカップなどを持って行くと、穴を掘ったりカップで型抜きをしたりと広大なお砂場として遊ぶこともできます。砂山を作ったり、砂山崩しを親子で楽しんでもいいですね。

また海岸にはたくさんのきれいな貝殻や珍しい貝殻もあります。ママと一緒に貝殻集めをしてもとてもいい思い出になりますよ。

おうちに帰ったらきれいな小瓶に小さな貝を入れて飾ったり、きれいな貝殻を使って写真立てを作り、海の思い出の写真を飾るのもいいですね。

生き物とふれあい観察できる磯遊び

海水浴は夏のシーズンに限られてしまいますが、磯遊びでしたら夏に限らず、オールシーズン(4月~10月がベスト)楽しめますよ。

磯にいる生き物を自分の目で見て、手で触れて楽しめる磯遊びは、子どもにとって自然とふれあうよい経験になります。

磯の生き物の様子を観察したり、バケツやアミを持参してカニやヤドカリ、小魚を捕まえたりと楽しみ方もいろいろあります。しかし岩場での磯遊びをするときは、足場も悪く岩などに海藻がついて滑りやすいので、安全には十分気をつけましょう。

靴裏にしっかり滑り止め加工が施されたマリンシューズを活用したり、手を怪我しないようにマリングローブなどを準備したりと安全対策はしっかりしておきましょう。

子どもに素敵な思い出を作る海釣り

パパやママの補助があれば、幼稚園の年少あたりから海釣りを楽しむこともできます。また年長くらいになると、ちゃんと教えると投げ釣りをマスターするお子さんもたくさんいるそうですよ。

釣り場では走らない、周りの人に迷惑をかけない、釣り針を勝手に触らないなど話して聞かせることで理解してくれるようになれば、パパやママと一緒にやる海釣りは素敵な思い出になりますね。

海釣りに行くまではおうちで竿の使い方を練習をしたり、リールを巻く練習をしたりして準備しておくと、本番では竿を上手に扱うことができて、親子で釣りを楽しむことができますよ。

おうちでする練習も子どもにとってはとても楽しいことで、海釣りに行く当日までがんばって自主的に練習するでしょう。

まとめ

壮大に広がる海と打ち寄せる波を初めてみた子どもは、きっと喜んでくれます。でも海にはたくさんの危険もひそんでいるし、夏の強い日差しや紫外線はデリケートな子どもの肌を傷つけてしまうこともあります。

まだ小さな子どもを海に連れて行くときは、紫外線対策や安全対策をしっかりして、決して子どもから目を離さないことが大切です。

また、なかには海の雰囲気になれるまで怖がる子どももいます。そんなときは無理強いせず、少しずつ海に慣れるまで見守ってあげましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018