就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てママの仕事探し!パートの探し方と両立ママのテクとは

子育てママの仕事探し!パートの探し方と両立ママのテクとは

子どもが幼稚園などに行って1人の時間ができたら、昼間だけパートしてみようかな、と考えるママは多いのではないでしょうか。「家事に支障が出ない程度に働きたい」「子ども第一だから、融通がきくパートがよい」などの条件がいろいろありますよね。ここではそんなママに向けた、パート探しや両立の方法をご紹介!無理をしないでできる、理想のパートを探しましょう。

子育てママ向け求人情報はどこで探す?

ママ向け求人情報サイトを有効活用

ネット求人サイトはたくさんあり、どれを利用していいか迷ってしまいますよね。その中でも、主婦や女性向けの求人サイトがおすすめです。女性ならではの視点での条件検索が魅力的です。

希望時間や職種など希望はいろいろあると思いますが、どの仕事でも、同じようなママが多く働いている職場がよいと思います。子どものことで急に休むことになっても、ママ同士なら気持ちもわかりますし、逆の立場になっても思いやれると思います。そういった環境を売りにしているパート先もありますよ。

検索サイトは1つに絞らず、いろいろなサイトで検索してみるとよいでしょう。重複している求人もありますが、中には特定のサイトにしか載っていない仕事もあるので、よく調べてみましょう。

マザーズハローワークなら相談も出来る

職業安定所・ハローワークは、国が運営していて無料で利用できるので、利用したことがあるママもいると思います。中には前職退職後、失業保険をもらいに通ったママもいるのではないでしょうか。

マザーズハローワークは、子育てをしながら働くことを希望している人を対象にしています。すべてのハローワークにあるわけではないので注意が必要です。各都道府県に数か所設置されているようですので、行きたいハローワークに設置されているか、調べてから行きましょう。担当者がつけば予約も可能です。

子育てしながら働ける求人を多く取り扱っていますし、保育園の情報も教えてくれます。また子ども連れでも行きやすいよう、キッズコーナーを設置しているので、安心して子どもを連れていけますね。

 地域情報はチラシや張り紙もチェック

自宅近くでパート先を探す場合、新聞チラシや、よく行くショッピングセンターなどの張り紙は要チェックです。

新聞チラシの求人は近場の場合が多いので見逃さないようにしましょう。お店や工場など、行動範囲内だけど知らなった会社がある場合もあり、一見の価値ありです。応募の前に場所などの下見も、散歩のついでといった気軽な気持ちでできるでしょう。

ショッピングセンターなどでは、常にいろいろなお店の求人が貼られています。よく行くショッピングセンターがある場合、おすすめのパート先です。こういった場所でのパートなら、帰りに買い物をするなど時短になり、パート以外のメリットもあります。流行にも敏感になれそうですし、新しい刺激をもらえて楽しめるのではないでしょうか。

子育てママにはどんなパートが向いている?

シフト制ならスケジュールを組みやすい

子どもの習い事や病院への通院など、予定はその日によって違います。固定勤務だと自由がききにくいため、シフト制の仕事がおすすめです。シフト制には、月ごと、2週間、1週間、中には当日可など自由度が高いものまでさまざまです。

毎月配られる園や学校の予定表を見ながら、ママの働ける時間を決められるシフト制は助かりますね。行事があまりないから多く働ける月、予定が多いからあまり働けない月、と月によって違いますので、シフト制だと調節が可能です。

シフトのメリットは自由に組めることですが、デメリットもあります。自分が希望する時間や曜日に他の人も希望している場合、どちらかしか入れないのです。シフトが削られると想定してる給料がもらえないので、家計に響く恐れがあります。

時短勤務、近場の職場が理想

子どもが幼稚園の時間だけ、となると働ける時間が限られます。通勤時間が長いと勤務時間が減ってしまうので、家から近くの職場がよいでしょう。子どもが急に熱を出した、などすぐに帰らなければならない場合もあるかもしれません。すばやく迎えに行ける近場は助かります。

