就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

帰宅時間の遅い共働きの家庭。負担を減らす工夫や実践方法をご紹介

帰宅時間の遅い共働きの家庭。負担を減らす工夫や実践方法をご紹介

どうしても帰宅時間が遅くなる共働き家庭において、家事・育児・仕事の負担をいかに軽くするかは永遠のテーマですよね。毎日の忙しさに追われて行き詰まってしまう前に、少しでも家事や育児の負担を減らすことはできないものでしょうか。その解決方法を考え、ご紹介していきます。

帰宅時間の遅い共働きママの悩みごと

毎日忙しく追われている

ただでさえ小さい子どもを育てているママの毎日は大忙しです。料理、掃除、洗濯などの家事を順次こなしながら、子どもの世話をしたり話を聞いたり、遊び相手になったりと、毎日がまさに目のまわるような忙しさでしょう。

そこに加えて仕事をしているママは、朝は保育園へ持っていくものの準備や送迎、帰宅後は食事の世話や寝かしつけなど、さらに効率よくこなしていかなければなりません。パパが多忙で協力が得られない、両実家が遠くて頼れる人が身近にいない、というワンオペ育児のママであればなおさら、ストレスのたまる毎日ですよね。

ママ自身が趣味を楽しんだりゆっくり本や映画をみたりする余裕もないほど、常に時間に追われているという共働きママは少なくないのです。

仕事も家事も子育ても手がまわらない

仕事をしているママは毎日が分刻みのスケジュールですよね。自分が楽しんだり休憩したりすることは後回しにして、常に家事・育児・仕事に追われているというママはめずらしくないでしょう。

帰宅後に晩ごはんをつくる余裕がないからと朝はやく起きて夕食の下ごしらえをしたり、子どもの寝かしつけを終えてから持ち帰った仕事をこなしたりするなど、自分の時間を犠牲にしてやりくりしているママは少なくありません。

しかしそれだけの努力をして仕事を続けていても、保育園のお迎えや子どもの体調不良のために仕事を中途半端に切り上げなければならないことも多く、集中して仕事に打ち込めないこともあるでしょう。共働き家庭において、すべての物事をママ一人でこなすことは無理があるのです。

家事や育児にパパのサポートが欲しい

小さい子どもを育てているワーキングママの毎日は、朝から晩まで大忙し。家事や育児の負担を少しでも軽くするためにはパパの協力が欠かせません。

しかし多くの共働き家庭において、家事や育児の負担割合はママに集中しているというケースが少なくありません。「ママの方が帰宅時間が早い」「パパが出張などで不在がち」といった理由から、ママ1人でこなしていることが多いのです。

「イクメンパパ」という言葉があるように、比較的家事や育児に協力的な男性が増えてきたとはいえ、「やってほしいことを手伝ってくれない」「家事や育児に加えて、仕事までやっていることへのいたわりや感謝の気持ちが感じられない」と、パパのサポート不足を嘆いているママは多くいるのです。

共働きで帰宅時間が遅いなら意識してみよう

帰宅時間の遅い共働き家庭の子どもへの影響

帰宅後のスケジュールを息つく暇もなくこなさなければならないワーキングママは、常にバタバタと大忙しです。「毎日笑顔で子どもの遊び相手をしてあげたいな」とは思っていても、ご飯をこぼされたりおもらしをされたりしたときには、ついガミガミ怒ってしまうこともあるでしょう。

どうしても帰宅時間が遅くなる共働き家庭において、寝かしつけまでの限られた時間の中で、さまざまな家事をこなさなければならないママは心の余裕がなくなりがち。「子どもの心に悪影響を及ぼすのではないだろうか」と不安になることもありますよね。

子どもと過ごせる時間は少なくても、毎日5分間は子どもの話に耳をかたむけ、「ママはあなたが大好きよ」と言葉や態度で愛情を伝えていけば大丈夫ですよ。

夫婦の間の報告、連絡、相談をしっかりと!

