就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママの勉強はスキマ時間に!将来役立つ資格と勉強のコツを紹介

ママの勉強はスキマ時間に!将来役立つ資格と勉強のコツを紹介

就職に役立つ実用的なママ向けの資格

意外に難易度低め「医療事務」

病院に行くと、受付にいるスタッフが診察券やカルテの管理、診察の予約、医療費の計算などしていますよね。このお仕事がいわゆる「医療事務」です。

病院にとって医療事務はなくてはならない存在です。大きな病院をはじめ、小さな町の医院など、日本のいたるところで働ける可能性があるので、転勤の多い家庭の場合でもママが次の職場を見つけやすいのが大きな利点のひとつとなっています。

平均的な勉強期間は6カ月程度といわれており、試験は年に12回も開催されています。合格率は約70%となっており、決して難易度の高い資格ではなく、誰にでもチャレンジしやすい資格のひとつです。

仕事柄、医療保険や医療費についての知識も得られるので、家計を守るママには一石二鳥の資格です。


薬剤の知識も身につく「調剤薬局事務」

調剤薬局事務の仕事とは、患者さん相手に薬の会計はもちろんのこと、来たことのある患者さんなら前回の薬と見比べて処方箋をチェックしたり、新規の患者さんには問診票の記入をお願いしたりします。お薬手帳の作成や記入された書類のデータ入力も調剤薬局事務の仕事です。

患者さんから受け取った処方箋を薬剤師に渡したりなど、薬局において患者さんと薬剤師の橋渡し的な存在でもあります。調剤薬局事務の仕事をすると、処方箋を確認しているうちに自然とどの症状にはどの薬が処方されるのかなどの知識も身につき、実生活に役立ちます。

勉強期間は約3カ月と短く、範囲も薬剤関係のみなので勉強しやすい資格です。資格試験合格率は約50~70%といわれており、それほど難しくはありません。


スキルアップも可「歯科助手」

歯医者に行くと、受付で患者さんのお会計をしたり、歯科治療の器具をセッティングしてくれたりする人がいますよね。このように歯医者のアシスタントとして活躍しているのが歯科助手です。

よく歯科衛生士と混同されがちですが、歯科助手は歯科衛生士と違い、患者さんの口腔に触れることはありません。歯科衛生士は最低2年間学校で勉強をし、国家資格を取得しなければなりませんが、歯科助手は国家資格がないのが特徴です。代わりに民間の資格試験を受けて認定をもらいます。

勉強期間は約5カ月程度で、試験は年5回実施、1級から3級まであるので、少しずつレベルアップを目指すことができます。合格率は約70%といわれており、取得しやすい資格のひとつです。
47 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND