就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児休業給付金ってどんなもの?申請の方法や疑問を解決しよう

育児休業給付金ってどんなもの?申請の方法や疑問を解決しよう

育児期間中は仕事を休んでいても、育児休業給付金がもらえるはずと思っているけど、本当に自分が育児休業給付金の対象になるのか?と心配になることもあるでしょう。ここでは、育児休業給付金の対象になる要件、申請の方法・金額の計算の方法、海外在住の場合はどうなるのかなど、気になる疑問について詳しくご紹介します。

「育児休業給付金」を詳しく知ろう

受給資格がある人とない人

雇用保険に加入していれば、子どもが生まれてから1歳に到達するまでの約10カ月、育児を理由として仕事を休んだ場合に育児休業給付金を受けられます。ただ、育児休業給付金を受けるにはそれに加えていくつか要件があります。

育児のために休んだ日から2年前までに、11日以上は完全に働いている月が12カ月以上ある人が対象になります。また、育児休業を開始したときに休む前と同じ会社で働き、育児休業中に労働契約が満了しないなどの条件があります。

もし、育児休業中でも1カ月に10日以上(10日を過ぎる場合は80時間以上)働いている、休んでいる間でも育児休業給付金の支給額と比べて80%以上を会社から支給されている、休業後に仕事を辞める、などの場合は受給資格がなくなります。

給付金額の計算の方法

育児休業を開始した日から1カ月ずつを一つの支給単位期間と数えます。また、間違いがちなのが、育児休業の開始日。これは、産後休業期間が終わってからの日付になりますので、出産した日の翌日から8週間が経過した翌日になります。

給付金額の計算方法は、休業開始時賃金日額×支給日数×67%(7カ月目以降になると50%)。休業開始時賃金日額は、育児休業開始前6カ月間の給料から1日の平均金額を出したものです。

たとえば、休業開始時賃金日額が12,000円で支給日数30日の場合、給付金は241,200円(7カ月目は180,000円)になります。ただし、賃金月額は最高でも447,300円、最低でも74,100円で計算します。

育児休業給付金申請の方法

育児休業給付金申請は、ほとんどの勤め先で行ってくれます。妊娠してからは、早めに出産予定日を勤め先に伝えて、必要な書類がないか確認しておくとスムーズに申請することができますよ。

出産後は勤め先に、「育児休業給付受給資格確認票」「育児休業給付金支給申請書」の二つを提出する必要があります。産前休業に入る前に記入用紙をもらっておくと、出産後に慌てずに済みますよ。

実際に出産したら、「育児休業給付受給資格確認票」「育児休業給付金支給申請書」を記入し、育児を行っていることが分かる母子手帳のコピーを添付して、勤め先に提出します。本人が記入する欄は、申請者氏名の欄と払渡希望金融機関の欄だけで大丈夫なので簡単ですよ。

「育児休業給付金」の受給についての疑問

海外に住んでいても受給資格はあるか?

出産後にしばらく海外で暮らす場合でも、育児休業給付金を受給することができます。日本に住んでいる場合と同じで、育児休業を開始する前の2年間に、同じ勤め先で月に11日以上働いている月が12カ月以上あり、雇用保険に加入している必要があります。

ただ、育児休業を開始するときに、育児休業が終わったら退職する予定の人は受給することができません。たとえば、育児休業期間に入ってから海外に行き、子どもが1歳を過ぎても海外で暮らす予定の人は給付金を受給できません。

会社の制度で、子どもが2歳になるまで育児休業を取得できる場合は、2歳になるまでは海外で暮らすことができ、子どもが1歳になるまで給付金を受給することができます。

いつまで受給できるのか?

原則は、子どもが1歳になるまで育児休業給付金を受給することができ、育児休業を開始するときに、育児休業が終わったら同じ職場に復帰することが決まっている場合に限ります。
 
もし、保育所に申し込みをしていたけど入所できなかったり、養育する予定だったパパやママが養育困難になったりした場合は、子どもが1歳6カ月になるまで支給期間を延長することができます。

ほかにも、「パパ・ママ育休プラス制度」を利用した場合に要件を満たせば、受給期間は子どもが1歳2カ月になる前日まで、最大1年間になります。たとえば、パパが育児休業開始期間の初日から、ママと同時に育児休業を開始した場合、子どもが1歳を過ぎても1年経っていないので、給付金を受給することができます。

不正受給とはいったいなにか?

