就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

在宅ワーク初心者のママ必見!おすすめの仕事と人気のサイトのご紹介

在宅ワーク初心者のママ必見!おすすめの仕事と人気のサイトのご紹介

働きに出たくても、子どもが小さくて外に出られないママも多いと思います。外に働きに出るのは無理でも、子どもがお昼寝している時間などの隙間時間を使って、お小遣い稼ぎができたらよいのに…。そこで今回は、子育てしながらできる在宅ワークをお考えのママに、おすすめの仕事と人気サイトのご紹介をしたいと思います。

子育て中のママが在宅ワークをするメリット

育児中の隙間時間を活用できる

子育て中のママにとって、パートやアルバイトで働くには、子どもをどこに預けるかなどの問題もあり、ハードルが高くなってしまいがちですよね。保育園にも簡単に入れる時代ではありません。

しかし、いくら子育てに忙しいママでも、子どもが幼稚園に行っていたりお昼寝したりしているわずかな空き時間は必ずあるものです。その時間を使って少しでもお金を稼げたらいいのに…と考えたことはありませんか?

そんなママにぴったりなのが在宅ワークです。隙間時間を見つけて、自分のペースで仕事が進められるのが最大のメリットです。子どもの用事で急な休みを取りたいときでも、職場に迷惑をかける心配もありません。

仕事と子育てを両立させて働きたいママに最適な仕事スタイルといえるでしょう。

引越しの多い転勤族でも仕事を続けられる

ママが仕事を探す上で気になるのが、急な引っ越しです。特にパパが転勤族だと、せっかく慣れた職場も辞めなくてはならず、新天地でまた仕事探し…。そんな環境が続くとママも色々な意味で疲れてしまいますよね。

いっぽう、在宅ワークはパソコンとインターネットさえあればどこでも仕事ができるというメリットがあります。

実際に知り合いの在宅ワークママは、東京から福岡県に転勤で引っ越しとなった際にも、引っ越し日を挟んだ1週間のお休みをもらっただけで、その後も仕事を続けていらっしゃいます。

パパの転勤が気になって働きに出られないママでも、在宅ワークであれば転勤を気にせず仕事探しができますね。長く働きたいママに特におすすめです。

子どもが体調を崩しても対応しやすい

働くママにとって、一番頭が痛いのは子どもが体調を崩したときです。子どもの病気は長引くことが多く、1週間近く看病が続くこともよくあります。もちろん保育園にも行かせられないので、ママかパパのどちらかが仕事を調整してお休みを取らなくてはなりません(ママの方が多く調整する場面も…)。

子どもの体調不良は仕方がないとはいえ、職場の人たちに迷惑をかけるのは、やはり気をつかってしまうものです。子どもの顔を見ながら「いつになったら治るの?」なんて気持ちを持ってしまうこともあるかもしれません。

そんなとき、在宅ワークであれば、看病しながら仕事もできるので、ママの余計なストレスも減らせます。子どもにも「まだ休んでいいよ。ゆっくり休もうね」といえる余裕ができますね。

ママにおすすめの在宅ワークの種類

隙間時間にさっとできるアンケート

隙間時間でできる人気の在宅ワークに「アンケートに答える」というのがあります。特別なスキルやノルマなどもありません。

アンケートはあるテーマに沿って質問に答えるもので、3~5分でできるものから、20分以上かかるものもあります。報酬は1件あたり2~48円程度となります。メリットとしては、WEB上で回答を入力するだけなのでリスクがなく、短時間で終わるものが多い点です。隙間時間に「いつでも、どこでも」できるのがうれしいですね。

ただ、デメリットを挙げると、報酬はポイント(1ポイント1円)になるので指定された期間内に自分で現金化する必要があります。また、一般的なアンケートの場合、ポイント数が少ないものが多いので、高額収入を得たい方には向かないでしょう。

タイピングできれば誰でもできるデータ入力

パソコンを使って、クライアントの依頼どおりにデータを入力する在宅ワークも人気です。基本的には決められたフォーマットのエクセルなどを使って入力するだけなので、タイピングができれば誰でもできる作業です。

内容はクライアントからの依頼によりますが、名刺のデータ入力やショッピングサイトの商品情報入力、家電説明書のPDFのテキスト化、コピペをひたすら繰り返すといったものが多いようです。

報酬は、100件入力して3,000円など依頼内容によって異なりますが、簡単な作業でお小遣いが稼げるので主婦に大変人気があるお仕事です。

単純作業が続くので、根気強い方やルーティンワークが苦にならない方が向いているでしょう。タイピングが正確で得意な方におすすめです。

育児など自分の経験が役に立つライター

在宅ワークの求人で一番多いのが、ライターの募集です。

ライターというとスキルを必要とするイメージがありますが、実は特別なスキルなどは必要とされておらず、初心者歓迎の求人も多く見られます。

執筆内容は、映画の感想や商品レビュー、自分の経験談など、好きなジャンルを選べることが多いのもうれしいですね。子育てに奮闘しているママは、自分の体験談などを書いてみるのもよいかもしれません。

さらにライターとして成長すると仕事1件あたりの単価も上がっていくので、やりがいも感じられますよ。男性よりも女性の方が文章を書くことに長けているため、主婦の方も多く活躍しているお仕事です。

文章を書くことが好きな方、長期で在宅ワークをお探しの方におすすめです。

在宅ワークを始めるための人気サイト

知名度が高くて案件が多いクラウドワークス

クラウドソーシング会社で一番知名度が高く、登録者数が多いのが「クラウドワークス」です。

日本最大級のクラウドマッチングサイトというだけあり、仕事は200種類以上、会員登録者数も200万人を突破しています。その知名度から、官公庁や大手企業からの依頼が多いのも特徴です。

登録することも仕事の依頼も無料でできますが、依頼者と受注者の仕事がマッチングした段階で手数料が発生する仕組みになっています。システム手数料は仕事の報酬に応じて5~20%かかります。

一度評価が上がれば、安定して仕事が受注できたり報酬の単価が上がったりもするので、やりがいが感じられそうですね。小さい案件でも、コツコツと実績を積み重ねていくとよいでしょう。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事