就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児中でも貯金をしたい。貯金のやり方の見直しとコツコツできる節約術

育児中でも貯金をしたい。貯金のやり方の見直しとコツコツできる節約術

子育てにはお金がかかり、毎月のお金の管理で精一杯になり、そのため貯金ができなくて悩む家庭は多いです。貯金する目的をしっかりと持ち、家計を見直す事で、無駄な出費は減らす事ができます。今回は、上手に貯金する方法とすぐにできる節約術をご紹介します。

家庭の支出を消費・浪費・投資に分類しよう 

貯金の目的を明確にすることからスタート

毎月なんとなく貯金をしようとしても、人はなかなかお金を貯められないものです。貯金をスタートするにあたって、貯金の目的を明確にすることが大切です。

例えば、1歳になる子どもがいる先輩ママAさんの場合です。子どもが小さいので教育費はまだかかりませんが、将来の子どもの教育費に不安を感じているそうです。

この家庭では、貯金の目的を「子どもの教育費」としているそうです。子どもが大学進学する時期までにしっかりお金の準備が出来ているように、子どもが生まれた時から少しずつ貯金をしていると話してくれました。

「教育費のために」など貯金の目的を明確にする事で、いつまでにどのくらいという目標が立てやすいので毎月の貯金も頑張れますよ。


消費・浪費・投資の割合をチェック

貯金をスタートさせるにあたって、毎月の家計の見直しは大切です。毎月の支出を消費・浪費・投資の3つに分けて、その割合をチェックすることでお金の使い方が見えてきます。

消費は生活していくために必要な出費のことで、浪費は買わなくてもいい物への出費(無駄遣い)です。投資は自分のためになる事への出費(預貯金も含む)です。この3つに支出を分けることで、自分は何にお金を使っているのかが分かります。

例えば、1カ月の支出で、消費・浪費・投資の割合が85%・10%・5%だったとします。結果を見ると、消費・浪費がほとんどで、投資がほとんど出来ていないことが分かります。支出を具体的な数字に表してみると、自分がどんなお金の使い方をしているかに気づくことができます。

簡単にできる節約は「浪費」を減らすこと

貯金をするためには、毎月の節約が必要ですよね。しかし、消費は生活していくために必要なお金なので、なかなか減らす事は難しいです。誰でも簡単に節約できるのが「浪費」を減らす事です。「300円ぐらいいいよね」と毎日無駄遣いしていると、1カ月で約9,000円、1年で計算すると約11万円とかなり大きな浪費になります。

2歳の子どもを持つ友人Bさんは、育児に疲れているとの理由で、週に4回、お昼ごはんを外食したりコンビニに買いに行ったりしていました。子どもと2人分で、1回のお昼代に1,000円位かかっていたそうです。ある頃から、家計のやりくりがきつくなり家計簿をつけてみた所、お昼代だけで毎月約3万円以上も使っていたことが分かり、浪費の多さを後悔したと話してくれました。


キャッシュレスって便利。今の生活に77JCBデビットを!

PR

「キャッシュレス」と聞いて、お金の管理ができずに使い過ぎてしまうんじゃないかと、心配・不安に思う方もいるのではないでしょうか?今回は、宮城県の地方銀行「七十七銀行」の「77JCBデビット」を例にキャッシュレス決済の良さを紹介いたします。

貯金のコツは『削る』ではなく『やめる』

食費やお小遣いを削るとストレスが溜まる  

貯金を始める時にやりがちなのが、食費を削ったりお小遣いを削ったりすることですよね。削るのは簡単ですが、貯金するために我慢をしすぎてストレスが溜まると、毎日の生活も楽しくありませんし、貯金しようという意欲もなくなってしまいます。

食事は、家族の団欒の時間であると同時に健康を保っていくために大切なものなので、節約のしすぎはあまりおすすめできません。食費を削り食卓が寂しくなってしまうと、家族の笑顔も減ってしまいます。

先輩ママCさんは、夫のお小遣いを月3万円から月2万円に減額したそうです。その分で貯金ができると考えたそうですが、夫のストレスが溜まって「頑張って働いても我慢ばかりでしんどい」と言われたそうです。貯金を続けていくには、ストレスの少ない方法を選ぶことが大切ですね。

『やめる』ポイントは固定費を大胆カット  

節約をする時に、多くの人は毎日の生活の中から食費や光熱費などの生活費を切り詰めて、貯金に回す事が多いです。しかし、毎月決まっている固定費から先に見直すことで、無駄なものをカットし貯金することができます。

固定費とは、保険料、通信費、習い事、新聞など毎月の決まった支出のことです。1度見直しをして不要な固定費をカットしてしまえば、毎日の食費を削るよりもストレス無く貯金を続けることができます。例えば、定期的に保険料の見直しをすることで固定費を大幅にカットすることができるかもしれませんよね。

先輩ママDさんは、新聞をとっていたけれど読まずに捨てる日が多かったそうです。そこで、思い切って新聞を止めたら、毎月約4,000円の節約になったそうですよ。

大胆にやめても足りない時は『削る』

保険料や新聞などの固定費を大胆にカットして貯金に回しても、まだ足りない場合もありますよね。そんな時は、生活費やお小遣いから削ることも考えなくてはいけません。生活費やお小遣いから削るとストレスが溜まりますが、貯金をしたいなら多少の我慢も必要です。

食費、生活雑費など、項目ごとに毎月かかっているお金を細かく見直してみましょう。例えば、食費が外食を含めて毎月5万円かかっている家庭の場合、毎日の食事にかかる費用はそのままにして、お菓子代やジュースなどの飲料代、酒代、外食の回数を減らせばかなりカットできます。

また、日々の生活の中で、こまめに電気を消したり水道の水をを止めたりすることで、無駄な出費を削る事もできます。

簡単にできる節約術でコツコツ貯金体質へ!  

児童手当(子ども手当)は専用口座を作って積立貯金

学費や教育費はいくらかかるのか不安になりますよね。子どもが大学を卒業するまでにかかる教育費は一般的に約900万円~1,200万円といわれています。子どもが小さい時こそ、貯金をするチャンスです。子どもの専用口座を作り計画的に貯金しましょう。

児童手当は0歳~3歳までは毎月15,000円、3歳~中学3年生までは1万円支給されます。このお金を貯金すると、将来の学費や教育費に十分当てることができます。

児童手当を貯金していくためには、子どもの専用口座にすぐに振り込むことをおすすめします。生活費などと一緒の口座に入れてしまうと、「今月は厳しから少しぐらい」と使ってしまうことに。貯金がどのぐらいできたを把握するためにも、口座はしっかり分けて管理したほうがいいですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事