育児休業給付金を受給するためには、休業期間終了後に同じ職場に復帰することが前提となっていますので、受給期間が終わったら辞めるつもりの人が受給すると不正受給となります。

ただ、休業期間終了後に職場復帰をしたけど、実際に育児と仕事の両立をしてみると大変で、仕事を辞めることになった場合は不正受給にはなりません。

育児休業給付金の受給期間中、11日以上働いたり、何日か働いて臨時収入をもらったりしたときに、育児休業給付金支給申請書に記入せず嘘の申請を行い、受給していたら不正受給となります。

ほかにも、職場復帰をする予定がないことを分かっていて、会社側が育児休業給付金の申請を行い、本人に支給された場合は、会社と本人が不正受給の処分を受けることになります。

申請に必要な書類ってどんなもの?

本人が用意する書類とは

育児休業給付金を申請するに当たって本人が用意する書類は、給付金を振り込んでもらいたい口座情報が分かる通帳のコピー、育児の確認ができる書類、「育児休業確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」です。

通帳のコピーは、本人の口座でなければ指定することができません。また、結婚したときに通帳の名義変更をしていなくて、旧姓のままだと受付けしてもらえないので注意しましょう。申請前に、給付金の払渡しを希望する金融機関で確認印を受けていれば、通帳のコピーは必要ありません。

育児の確認ができる書類ですが、母子手帳の出生届出済証明、出生証明書などのコピーを用意すればよいです。

「育児休業確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」は会社でもらうこともできます。

会社側にお願いする書類とは

育児休業給付金を申請するに当たって会社側にお願いする書類は、賃金台帳、出勤記録、「育児休業確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」、「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書」などです。

賃金台帳と出勤記録は、過去1年分のものがあれば大丈夫ですが、休んでいた期間がある場合は、一応2年分用意してもらうと確実です。この二つを参考にして「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書」を記入してもらいます。

「育児休業確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書」は、自分でハローワークに取りに行くこともできます。一度、自分でもらいに行って確かめておくとスムーズかもしれませんね。

支給認定と申請を同時に行う書類とは

支給認定と支給申請は別々の日に分けて申請することができますが、同時に手続きすることもでき、二度手間にならずに済ませられますよ。

【同時に手続きするときに必要な書類】
・雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書
・育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書
・賃金台帳
・出勤記録
・母子手帳や出生証明書など、育児の事実を確認できる書類のコピー
・休業開始時賃金月額証明書

初回の支給申請は原則として、二つの支給単位期間ごとに行うことになっていますので、同時に手続きする場合には、休業開始日から2カ月経ってからの手続きになります。また、休業開始日から4カ月経った日の月末までには手続きしましょう。

支給申請することについての疑問

何カ月おきに申請すればよいか

育児休業給付金の受給は、はじめに一度手続きすれば終わりではありません。半年や1年の間休業して受給する場合は、2回目以降の手続きも必要になります。原則として2カ月に1回、支給の申請をすることになっていますが、どうしても1カ月ごとに支給の申請を希望する場合は可能です。

2回目の申請からは、「育児休業給付金支給申請書」を記入して勤め先に提出します。1回目の支給単位期間が過ぎると、勤め先から「育児休業給付金支給申請書」が送られてくると思いますので、必要事項を記入して提出しましょう。

支給単位期間ごとに支給申請期間が限られていますので、過ぎてしまうと受給できなくなります。遅れないように早めに提出しましょう。

直接申請することしかできないのか

育児休業給付金の申請は、直接申請する以外にe-Gov(イーガブ)の電子申請システムを利用する方法があります。申請書のデータを電子データそのままで、インターネットを利用して24時間申請することができます。

