就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

仕事と育児の両立を辞めたい!悩めるママの負担を軽くする方法

仕事と育児の両立を辞めたい!悩めるママの負担を軽くする方法

忙しい毎日をおくる働くママ。ふと「仕事を辞めたい」と思うこともあるかと思います。しかし経済的な理由で辞められない場合もありますよね。ここでは、仕事と育児の両立に悩んでいるママに、毎日の負担を減らす時短テクニックなどをご紹介します。時短レシピや料理キット、便利な家電などもあわせてご覧ください。

まずは心の負担を軽くしていこう!

頑張っている自分を褒めよう!

最近は、よく「ワンオペ育児」という言葉を耳にするようになってきました。ワンオペ育児とは、パパや祖父母の助けがなくママが1日の育児や家事、仕事をすべておこなうことをいうようです。

子どもの送迎はパパの担当だけど、保育中に子どもが熱をだしたら当たり前のようにママが仕事を早退して病院へ行くなど、よくあることかもしれません。

日々、慌ただしく過ごすうちに、いつの間にかすべてママが背負ってしまうことが当たり前のようになってきていませんか?しかし、それは当たり前ではありません。

毎日の洗濯、掃除、食事の支度に子どものお世話。ママは本当によく頑張っています。当たり前だと思ってやっていることを、自分自身でもっと褒めてあげてくださいね。

1人で頑張り過ぎずパパに協力を求めよう

まわりの共働きのママの話を聞くと、パパが長時間労働で収入が多く、ママは時短勤務で子どものお世話や、保育行事などに参加しているご家庭が多く見られます。

そうなると、必然的に「パパは仕事が忙しいから…」と、つい自分が頑張りすぎてしまいませんか?しかし、ママだって勤務時間は短くても「働いてきている」のです。

辛いときはパートナーであるパパに協力を求めましょう。協力とは、「相手の理解」でもありますので、まずは自分の置かれている状況と、辛いことなどを冷静に話し合うことが大切です。

「いわなくても分かってくれている」などとは思わずに、根気よく話してみてください。パパも少しずつ行動が変わってくるはずです。夫婦は支え合うものですから、ときには甘えてもよいのです。

疲れたときは子どもと一緒に寝てしまおう

子どもがお昼寝したときや、夜早めに寝てくれたときなど、ついついたまっていた家事や用事を済ましていませんか?たとえば、子どもの夜泣きで満足に睡眠できなくても、当然翌日は出勤しなくてはいけません。

健康に過ごすためにも睡眠は大切で、睡眠不足になるとストレス増大、免疫力低下、認知機能の低下、イライラなどのよくない症状がでやすくなります。

このような症状のまま過ごすことで、仕事でのミスや、自身への危機管理、子どもやパパへの八つ当たりなどをしやすくなってしまいます。

そうならないためにも、溜まった家事のことは忘れて、疲れたときは子どもと一緒に寝てしまいましょう。翌朝は気分もすっきりして、1日を頑張れるのではないでしょうか。

ママに負担が大きい料理を楽にこなすコツ

時短レシピを駆使して楽をする料理

ここで紹介するメニューは、実際に働くママが夕飯にしているメニューです。休日に常備菜などを作るのも大変です。夕飯に負担を少なくして、手軽に作りましょう。

<パスタ>
パスタをゆでて、レトルトのソースをかけてメインの完成です。サラダは手でちぎれるレタスやキャベツにキュウリなどのせて、市販のドレッシングをかけて夕飯のできあがりです。

<お好み焼き>
キャベツは千切り済みのパックを使います。豚コマや、ピザ用チーズなどを小麦粉に混ぜてタネが完成したら焼いて完成です。フライパンでもホットプレートでも、人数に合わせて焼きましょう。

<コンビニおにぎり>
コンビニおにぎりと、具だくさんのお味噌汁で夕食完成です。冷凍うどんを野菜と味噌で煮込んでも立派な夕飯ですよ。

料理キットを頼んで機械的に作ると楽

<らでぃっしゅぼーや>
1988年に創業した「らでぃっしゅぼーや」は、食の安全性と素材のおいしさにこだわりを持っていて、契約農家の畑から厳選した野菜を届けてくれます。

