就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママのベストな働き方とは?育児と両立できる働き方とコツ

ママのベストな働き方とは?育児と両立できる働き方とコツ

お子さんの入園や入学を機に、そろそろ働きたいと思うママも多いですよね。ですがどんな職種や働き方がいいのか、育児と仕事が両立できるかなどママが働く事への心配は尽きないもの。今回は色々な働き方のメリットとデメリットや、育児と仕事の両立のコツをご紹介します。

ママの働き方は何を重視するかで決める

安定性重視!正社員で働く

正社員として働く事の魅力はその安定性です。社会保険にて保障が受けられますし、労働組合にも加入する事が多く、突然解雇される心配は非正規雇用(パート、アルバイト)に比べて少なくなっています。

ボーナスや退職金がもらえる正社員と非正規雇用では、生涯賃金に2倍の差があるとも言われています。子どもの進学などでどんどん教育費もかさみますし、将来に備えたいママには年収が高く、自身のスキルを積む事もできる正社員は魅力的です。

産休育休など女性にはありがたい制度もありますよね。しかし正社員として働くという事は、勤務時間や仕事上の責任が増えるという事でもあり、必然的に子どもと過ごす時間や家事をする時間が少なくなるというデメリットもあります。

勤務条件重視!派遣やパートで働く

派遣やパートとして働く事のいい所は、ある程度勤務条件に融通が効く所です。子どもが保育園に行っている間の短い時間だけ、週に2、3日のみなど自分の希望条件に応じて仕事が探せます。

面接時に伝えておけば、子どもの熱などで急に仕事を休まなくてはならない時でも理解を示してくれる職場も多くあります。同僚に同じ様な小さい子どもを持つママも多く、お互いにシフトを代わったり、働くママの悩みを共有できたりする事も嬉しいですよね。

また派遣やパートの仕事の募集は多いので、新しい職種にチャレンジする事もできます。ただ正社員と比べると時給制である為賃金は少なくなってしまいますし、簡単な仕事が多くスキルは積みにくいかもしれません。

自分のペース重視!在宅で働く

働きたいママの憧れの職種が在宅ワークです。家から出る事なくお金を稼げる、職場での煩わしい人間関係もない、と人気の在宅ワーク。

働くママにとっては、子どもの体調不良の時の仕事をどうするかが最大の心配事ですよね。在宅で仕事ができれば、子どもの体調や行事予定に合わせて自分で仕事のペースを調整する事ができます。

煩わしい身支度もいらず、家で仕事ができる在宅ワークはとても魅力的ですが、自分でしっかりと仕事のペース配分を調整できる自己管理能力が求められます。

特別なスキルがないと単価の安い仕事が多く、なかなか稼げないという悩みもよく聞かれます。確定申告など税金関係の処理も自分で行わなければならない事も多いので注意が必要です。

赤ちゃんもママもストレスフリー!「コンビミニ」ワンタッチシリーズ

PR

これから産まれてくる赤ちゃんのための出産準備。そこで欠かせないのが、新生児ウェアです。1日に何回も繰り返す着替えやおむつ替えだからこそ、赤ちゃんの負担は最小限にしたいもの。なおかつ、簡単&楽ちんにできたら言うことなし!ですよね。そんなワガママに応えてくれるのが「コンビミニ」のワンタッチシリーズです。

ママにおすすめ!育児と両立しやすい職種

コールセンターでのテレオペ、テレアポ

コールセンターの仕事は、常に募集が出ている事が多くママにも始めやすい職種です。他のパートと比べて時給はやや高めの事が多く、パートでもがっつり稼ぎたい!というママに人気となっています。

お客様からの問い合わせに電話で答えるコールセンターの仕事は、顔が見えない分きちんとした言葉遣いや正しい敬語が必要となり、話し方のスキルも身に付きます。受け答えのマニュアルがある事が多いので、未経験のママにも始めやすい職種と言えます。

仕事が終わってから家に帰ると、家事で動きっぱなしになってしまうママには座り仕事であるのも嬉しいポイントですよね。服装や髪型の決まりも厳しくない職場が多く、おしゃれを楽しむ事もできます。

工場や倉庫での軽作業、ライン作業

工場勤務は簡単な単純作業が多く、特別な経験やスキルを必要としないのですぐに仕事を始める事ができます。また未経験者の募集も多いので、採用されやすい傾向にあります。

女性が多い職種である為、子どもの行事予定などに応じてシフト希望にも柔軟に対応してくれる傾向があるので、子育てしながら働くママにはありがたいですよね。黙々と作業をこなしていく事が多いので、1人で集中して作業をこなしたいというタイプのママには向いた職種です。

工場機械の稼働時間が終われば作業は終了なので、残業になる事も少なく家でゆっくり子どもと向き合う時間を取る事ができます。幅広い年齢層の女性が働いている為、働くママの悩みを理解してくれる先輩ママも多いようです。

カフェやレストランでの接客

ランチタイムなど、繁忙時限定の募集が多い飲食店での接客。短時間のみ働きたいというママにはぴったりの仕事です。

子育て中のママが多い職場なので、急な休みやシフト変更も互いに協力しあえますし、子育てや保育園などに役立つ口コミを教えてもらえたりというメリットもあります。

きちんとした接客マナーや言葉遣いが身に着く為、子どもを通じて沢山の人とお付き合いする必要のあるママは仕事のスキルを実生活に活かす事ができますね。

接客業は土日は休めないイメージがありますが、交渉次第で融通の効く職場も多いようです。また働く人の年齢層も幅広いので色々な年代の人と話せたり、お客様と仲良くなったりと人間関係の幅も広がります。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版