就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんに起こるトラブルを知ろう!トラブルの種類と対策について

赤ちゃんに起こるトラブルを知ろう!トラブルの種類と対策について

赤ちゃんの身に起こるトラブルはさまざまで誰も予測することができません。パパママもできることなら赤ちゃんに辛い思いはさせたくないですよね。どんなシーンでどういったトラブルが起こる可能性があるのか、赤ちゃんに多いトラブルについてまとめてみました。対策も参考にしてくださいね。

基本として押さえておきたい体調トラブル

赤ちゃんが発熱した場合

赤ちゃんの発熱は、大人とは異なり高温になる場合が多いです。赤ちゃんによっては平熱でも37℃台くらいですが、37.5℃以上になると発熱していると考えます。

大人では38℃となるとだるいと感じることが多いですが、赤ちゃんの場合にはケロッとしている子もいます。39℃40℃くらいになるとグッタリする子も増えてきますので注意して様子をみる必要があります。

発熱した場合にママが心がけることは、こまめな水分補給をさせることです。食事をまったくとれないのも心配ではありますが、数日でしたらそれほど気にしなくてもよいです。

ただ、水分をまったくとれない場合には脱水の心配があるので早急にかかりつけ病院を受診しましょう。

下痢や嘔吐をした場合

赤ちゃんの下痢や嘔吐は体調不良でよくある症状です。下痢の場合には、水分補給をこまめにすることが大切です。下痢は予想以上の水分が体から出てしまうので体力の消耗も大きくなります。

また、肌トラブルも起きやすいのでこまめにおむつを交換してあげましょう。下痢はお尻から背中にかけて広がってしまうことが多く、長時間そのままにしておくとおむつかぶれを引き起こす可能性があります。

おしりふきで拭くだけでもよいですが、シャワーで洗ってあげるとサッパリしますね。

嘔吐の場合には、すぐに水分を飲ませるとまた嘔吐するかもしれません。30分ほどは様子をみましょう。何度も嘔吐を繰り返す場合にはほかの病気が隠れている場合があります。

早めに病院へ受診しましょう。

皮膚トラブルが起きた場合

赤ちゃんは突然の湿疹や引っかき傷、皮膚トラブルを起こすこともあります。皮膚トラブルが起きた場合では、赤ちゃんの機嫌が変わらないこともありますしどうすればよいのか迷うというママも多いはずです。

また、湿疹の場合には素人では判断しにくいことが多いので、皮膚科へ受診した方が安心です。診断結果によって塗り薬や飲み薬が出ることがありますので、必要に応じて薬を使いましょう。

お風呂に入ってもよいのか、洗い方などのケア方法もしっかりと確認することを忘れないようにしましょうね。ケガ以外の皮膚トラブルは、普段の保湿ケアで予防することも可能です。

特にお風呂上りには乾燥しやすいので赤ちゃん用のローションをたっぷりと使って保湿してあげましょう。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

【先輩ママに聞きました】子どもが赤ちゃんのころに一番困ったことはなんでしたか?

先輩ママたちに子どもが赤ちゃん時代に一番困ったことはどんなことだったか、また我が子ならではの困ったエピソードについて聞いてみました。※テニテオ調査(n=100)

「夜泣きで眠れなかった」と回答したママの体験談

  • 夜中にミルクを飲んだ後は、すぐに寝ることはありませんでした。抱っこしながら背中を叩くと寝てはくれるが、ベッドに置くとすぐに起きてしまうので腕枕をすると起きることなく寝てくれました。
  • とにかく夜泣きが酷くて、夜抱っこしてゆらゆらしてもダメ、置いてもダメ、何をしても一時間近く泣き止まず大変でした。私のお腹の上で寝かせたり、おんぶしたまま寝かせたり、とにかく大変で寝不足になり、夜がくるのが怖かったです。

「おでかけ時のまわりへの配慮」と回答したママの体験談

  • 電車や飲食店など、人が多い場所で泣かれると困りました。あやしても泣き止んでくれないことがありましたが、おしゃぶりで何とか乗りきることが多かったです。授乳やおむつかえも順番待ちがあって大変でした。
  • お出かけをするときは、なるべく周りに迷惑をかけないように気を遣っていました。ベビーカーを使うのですが、途中で乗りたがらず座るところからずれ落ちてきて結局片手に子供片方にベビーカーを押すということもよくありました。今となっては、懐かしい思い出ですが、その当時は何で乗らないのかと途方にくれました。

「その他」と回答したママの体験談

  • 一人目はおっぱいをなかなか上手く飲んでくれず、何度も乳腺炎をおこしかけました。二人目は完全にショートスリーパーで昼間お昼寝をしてくれず、夜も二時間おきの授乳で睡眠不足で困りました。
  • 離乳食がうまく進まずに大変苦労しました。6カ月くらいから用意して捨てての毎日で気持ち的にも追い込まれて辛かったですが、歯が生え始めてから(9ヶ月くらい)少しずつ食べるようになりました。

■編集部コメント

夜泣きで眠れなかったことが一番困ったと3割以上のママから回答がありました。
腕枕やママのお腹の上など子どもの眠りやすいポジションを探すことが、睡眠不足を乗り切るコツのようです。
お出かけ時のまわりへの配慮についても、多くのママを困らせていることがわかりました。
おしゃぶりなど子どものお気に入りグッズを持ち歩くことで、外出時のママのストレスは少し軽くなりそうですね。
次のコーナーでは、子どもと旅行に行くときに気をつけたいトラブルについてご紹介します。
38 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事