宅配コースは、基本的な食材や旬の野菜、果物をセットした定番コースや自分で好きな食材を選ぶコース、時短調理が可能なミールキットコースを選ぶことができます。

<オイシックス>
「オイシックス」の、献立を考えずに必要な食材とレシピがセットになった「キットオイシックス」は「20分で主菜と副菜ができる」と評判です。

カット済み野菜や、肉や魚の下ごしらえなどが済んでいるので時短調理が叶います。また農薬や添加物、保存料などの使用制限や、宅配の受取日時が夜21:00まで可能なのも嬉しいですね。

レトルトやお惣菜で乗り切ることも方法

「子どもにはなるべく手作りの料理を食べさせたいし、お惣菜を利用するのはちょっと…」と、お惣菜を食卓に出すことに抵抗があるママもいますよね。

手作りの料理を食べさせたいと思う気持ちは素晴らしいですが、忙しいときや疲れたときなどは、思いきってお惣菜やレトルトを利用してみませんか?

それでも「まわりは夕食にお惣菜を出しているなんて聞かないし…」と悩むママに、ある調査結果をご紹介します。ガスコンロや給湯器を取り扱うリンナイの「食事に関する家事の負担を減らすためにしていること」というアンケートに共働き夫婦が対象となり答えたものです。

調査結果は、約3割の人が「レトルトやお惣菜を利用している」とのことです。もっと気軽に利用してもよいのではないでしょうか。

忙しいママをサポートする優秀な家電3選

洗濯機は断然乾燥機付きが便利!

忙しいママにおすすめしたいのは、乾燥機付きの洗濯機です。家電量販店に行くと、洗濯機にはドラム式と縦型がありますよね。それぞれにメリットとデメリットがあるので、ご紹介します。

ドラム式は、水量と電気代が節約でき、乾燥機能がヒートポンプのため、縦型より仕上がり時間が早く衣類がシワになりにくいです。しかし水量が少ないので汚れ落ちの点でやや劣り、色移りしやすい傾向があります。

縦型は、水量が多いため洗浄力が高く、色移りもしにくいのが特徴です。しかし水量が多いので水道代が高く、乾燥機能がヒーター方式なので電気代が高く、衣類が傷みやすいこともあります。

それぞれの特徴を知って選んでください。天気を気にせず洗濯と乾燥ができるので、負担を軽減できそうですね。

食後の面倒な皿洗いは食洗機にお任せ

夕食後の食器洗いは、ママの負担も大きいですよね。思いきって食洗機を導入してみてはいかがでしょうか?食洗機は、3世帯に1世帯の割合で普及しているようです。

食洗機導入のメリットとしては、まず今まで手洗いでしていた食器洗いを、食洗機が洗いから乾燥までしてくれることによって、負担を減らし、家族の団らんの時間ができることです。

また手洗いに比べて食洗機は高温のお湯で洗浄するため、雑菌の繁殖を抑えることができます。また最新の食洗機は、手洗いで使う水量の1/9で洗浄が可能なので、節約にもなりますし、衛生的です。

シンクの上などに置ける卓上型と、キッチンカウンターの下などに設置するビルトイン型があるのでキッチンや洗うものの量に合わせて選んでくださいね。

部屋が汚い罪悪感から解放するお掃除ロボット

おすすめのお掃除ロボットをご紹介します。

<アイロボット「ブラーバ」>
ルンバの姉妹機種のブラーバは、床拭き掃除が可能で、皮脂汚れや、食べこぼし跡などを拭きとってくれるため、子どもがいる家庭には助かりますね。

<シャープ「ココロボ」>
ロボット感が満載で、会話ができるロボット掃除機ココロボは、バッテリーの持ちがよく、シャープ独自のプラズマクラスターイオンを放出して掃除をしてくれます。

<ダイソン「ダイソン 360Eye」>
吸引力が高いことで有名なダイソンのお掃除ロボットは、一般的なロボット掃除機の4倍の吸引力があります。独自の360度ビジョンシステムで、部屋全体を高速撮影して瞬時に掃除場所を把握することも特徴です。

まとめ

仕事と育児の両立は「完璧」にはできないものです。一生懸命頑張るママだからこそ「完璧」を目指そうとして、ストレスや疲労をすべて抱え込みがちになってしまうのかもしれません。

仕事は、家事育児だけでは味わうことのできない達成感を得られることもありますが、通勤や職場のストレス、限られた時間のなかでの家事育児は、やはり大変です。

パパの協力や時短料理や家電などを頼って、減らせる負担はどんどん減らして毎日を少しでも快適に過ごせるとよいですよね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018