就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てにかかるお金に必要な月収額は?費用に困らないためにできること

子育てにかかるお金に必要な月収額は?費用に困らないためにできること

子育てをしているとたくさんの悩みを抱えますが、その中でも子育てにかかるお金の悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。今回は、子どもの年齢ごとにかかる様々な費用や、子育て世代の平均年収、毎月必要な月収額、子育てに必要なお金の貯蓄の仕方などをご紹介します。

子どもを育てるのにかかる費用とは

子育てに必要とされる費用はどれくらい?

子育てにはお金がかかるというのは分かるけど、実際に子育てに必要とされる費用がどのくらいなのかイメージしづらいという方も多いですよね。子育てをしていく中で必要になるお金は「養育費」と「教育費」に分けられます。

養育費は子どもが生まれてからかかる費用で、オムツやミルク代・文房具・おもちゃ・衣類・レジャー費用・おこづかいなどの、普段の生活でかかってくる様々な費用のことです。子どもが0歳の頃から大学卒業までにかかる養育費は、1,650万円くらいかかるといわれています。

教育費は、幼稚園や小学校などでかかる学費などのことです。学費は子どもの進路によって大きく違いがでてきますが、幼稚園から高校まですべて公立で、大学も国立に進んだ場合の一番お金がかからない進路でも、1,400万円くらいかかるといわれています。

子どもを育てていくのにかかる費用は、養育費と教育費を合わせると最低でも3,000万円以上のお金がかかることになります。また、中学校・高校・大学の進路で私学を選んだ場合、プラスで500万円~1,000万円くらいかかってしまう可能性もあります。

年齢ごとにかかる費用をチェック

子どもの年齢によっても毎月かかる費用がかわってきます。ここでは、年齢ごとにかかる費用を紹介します。

0~1歳の場合
オムツやミルクなどの消耗品の出費が多いです。1日に10回くらいオムツ交換する子もいるので、オムツ代は毎月5,000円くらいかかります。ミルク代も月齢などによって違いがありますが、完全ミルクで離乳食前までは、毎月1万円弱かかります。

また、第一子にはベビーベッドやベビーカーなどの必要なベビー用品を買い揃える必要があるため、10万円くらいの費用がプラスでかかる可能性が高いです。

2~6歳の場合
小さい頃は体もすぐに成長するので、毎年衣類や靴などを買い換える頻度も高くなります。1年で使う衣類や靴などの費用は約6万円といわれています。

この頃は保育園や幼稚園などの教育費もかかりますよね。保育園は親の年収によって保育料が違いますが、平均すると1カ月に約2万保育料がかかる世帯が多いです。

幼稚園は公立か私立かによってかかる費用が違います。3年保育にいく場合、公立だと1年に約20万円、私立だと1年に約50万円の費用がかかります。

子育て世代の平均年収や必要な月収額

現在の子育て世代の平均年収

子育てをしていると様々なお金がかかってくるので、「このままの年収で子どもを育てていけるのか心配」という方も多いのではないでしょうか。最近では共働き家庭も増えてきているため、年収は各世帯によって様々ですよね。

厚生労働省によれば、現在の世帯年収の平均額は540万円くらいとされています。世帯主(パパかママ)の年齢別に調べてみると、29歳以下の年収が365万円くらい、30代が558万円くらい、40代が687万円くらいです。

子育て世帯(18歳未満の子どもがいる家庭)の平均額は、713万円くらいと意外と高いのが特徴です。年収が700万円あれば子育て中でも生活が安定すると感じる方が多いですが、平均額は一部の高収入の世帯によって釣り上げられている可能性もあります。

中央値をとると年収は633万円で、こちらのほうが一般的な年収に近いかもしれません。子育て世帯の生活意識アンケートによると、63%くらいの方が「生活が苦しい」と感じていることが分かりました。理由は「子どもの学費などにお金がかかり大変」と教育費が家計の負担になっているようです。

