就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

共働きこそ家事の工夫を!ストレスフリーで過ごすためのコツ

共働きこそ家事の工夫を!ストレスフリーで過ごすためのコツ

共働きをしながら子育てをしていると、毎日とても忙しくてストレスが溜まってしまいがちです。少しでも家事の工夫をして、日常の手間を減らしたいものですね。そこで今回は、共働き家庭のために、料理で工夫したいことや掃除や洗濯の時短テクニックについてご紹介しますね。ぜひ参考にしてみてください。

毎日のストレスと手を切ろう【料理の工夫】

下ごしらえ次第で料理は劇的に楽になる

仕事後に子どもを園に迎えに行ってから帰宅、そして夕食の準備を一からすると食事の支度に手間も時間もかかってしまい、ママのストレスも増えてしまいます。子どもがお腹を空かせている場合、「ママ、お腹空いたー」との声に焦りながら準備することもあるでしょう。

ママの仕事がお休みの日に、1週間分の食材をまとめて下ごしらえしておくのもよいですね。たとえば包丁でカットして使う野菜は、休みの日にまとめて刻み、それぞれチャック付きのビニール袋にいれて冷凍しておきます。

また、茹でて調理する野菜は、炊飯器でお米を炊くときにお米の上にクッキングシートを敷き、その上に洗った野菜を乗せて一緒にスイッチを入れると、お米と一緒に茹でることが可能です。

毎日ちょっとだけ下ごしらえの貯金をする

調理をするとき、今日は使う予定がない野菜などもついでに切っておくと次回役立ちますよ。切っておけば毎回まな板と包丁を出して洗う手間も省くことができます。

野菜は切ったら冷蔵ではなく、チャック付きのビニール袋に入れて冷凍しておくと水分が蒸発しません。また、ついでに買ってきた肉類をまとめて調味料に漬けて冷凍しておくと、使うときには味も染み込んでおりすぐに調理することができるので便利ですよ。

特に肉類は、調味料に漬けて保存しておくと肉のうまみ成分が逃げにくいので、試してみてくださいね。冷凍庫に保存したら1カ月以内に食べきるようにしましょう。だしなども一度作ったら、小分けにしてタッパーなどに入れて冷凍しておくと、いつでもすぐに使うことができます。

火を通すことに電子レンジを活用する

どの家庭にも、電子レンジはありますよね。野菜や肉に火を通す必要があるとき、電子レンジを活用するとママの手間も省けて時短になりますよ。

たとえばジャガイモを茹でるとき、鍋に水を入れて茹でるととても時間がかかってしまいます。しかし電子レンジ用の蒸し器などに入れて蒸すと、ほんの数分でできあがりです。電子レンジ用の便利器具は100均でも色々と見つけることができるので、チェックしてみてくださいね。

お肉などもフライパンで最初から焼くと、外側には焦げ目がついているのに中はまだ完全に火が通っていないということもありますよね。そんなとき、最初に少し電子レンジで火を通してから、フライパンで外に焼き目をつけると簡単です。

汚部屋よさらば!【掃除の工夫】

床にものを置かないようにする

子どもがいると、床の上におもちゃが散らかっていたり、絵本が置かれていたりすることってありますよね。最初は片づけようと思っていても、ついそのまま数日が過ぎてしまい、気がつけば床の上にものがいっぱい置かれているという状況になってしまいがちです。

床にものが置かれていると、掃除機をかけるたびに片づけをしなければならないので手間もかかり、憂うつになってしまいます。そこで普段から、できるだけ床にものを置かない習慣を身につけるようにしましょう。

普段から床の上がすっきりとしていると、ちょっとものが落ちているだけでも気になり、自然とこまめに片付けるようになります。子どもやパパにも説明して、できるだけ協力してもらうようにしたいですね。

お風呂に入りながら掃除も済ませる

お風呂掃除ってちょっと面倒ですよね。共働き家庭によっては、お風呂掃除の日を決めて、その日に集中して掃除するという家庭もあるようですが、毎日お風呂に入ったついでに少し掃除をするだけで、汚れも溜まりにくくなりますよ。

たとえば、湯船についてしまった湯垢、固まってしまうとなかなかこすっても落ちずに腕も疲れます。湯垢は温かいうちにとり除く方が楽なので、お湯を抜く前にさっとスポンジでこすって流すようにしましょう。

浴室のタイルなどのカビが気になる場合は、お風呂上りにシャワーで冷水をかけて浴室内の温度を下げるようにすると、カビの繁殖を少し防ぐことができますよ。浴室内の窓や鏡についてしまった水滴も、乾いたタオルでさっと拭くだけで水垢を減らせます。

掃除道具は減らして取りやすくする

きちんと掃除をしようと思うと、まず目的別に掃除道具を揃えなければと思っているママもいることでしょう。しかし掃除道具がたくさんあると収納場所にも困りますし、ごちゃごちゃとして片付けるのも大変です。

掃除道具は最低限のものだけを常備し、思いついたらいつでも気軽に掃除できるよう取りやすい場所にセットしておくように心がけましょう。たとえば、お風呂上りに浴室の曇った鏡や窓を拭くのなら、雑巾でなくても洗濯前のフェイスタオルを使うことができます。

油で汚れたフライパンなどは、丸めた使用済みのラップでこすれば洗剤なしでもキレイに洗うことができます。スポンジが油でギトギトしてしまうこともないので、便利ですよ。

小さな手間を徹底カット!【洗濯の工夫】

洗濯から干場までの移動回数を少なくする

毎日洗濯機を回さないと洗濯物が追いつかない、という家庭もあると思います。出勤前や帰宅後に忙しい時間の合間をぬって洗濯機を回しているママも多いと思いますが、干場までの移動回数が多いと時間と労力のロスになってしまいます。

洗濯物を洗濯機に取りにいくために何度も往復するのではなく、洗濯機の横に大きなかごを置いて、洗いあがった洗濯物をいったんまとめてそのかごに入れてしまい、干すためのハンガーなどと一緒に干場へ運んでしまえば、何往復もする必要がなくなりますよ。

干場までの距離が短くできるよう、洗濯機の位置を変えるのも時短に繋がります。洗濯ばさみやハンガーなども洗濯機の横にまとめておき、干すときに運びやすいようセッティングしておきましょう。

洗ったら使うのサイクルで予備を持たない

乾いた洗濯物を取り入れて、畳んでから収納場所にしまうというステップを減らしてみるのも洗濯の時短につながります。たとえば、バスマットやトイレ内のタオルは、最低限の枚数を用意し、必要以上に予備をもたないようにすると、手間が減りますよ。

バスマットは朝洗濯して干しておけば、夜の入浴時には乾いているのでそのまま床に敷いて使うことができます。トイレ内のタオルも軽く手をふくだけなので、洗濯したタオルが乾いたら今かかっているものとそのまま交換するだけで、畳んで片付ける手間を省くことができます。

今まで必要だと思っていたものも、本当にその枚数必要なのかなど見直してみると収納場所の節約と洗濯後の時短につながりますよ。

洗濯物はハンガーのまま収納する

乾いた洗濯物を取り入れて、仕分けしてすべて畳もうとすると意外と時間がかかってしまいます。特に疲れているときは、洗濯物を畳む気にもならずそのまま積み上げたまま翌日に持ち越し、ということもあるでしょう。

型崩れしにくいシャツや特にアイロンがけが不要な物などは、ハンガーに干し、乾いたらそのままクローゼットに収納すると便利ですよ。畳みシワもつきませんし、服を選ぶときにも一目瞭然なので一石二鳥です。

特に子どもの服はサイズが小さく畳むのにも時間がかかってしまいます。子ども用ハンガーなどを利用して、干したらそのまま収納するとよいでしょう。子ど用ハンガーは100均などでも手ごろに手に入るので、本数を揃えておくと便利ですよ。

まとめ

今回は、共働きのママとパパのために、料理や掃除、洗濯を時短で済ませるための方法やコツについてお話ししましたが、いかがでしたか?日常の中で、ちょっとしたことに気をつけるだけで家事の負担も減らすことが可能です。

浮いた時間で少し休むこともできますし、子どもの遊び相手をする時間を持つこともできます。ママの負担が大きくなりすぎないよう、パパと一緒に上手に家事分担しながらお互い支えあって育児を楽しんでいきたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018