就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの甘え泣きは成長の過程!上手な対処法と甘えを受け入れる効果

子どもの甘え泣きは成長の過程!上手な対処法と甘えを受け入れる効果

子どもがいつまでたっても泣いてばかりで、お困りのママはいませんか?もしかしたらそれは、甘え泣きかもしれません。子どもは多くの感情を泣いて伝えますが、甘えたいときに泣くこともあるのです。甘え泣きでお悩みのママのために、こちらでは甘え泣きについてや、対処法をご紹介いたします。ぜひ参考にしてくださいね。

子どもの甘え泣きってどんなもの?

寂しいときや甘えたいときにする「嘘泣き」

ママがトイレに行ったときや、掃除や洗濯で子どものそばから離れたときに、子どもが泣き出してしまったことはありませんか?

さっきまでニコニコ笑顔だったのに…と、思い様子を見に行くと、ピタッと泣き止む、これが続くようでしたら、子どもが甘え泣きをしている可能性があります。

甘え泣きは言葉のとおり、子どもが寂しさを感じていたり、ママにそばにいて欲しい気持ちだったりと、甘えたいときにする「嘘泣き」のことです。「嘘泣き」ですので、声は泣き声ですが、涙が出ていません。

ほとんどの甘え泣きは、ママがそばに行ったり、ママの顔を見たりすることで泣き止みます。ときにはママがパパとお話ししているだけで、泣く場合があります。

甘え泣きのピークは生後10~18カ月

生まれてからしばらくの間は、子どもは泣くことで感情のすべてを表現します。しかし成長していくにつれて、笑顔を見せるようになったり、声を出して笑ったりと、泣くこと以外の表現を覚えていきます。

子どもが自分の欲求以外で泣くことが減ってきて、ママとしてはやっと落ち着ける日々がやってきたと思うのもつかの間に、今度は甘え泣きの時期がやってきます。

甘え泣きはおよそ生後6カ月くらいから始まり、ピークは生後10~18カ月となります。生後10カ月くらいの子どもは、体格もしっかりとし始め、子ども特有のおしゃべりが上手になるなど、目覚ましく成長していきます。

体の成長に合わせて、心も発達していきます。甘え泣きは、成長の表れともいえますね。

甘え泣きと本気泣きの見分け方

本気泣きとは、お腹が空いた、おむつが汚れていて気持ち悪いなど、子どもがして欲しいと感じていることに対して泣く泣き方です。

多くの場合が、「ぎゃーん」と大声を出して泣きわめき、自分の要求が終わるまで泣き続けます。涙を流す子どもも多く、ママとしては早く泣き止ませないと、という気持ちで焦ってしまいますよね。

甘え泣きのときは、ママに甘えたいという気持ちが、強く表れている泣き方です。弱々しい声で、「ふえーん」と泣き出し、ぐずったりする場合もあります。

甘え泣きは、ママを見ると泣き止むことが多いので、本気泣きとはまったく異なります。寂しさから泣くことも甘え泣きの一つですので、ママが声をかけることで、泣き止んだりします。

子どもが甘え泣きしたときの対処法

叱らずに甘えたい気持ちを受け入れよう

子どもの甘え泣きに限度はありません。それは毎日、何回も繰り返すことがあるかもしれません。ママとしては甘え泣きの多さに疲れて、思わず叱ることもありますよね。

甘え泣きは、子どもが純粋にママを求めているときに、発生する行為です。ママに気づいて欲しい、ママが離れて寂しい…子どもはいつだって、ママのことが大好きなのです。甘え泣きは、今しかない、ママと子どものための時間ですから、子どもの気持ちを受け入れてくださいね。

甘え泣きを叱って注意することで、子どもはママに拒絶されたと思ってしまい、心が傷つきママとの信頼関係が崩れることがあるかもしれません。ストレスになる可能性もあるので、ママは気をつけてくださいね。

自分でできることでも一緒に手伝って

甘え泣きをする子どもの中には、毎日できていたことが急にできなくなる、といった行動をとる子どももいます。

歯を磨くこと、くつを履くこと、おもちゃを片付けること、単純なことほど甘え泣きをして、ママを困らせてくるかもしれません。毎回注意することで、ママも疲れを感じてしまいますよね。

この甘え泣きは、頑張る毎日から息抜きをしたい、という子どもの気持ちの表れです。子どもは毎日が学びの日々です。ママから教わることや、保育園や幼稚園で学ぶこと、成長するためにいつだって勉強しています。

子どもにとって、ママは一番甘えることができる存在です。ときには子どもの甘え泣きを認めて、子どもができることでも、一緒に手伝ってあげましょう。

下の子へのやきもち対策にスキンシップを

新しい家族が誕生した場合、子どもが急に、甘え泣きが多くなる場合があります。今までママを独り占めできていたのに、ママが下の子につきっきりになってしまったという、寂しい気持ちや、やきもちから甘え泣きが始まることもあるのです。

下の子へのやきもち対策として、上の子とはできるだけ、たくさんスキンシップを取るとよいですよ。このときのスキンシップは、下の子をパパや家族に見てもらって、上の子とママだけで取りましょう。

ママがそばにいる、ママが自分を見てくれている、という安心感から、甘え泣きが治まる傾向があります。

子どもの気持ちを理解することで、甘え泣きを解消させ、子どもとの関係をより一層深いものにしたいですね。

甘やかしとは違う甘えを受け入れる効果とは

十分に甘えることで思いやりの心が身につく

子どもはいつだって甘えん坊です。生まれたときからそれは始まり、ママに甘えることで、満足できるのです。

いつまでも甘えてくることに対して、このままでよいのか、少し不安に感じてしまうママも多いと思います。ですが、子どもの甘えを受け入れることは、子どもの成長に大きな意味があります。

子どもはママに甘えることで、それまで感じていた寂しさやイライラを解消し、情緒を安定させます。これはママが、子どもの甘えを受け入れることで、初めて機能します。

ママが甘えさせてくれたことで、子どもは気持ちを豊かにし、思いやりの心を身につけることができます。ママの優しい気持ちは、子どもにしっかりと受け継がれていくのです。

愛情を感じて自己肯定感や自立心が高くなる

ママが子どもの甘えを受け入れることは、ママが愛情を持って、子どもと接している証拠です。子どもはそんなママの愛情を感じて、「自分は愛されている」「自分は大切にされている」ということを確認し、自己肯定感を持つようになります。

自己肯定感は、子どもの人を愛する気持ちを育むための、大切な役割を担っています。

また、ママが愛情を注いで育てることは、子どもの自立心を高める効果も期待できます。愛情を感じながら、子どもは自分に自信を持ち、それは自立心へと育っていきます。

子どもが何でも自分でできる子に育ってほしい、と考えているママは、ぜひとも子どもの甘えを受け入れてください。ママの行動は、子どもの成長によい影響を与えているのですよ。

安心感から行動力やチャレンジ精神が育つ

子どもがママに甘えてきたときは、子どもが、「ママに見守ってもらいたい」「ママにそばにいて欲しい」という、安心感を求めていることがあります。

どんなことでも、子どもにとってはすべてが初めてです。初めてに挑戦するためには、ママの助けは必要不可欠ですし、精神的な支えにもなっているのです。

ママに甘えることができるという安心感から、何でも挑戦してみようという行動力や、失敗してもがんばろうというチャレンジ精神が育ちます。

子どもが大きくなるにつれて、いろいろなことを体験している姿は、ママも応援したくなりますよね。子どものその行動力やチャレンジ精神は、ママがいてこその賜物です。子どもが甘えてきても、全身で受け止めてあげたいですね。

まとめ

「甘え」と「甘やかし」は、似ているようで、意味がまったく異なります。「甘え」は、子どもが甘えてくること、「甘やかし」は、ママが過保護に接することです。主体となる人物が、子どもかママかの違いは、子どもの成長に大きな差が生まれます。

子どもの甘え泣きは、決してわがままではありません。成長の過程に必ず生じる甘え泣きは、ママと子どもの絆を深めてくれます。ママの包容力を生かしながら、子どもを大いに成長させられるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018