子育て費用からみえてくる月収額

子育て世代の年収はあくまでも税込金額です。年収から各税金や社会保険料、雇用保険料が引かれるので実際に使えるお金は手取り金額になります。

たとえば税込年収が200万円の場合、手取りの年収は170万円になり、月収にすると14万円くらいになります。300万円の場合、手取りの年収は243万円になり、月収は20万円くらいです。400万円の場合、手取りの年収が321万円になり、月収は26万円くらいになります。

4歳の子どもが1人いる友人に聞いてみると、パパの月収が30万円くらいだそうです。夫婦2人だとパパのお金で生活しながら貯蓄していくことも可能ですが、子どもがいると様々なお金がかかるのでパートにいかないと毎月厳しいと話してくれました。

子ども1人にかかる1カ月の費用は約5万円だそうで、(幼稚園代4万円、給食代2,000円、衣類6,000円くらい、習い事5,000円など)そのほかにもレジャー費やおもちゃ、幼稚園の行事などにもお金がかかることがあるので、月収30万円ではやりくりが厳しいそうです。

子育て費用に困らないためにできること

まず、子どもをどう育てたいのか話し合おう

子育て費用は先ほどにもご紹介したように、子どもの進路によって教育費に違いが出てきます。「お金がない」と不安を抱えているよりも、子どもをどう育てたいのかを夫婦で話し合うとよいかもしれません。

先輩ママに聞いてみると、先々の教育費の貯金のために子どもが生まれてからどのように育てていきたいかを、夫婦で話し合ったそうです。この家庭では子どもが1歳になると保育園に預けてママも仕事復帰をし、小中学校は公立、高校はなるべく公立(子どもが望めば私立も検討)、大学も子どもが望めばいかせる、というふうに大体の教育方針を決めたそうです。

どう育てたいか話し合うことでかかってくる教育費が分かり、貯金をどのようにしていくかがしっかり話し合えて少し不安が軽くなったそうですよ。

貯め時を知って上手く貯蓄しよう

子どもが大きく成長するにつれて様々なお金がかかってきます。子どもにかかるお金は少しでも早く貯蓄をスタートさせることが大切です。突然大きなお金が入ってくる可能性は極めて低いので、コツコツと長い年月をかけて貯蓄をしていきましょう。

たとえば、子どもが生まれてからすぐに毎月5万円を教育費として貯蓄したとします。子どもが大学に入る18歳になるまで貯蓄を続けると1,080万円の貯金ができることになります。「月に5万円は苦しい」という方は、月に2万円貯蓄すると432万円貯まるのです。

毎月少しずつの貯金でも、長い年月をかけることでかなりの額の貯金ができます。また、15歳までもらえる児童手当も使わずに貯蓄すれば200万円くらい貯まります。

資産運用も視野に、苦手なら日々の節約を

現在はマイナス金利のため銀行に預金してもほとんど利子がつかない時代です。「うちは資産運用するお金がない」という方も多いですが、一般の方でもうまく利用すれば資産を増やすことが可能なので、検討してみてもよいかもしれませんね。

友人は外貨の生命保険に入って資産運用しているそうです。毎月同じ金額を貯金するなら利子がほとんどつかない銀行で預金するよりも、利子率が高い生命保険などに入るほうが将来貯まるお金の差が大きいのでそちらを選んだそうです。

資産運用は苦手という方は、日々の生活費を節約すると貯金額が増やせるかもしれません。たとえば外食は1カ月に1回、衣類はシーズンごとに1回◯円までで購入するなどと、項目ごとに予算を決めておくと節約しやすいですよ。

まとめ

子育てにかかる費用は家庭によって違いがありますが、大きなお金がかかることは確かでしょう。子どもが将来「大学は医学部へ行きたい」などと希望したときに「お金がなくて進学させられない」と困らないためにも、今の収入や生活を一度見直してみるのもよいかもしれませんね。

また、夫婦でどのように子育てをしていきたいのかを話し合うことで、貯金の目標金額が決めやすくなり節約や資産運用などにも役立つかもしれません。コツコツ貯金しながらも、家族で楽しく生活していけるとよいですよね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018