就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てと仕事の両立は難しい?正社員で働くメリットとデメリット

子育てと仕事の両立は難しい?正社員で働くメリットとデメリット

子どもの出産後、職場復帰するか?子どもとの時間のために退職するか?正社員として働いてきたママは子どもができたとき、判断を迫られます。出産後に正社員として働くメリットとデメリットを紹介させていただきますので、判断するための材料になれば良いなと思います。

正社員で仕事を続けるメリットは大きい!

世帯年収がアップ!生活が安定する

子どもが生まれると、養育費に莫大な費用がかかります。生活費の増大だけでなく、子どもの衣服や学費など、目に見えない出費も大きいものです。

自治体からの補助金など、色々な支援が増えてきているとはいえ、パパだけの収入だと今後の生活が不安という家庭も多いのではないでしょうか。

その点、ママが正社員だと収入は二人分。世帯年収がパパと合わせて倍近くになれば、生活が安定するので、子どもの学費やマイホーム等、将来的なマネープランが立てやすくなります。

パパの仕事も絶対ではありません。倒産やリストラ等のリスクもあるかもしれません。その点、ママが正社員であるときの世帯収入アップは大きなメリットの1つといえますね。

雇用が安定しているので長く働ける

正社員で働くということは、長期的に働くことができるメリットがあります。

契約社員やパート社員は、会社の都合で契約を打ち切ることができますが、正社員は解雇するための事由がない限り、簡単に解雇することはできません。

そのため、せっかく慣れてきた職場なのに、契約打ち切りで、また新しく仕事を探さなければいけないというようなリスクが少なくなります。

また、長期的に働けるということは、毎月の給与のベースアップやボーナスの支給、有休休暇の取得など、パート社員にはない特典も数多くあります。

慣れた仕事をなるべく長く続けられることは、生活習慣や収入を安定させることができるので、これもまたメリットといえるのではないでしょうか。

子どもと適度な距離感で子育てできる

「子どもとなるべく長い時間一緒にいてあげたい」、「子どものことを考えると専業主婦の方が良い」というママもたくさんいますが、一日中子どもの世話をし続けることは、とても大変なこと。

産後うつ、育児ノイローゼという言葉に代表されるように、子どもとの距離感が近すぎるとママ自身への肉体的・精神的な負担も大きくなってしまいます。

その点、正社員として早い段階から職場復帰をすると、子どもと離れている時間を得ることができます。仕事をしている時間は、育児や家事のことを忘れて、仕事に没頭することができるのです。

子どもと離れているからこそ、一緒にいる時間は優しく接することができたり、愛おしく思える時間が増えるというママもたくさんいるのです。

正社員で仕事を続けるにはデメリットもある

精神的・肉体的負担が増加する

正社員として働く場合、どうしても我慢しなければいけないデメリットは時間です。自分の時間、ほっと一息つける時間を確保するのが大変かもしれません。

朝早く起きて、自分の準備、子どもを保育園へ送る準備、洗濯などの家事を朝済ませる。そして、会社が終われば子供を迎えに行って、夕飯の準備、お風呂、子どもを寝かせる準備。

一日中やるべきことがたくさんあるので、精神的・肉体的な負担が増加します。正社員としての仕事のストレスや疲労も蓄積されてくるでしょう。

ストレスや疲労によるリスクも考える必要がありますので、完璧に全てをこなそうとするのではなく、少しずつ手を抜く工夫をしながら、育児・家事をすると良いでしょう。

急な子どもの発熱などに対応しづらい

子どもは急に体調を崩すものです。今日の朝は元気だったのに、保育園からの電話で急な発熱で迎えにきてほしいということは、年に何度かあると考えておかなければいけません。

正社員として働くということは、業務に対しても、勤務時間についても責任を負う必要があります。子どもへの理解ある職場というのは、増えてきてはいるものの、まだまだ少ないのが現状です。

ママが正社員として働く場合は、どうしてもすぐにママが対応できない場合も想定しておく必要がありそうです。

パパが迎えに行く、おじいちゃんおばあちゃんなどの親族に頼む、どうにか同僚や上司の理解を得て早退をする。毎日いくつかの選択肢を用意しておいて、準備しておくと良いでしょう。

保育料などで支出が増えてしまうこともある

保育料は認可保育園・認可外保育園によっても異なりますが、認可外の場合は高額となる場合もあります。

正社員だと残業の可能性もあり、延長保育を頼むと通常の保育料と別に、延長時間分の出費が発生し、割高になることも。

また、パパの扶養家族からも外れることになりますので、保険料や税制面の優遇措置を受けることができなくなるのは、正社員のデメリットの一つといえるでしょう。

一生懸命働いた挙句に、保育料や税の優遇がなくなったことで、プラスマイナス0に近いということでは、働いているメリットがなくなってしまいます。

正社員として働くからには一定以上の収入を得る。そして、保育料をきちんと計算して、プラスになるような計画を事前に立てておくことが重要になってきますね。

子育てを機に仕事を辞めて後悔する人もいる

子育てが落ち着いて再就職は簡単ではない

一旦退職してしまうと、自分の希望に合った仕事を探すのも大変なもの。ましてや、正社員となると、子どもの小さいうちに再就職は更に難しくなります。

雇用する側の企業としては、もともと働いていた社員が育児休暇を取って、復帰するのであれば理解がある会社は多いものです。しかし、ブランクがあったり、子どもや家庭の事情で欠勤のありそうなママを、新しく正社員として雇用することには、まだまだハードルが高いのが実情です。

収入面でも一度退職してしまうと、正社員としての雇用が決まっても、退職前と同じような収入を確保するのは難しくなります。

後悔しないように、退職する前にはよく検討してみることが大事ではないでしょうか。

正社員を続けるには旦那さんの協力は必須!

正社員として働くことはパパの理解がなくては困難です。ママも同様に正社員で働くということは、育児だけでなく家事についても、分担して行わないとママの疲労がたまってしまいます。

パパが亭主関白で、仕事から帰ってきたらご飯ができているというような家庭を求めている状況では成り立ちません。パパ自らがご飯を作ったり、買い物に行ったり、主体的な行動が必要になります。

ママが専業主婦であれば、やっておいてくれる家事を行わなければいけないというのは、いまだに理解してくれないパパも多いものです。

パパとママが対等に育児と家事を行うような環境と理解があってこそ、ママが正社員として働くことができるのです。正社員を続けるかはパパともよく相談してから判断しましょう。

まとめ

以上のように、正社員として働くということは、メリットとデメリットがあります。どちらが良いかということは、その家族の環境によって異なってくるものです。

メリットとデメリットを理解した上で、パパや親族、そして職場などに相談をして、周囲の協力や理解を得ることができるかどうかが大切ではないでしょうか。

そして、正社員として働くと決めたときは、ママ自身が無理をしすぎないようにして、日々の生活を計画的に過ごすことが、うまく立ち回るコツといえそうです。


関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018