電車通勤をする場合、交通費支給があるかどうか確認しましょう。交通費に上限がある場合や、支給がない場合もあります。近所のパート先だと知り合いによく会ってしまいそうで恥ずかしい、と思うようでしたら、2、3駅ほど離れた場所で探してみましょう。通勤時間は短いほうが負担も減らせます。

近場でパートしているママ友がいたらリサーチしてみましょう。ママでも働きやすい環境である可能性が高いのでおすすめです。

条件緩和は直接交渉しよう

パート勤務の場合、扶養内での働き方が多いと思います。子どもの学校や園行事、風邪を引いて急に休まなくてはならない場合、融通してくれる職場を選びたいですよね。

パート先を選んでいて、掲載内容に気になるところがある場合、まず電話で確認するとよいでしょう。例えば勤務時間や日数など、提示されているものより少なくなってしまう場合もあると思います。面接希望の連絡のときに先に確認して、可能かどうか聞いておくと安心です。

最初の面接時、採用されるために自分の許容範囲を超えることは言わないようにしましょう。がんばればできるかもと思っても、無理は禁物です。逆に「週2以上は無理です」などマイナスなことはあえて言う必要はありません。「週2は必ず出られます」など言い回しも大切です。

 パートと子育てを両立するママのテクニック

家族の協力は欠かせない!

空いた時間にパートとはいっても、ママが仕事を始めると家事などの負担が重くなるでしょう。家族の協力は必須です。簡単なことからお願いして、ママの負担を減らしていきましょう。事前によく相談することが大事です。

パートをしたいというママの気持ちをパパに伝え、夫婦で話し合いましょう。パパの協力が得られれば心強いと思います。家事を分担して、パパが負担だと感じない程度に協力してもらいます。

パパだけでなく、この機会に子どもにもお手伝いを教えてみてはどうでしょうか。例えばお米とぎは、事前にやってもらえたら助かる仕事の1つだと思います。他にも簡単なお手伝いから始めて、戦力になってくれると嬉しいですよね。このように、家族の理解がとても重要です。

時短テクは徹底利用しよう

今までマイペースでよかった家事が、効率的にこなさなくてはならなくなります。慣れるまではとても大変です。手間をかけられていた部分ができなくなると、手を抜いていると感じてしまうママもいるのではないでしょうか。

買い物の時間は簡単に短縮できます。以前からある宅配サービスの他に、大手スーパーではネット注文ができるなどとても便利です。パソコンからだけではなくスマホから手軽にできるので、子どもが赤ちゃんのとき活用していたママも多いのではないでしょうか。重いものも運んでくれますし助かりますね。

日々の料理を、休みの日にまとめて作って冷蔵・冷凍保存をすれば、平日の夕食の準備がかなり短縮できます。パパに協力してもらえればパパも料理を覚えるよい機会になりますし、子どもに料理を教えるきっかけにもきっかけつながるのではないでしょうか。

大切なのは、頑張りすぎないこと

パートをするからには家事はおろそかにしない、と考えてしまいますよね。でもすべてに全力だと疲れもたまりやすくなり、体を壊してしまうかもしれません。全部を完璧にしようとしなくてよいのです。

掃除の回数を減らしてみたり、食事を買ってきたお惣菜にしてみるのもよいでしょう。すべて買ったもので罪悪感があるようなら、簡単なものだけ手作りしたり、手作りキットを活用してみてはいかがでしょうか。

幼稚園では預かり保育を実施している園があります。就業が理由の場合お願いしやすいので、使ってみましょう。その間に家事をしたり、少し休んでリラックスしたりすれば、子どもを笑顔でお迎えできると思います。

まとめ

子どもが手を離れるまで、家での育児をがんばってきたママ。子どもとの時間は楽しくて大事だけれど、離れる時間ができたことで自分の時間になります。自分だけの時間をパートの時間として活用してみましょう。

外でたくさんの人と会い刺激をもらったり、お金を稼ぐことで社会に貢献できる。そして子どもと離れている時間ができたことで、より一層子どもを愛しく思えるのではないでしょうか。

すべてを自分だけでやろうとせず、家族に甘えてください。がんばりすぎず、上手に両立をめざしてくださいね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018