電子申請を行う場合には、事前に事業主の電子署名や被保険者の電子署名などを発行する必要があります。「雇用保険育児休業給付(育児休業給付金)の申請」のコーナーから申請手続きをすることができます。

電子申請の場合でも、直接申請する場合と同じように添付書類が必要ですが、事業主の電子署名を付与することで、スキャナに取り込んで送信できますので手続きが早いです。また、コピーしたものを郵送することでも申請できます。

自分で申請することも可能か

育児休業給付金を申請するには、基本的に事業主を経由して手続きを行うことになっています。やむを得ない理由があって、事業主を経由して申請することが困難な場合や、本人が申請したいと希望すれば、自分で申請することが可能です。

自分で申請する場合は「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書」「育児休業給付受給資格確認・(初回)育児休業給付金支給申請書」の用紙を管轄のハローワークでもらい、記入します。事業主に確認してもらい署名と証明印をもらいます。

そのほか、賃金台帳、出勤簿(勤務時間や日程が確認できるもの)、母子手帳などを添付してハローワークの窓口に提出してください。2回目からは「育児休業給付支給申請書」と支給期間分の「休業証明書」を提出します。

育休中に2人目を妊娠した場合

2人目も給付金は受給できるのか?

育児休業給付金を受給するためには、休業開始前の2年間に12カ月以上働いていることが要件となっています。ですから、2人目の育児休業を開始する前に、12カ月以上働いていれば、給付金を受給することができます。

たとえば、育児で休んでいる間に、2人目を妊娠することもありますよね。その場合、7カ月ぐらい働いて、産前休業や育児休業を開始することもありますが、給付金を受給することができます。もし、1人目の育児休業終了後に職場復帰せずに、すぐ2人目の育児休業に入った場合でも、給付金を受給することができます。

休業開始前の2年間に、育児休業で賃金の支払いを受けていなかった期間があれば、その分を2年間に加算し、最大で4年前までの賃金を基準に計算してくれます。

1人目のときと受給金額はかわるのか?

育児休業給付金は働き方によっては、2人目のときに受給できる金額と、1人目のときに受給できる金額はかわります。休業開始時賃金日額は育児休業開始前(産前産後休業開始前)にもらった6カ月間の賃金を基準にして計算されますので、そのときの賃金に増減があると同じにはなりません。

たとえば、1人目を出産後は時短勤務にしたり、正社員からパートに変更したりしていると、1カ月間の賃金が減りますので、2人目の育児中には給付金が減ってしまいます。

1人目を出産後でも、出産前とかわらずフルタイムで働き、2人目の育児休業開始前の賃金も同じであれば、1人目のときと同じ支給額を受給することができます。受給額が少なくなって困らないように、計画を立てて仕事復帰するようにしましょう。

育児休業給付金の申請に変わりはあるのか?

2人目を出産してからも、1人目のときと同じように育児休業給付金を申請してください。妊娠が分かったら会社に報告し、手続きの準備をお願いしましょう。自分で手続きする場合でも会社に報告し、1人目のときと同じように、必要な書類を用意したり、会社で申請用紙に記入してもらったりします。

1人目の育児休業期間が終わってから働いた期間が1年以上ない場合は、1人目出産前の賃金台帳と出勤記録も必要になります。

さきほども説明したように、育児休業開始前の2年間の賃金を基準にして計算されますが、育児休業期間と重なっている期間分はさかのぼって計算します。そのため出産のタイミングによっては、2年以上前の賃金台帳と出勤記録を添付して申請します。

まとめ

育児休業給付金は、休業前の賃金の67%(50%)を受給することができる大きな収入源になります。出産後は、なにかとお金のかかることが多くなりますので、自分自身が育児休業給付金の条件に該当している場合は、給付金を受給して家計の負担を軽くしましょうね。

育児休業給付金の申請期間は短く期限がありますので、申請し忘れたり申請期限を過ぎたりしたら、さかのぼって受付してはくれません。妊娠したら、自分に時間の余裕のあるときに、申請方法や注意点などについて確認しておきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018