共働き家庭において家事や育児の分担は必須です。しかし、「パパに家事をお願いしたいけれど、帰宅時間が遅いからつい遠慮してしまう」と、ついママばかりが負担してしまうケースは多いでしょう。

ママ自身が笑顔で楽しく子育てをするためにも、不満を抱えたままでいるのはよくありません。「家族みんなが笑顔で毎日を過ごせるようにする」ためには、夫婦で互いに意見を出し合い、小さな問題も一つ一つ解決して乗り越えていくことが大切です。

保育園に預けているお子さんが熱を出したときなどでも、決してママ1人で解決しようとせず、「熱が出たみたい」「しばらくお休みさせないと」「いつなら会社休める?」と夫婦で報告、連絡、相談をしながら乗り切っていくことが大切ですよ。

時間管理を意識してみよう

日々の忙しさに追われるあまり、つい目の前の課題にばかり気を取られてしまうかもしれませんが、より効率的に家事・育児・仕事をこなすには以下のような「時間管理」を意識することが大切です。

1.優先順位を決める
限られた時間の中で、すべてのことをこなすことは難しいですよね。やるべきことを緊急性の高い順に予定に組み込みましょう。

2.予定を立てる
その日やるべきことをTo Do Listに箇条書きで書きだし、その後に時間軸に沿って優先順位をつけながら順序を決めていきます。毎日の予定と同様に、一週間単位や1カ月単位の予定も立てておくと先の見通しが持ちやすいですよ。

3.予定をシンプルにする
一度予定表を見返してみて、不必要な予定があれば減らしましょう。

共働きの負担を減らして余裕を生む方法

料理は時短で工夫、洗濯物はハンガーで整理

「仕事をしていても、家事や育児を手抜きしたくない」と思うママは多いかもしれませんが、限られた時間の中ですべてのことをママ1人でこなすのは無理があります。パパの協力が得られればよいのですが、難しい場合もあるでしょう。

忙しい共働き家庭において家事の時短は必須事項です。多少の金銭的な負担はありますが、以下のような工夫をすることでずいぶんと平日の家事の負担を減らすことができますよ。

・ロボット掃除機で床掃除を済ます
・食事の後片付けは食洗機にまかせる
・洗濯は乾燥機能付き洗濯機におまかせする
・週末に作り置き料理をまとめて作って保存しておき、夕食の調理時間を減らす
・洗濯物はたたまず、ハンガーにかけたまましまう

ファミサポや親にも頼ってみよう

「ママだからしっかりしなくちゃ」と思うあまり、つい頑張りすぎて体力的にも精神的にも疲れてしまうママは多いもの。パパの帰宅時間が遅く家事や育児の分担が難しい場合には、周りの方にサポートしてもらうことも必要ですよ。

実家が遠方であればなかなか来てもらうことは難しいかもしれませんが、たまには旅行がてら親に遊びに来てもらうとママも精神的に楽になりますよね。テレビ電話で会話をする、地元の慣れ親しんだ特産品や保存食を送ってもらうのも助かりますよ。

また、お住まいの地域の子育て世帯をサポートしてくれる制度も活用しましょう。ファミリーサポートに登録して保育園への送迎をお願いする、複数の病児保育に登録しておいて子どもの体調不良に備える、などは必要です。

週末は家事代行を頼んで子どもと遊ぼう!

平日に時間に追われた生活をしていると「休みの日ぐらいはゆっくりしたい!」という気持ちになりますよね。日頃忙しい共働き家庭においては、家事代行サービスを利用して、休日を家族サービスにあてたり自身のリフレッシュに活用したりしている家庭が増えているようです。

家事代行サービスは1時間あたり3,000円ほどのところが多く、気軽に利用できるものではないかもしれませんが、家事のストレスからたまに解放されるためにも必要な出費かもしれませんね。

「あれをやらなきゃ」「これもしなきゃ」と常に頭の片隅に家事のことを思い浮かべていると精神的に追いつめられてしまいます。辛いときや疲れてしまったときに頼れるところがあると思うだけでも精神的に楽になりますよ。

まとめ

共働き家庭のママは家事・育児・仕事のやりくりに常に大忙しですが、自身で時間の管理をしたり、パパと協力し合ったりすることで解決できることもあります。

また、夫婦だけでなんとかしようとせず、ときには親や行政、家事代行やファミリーサポートなどの便利なサービス、時短家電などに頼ることも大切です。

記事を参考にぜひママの負担を少しでも減らし、空いた時間を家族サービスやパパやママのリフレッシュに当ててくださいね。笑顔で働き、子育ても楽しめるママが素敵ですよ。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018