就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳の子どもに必要なお金。生活費や子ども料金が発生する場所

3歳の子どもに必要なお金。生活費や子ども料金が発生する場所

赤ちゃんの頃は、動物園や遊園地などにお出かけをしても無料で利用できることが多いですよね。しかし、3歳を過ぎるとお金がかかる施設が増えてきます。今回は、3歳の子どもにかかるさまざまなお金や、3歳を過ぎるとお金がかかる場所、3歳の子どもの行事などをご紹介します。

3歳が生活するために必要なお金とは?

衣類や食費、医療費など

赤ちゃんの頃と比べると、子どもが成長するにつれて衣類や食費、医療費などにお金がかかることが増えてきますよね。子どもが3歳になると、衣類、食費、医療費にどれくらいのお金がかかるのでしょうか。

衣類は年間15万円くらいかかるといわれています。1カ月にすると約12,500円です。3歳になると、保育園や幼稚園に通う子も増えてきます。保育園や幼稚園では制服や体操服で過ごすことも多いので、赤ちゃんの頃に比べると衣類の出費は少なくなる傾向にあります。

食費や医療費は子どもによって個人差がありますが、年間22万円くらいかかるといわれています。1カ月にすると約18,000円です。子どもが成長するにつれて食費は少しずつ増えてきますよね。

幼稚園、保育園に通う場合

子どもが3歳になると、幼稚園や保育園に通う子も増えてきますよね。幼稚園や保育園に通い友達を作って楽しんでほしいと思う反面、「幼稚園や保育園にかかるお金がどのくらいなのか心配」という方も多いのではないでしょうか。

1年間でかかる幼稚園の費用を平均すると、公立の場合は約22万円、私立の場合は約50万円です。しかし、住んでいる地域によっては保護者の所得によって費用が異なる場合や、補助金が支給される地域もあります。

保育園の場合は、親の所得に応じて保育料が決まる仕組みです。平均すると月に2~3万円の保育料がかかる家庭が多いそうですよ。住んでいる地域によっては保育料が無償化されている所もあるので、チェックしてみるとよいでしょう。

月々の生活費はいくら必要なの?

子どもを出産するまでにもさまざまなお金がかかりますが、子どもを育てるのにも毎月生活費が必要です。3歳の子どもの生活費は月々いくら必要なのでしょうか。

インターネットでの子育てにかかるお金に関するアンケートによると、0歳にかかる月々の生活費は、約77,600円です。子どもが3歳になると月々の生活費は、約86,700円という結果がでました。

6歳の月々の生活費は、貯蓄も含めてですが約10万1,200円かかるといわれています。子どもの年齢が上がるごとに、生活費も少しずつ増えていることが分かりますね。

0~6歳の生活費の月々の平均額は、約86,900円です。年間にすると約104万円のお金がかかるので、「家計が苦しい」というママも多いのかもしれませんね。

3歳以上になるとお金がかかる場所

膝上NG!飛行機や映画

赤ちゃんの頃は、飛行機などを利用するときにパパやママの膝上に乗せられるので、赤ちゃんは無料で利用することができますよね。しかし、3歳以上になると飛行機や映画などで、パパやママの膝上がNGになることが多く子どもにお金がかかってきます。

飛行機は航空会社によって料金が異なりますが、JALやANAの場合、満3歳以上~12歳未満の子どもは大人普通運賃の約50%割引の料金で利用することができます。国際線の場合は、2歳から料金がかかるので注意しましょう。

映画も3歳から料金がかかる所が多く、映画鑑賞にかかる料金は900円くらいです。3歳未満の子どもでもパパやママの膝上ではなく座席を利用する場合は、料金がかかりますよ。

ホテルや旅館などの宿泊費

子どもが3歳になると、ホテルや旅館などの宿泊費もかかってくるケースが多いです。赤ちゃんの頃は選べていた食事なしや布団なし(添い寝)が、3歳以上の子どもは選べなくなる所もあります。

宿泊費はホテルや旅館などによって料金設定が異なりますが、未就学児が一律料金で利用できる所や、布団の有無や食事内容の選択によって料金が設定される所もあるそうですよ。

ルームチャージが基本のホテルでの宿泊の場合、定員内であれば何名で宿泊しても料金は同じです。また、未就学児の添い寝の場合は無料で宿泊できる所も多いので、あらかじめ確認してみてもよいでしょう。

宿泊費が大人料金の半額かかる所や添い寝の場合は無料の所などがあるので、予約の際にしっかり確認することが大切ですね。

遊園地、動物園などの入場料

遊園地や動物園などの入場料も、3歳からお金がかかる所もあります。しかし、遊園地や施設によって料金設定はさまざまなので、行く前に確認しておくと安心ですよ。

たとえば、東京ディズニーリゾートやUSJの場合は4歳からチケットが必要になります。ですから、3歳のうちは無料で利用することができますよ。

サンリオピューロランドは、3歳から入場料が必要になります。3歳からは平日は2,500円、休日は2,700円の入場料がかかりますよ。

パンダで人気の東京にある上野動物園や、大阪で人気の天王寺動物園は3歳の子どもは無料で楽しむことができます。施設によって3歳からお金がかかる所と、無料で楽しめる所があるので確認してから行くとよいですね。

3歳児の一年間でのイベントや行事

子どもの成長を祝う七五三

子どもを出産すると、子どもの成長を祝う行事がたくさんありますよね。3歳児では男の子と女の子、両方が対象となる「七五三」があります。髪を伸ばし始める時期として「髪置き」と呼ばれています。

「七五三」は3歳児で祝ったあとに、5歳は男の子の「袴着」、7歳は女の子の「帯解き」と続き、男女で祝う年齢が違います。七五三は昔は数え歳で行われていましたが、最近では数え歳でも満年齢でもどちらでもよいそうですよ。参拝日も昔は11月15日と決まっていましたが、最近では11月15日前後で都合のよい日に行っている方がほとんどです。

最近では、写真館などで着物や小物などをレンタルすることができ、記念に写真撮影もしてくれる所が増えてきたので、家族で楽しめるイベントになりますね。

男の子、女の子の初節句

男の子、女の子の初節句は、子どもだけではなく家族にとっても大切なイベントですよね。赤ちゃんが産まれてから1歳の誕生日を迎えるまでには、さまざまなイベントがあるので家族で楽しめるとよいですね。

5月5日は「端午の節句」といわれ、男の子のお祭りです。こいのぼりを立て、鎧や兜、強そうでかっこよい5月人形などをお家に飾り、たくましい男の子に育ってくれるように願うイベントです。この日は、柏餅を食べて祝う家庭も多いですよね。

3月3日は「桃の節句」といわれ、女の子のお祭りです。雛人形をお家に飾り、女の子の健やかな成長を願うイベントです。ちらし寿司や雛あられ、はまぐりのお吸い物などを食べる家庭も多いですよね。

プレゼントに悩む誕生日

子どもの誕生日には、プレゼントを渡す家庭も多いですよね。しかし、「3歳の子どもには、どのようなプレゼントがいいの?」と悩むパパやママも…。

子どもへのプレゼントは、年齢や発達に応じたものを選んであげることが大切です。3歳になると、性別によってプレゼントを考えてあげてもよいかもしれませんね。

男の子へのプレゼントは、乗り物図鑑や昆虫図鑑などが喜ぶ子が多いですよ。また、活発な子にはバランスバイクもよいでしょう。女の子は、ドールハウスやおままごとキッチン、洋服などがおすすめです。

プレゼントの費用は、平均すると約5,000円~10,000円で購入されている方が多いそうですよ。素敵なプレゼントを贈って、子どもの喜ぶ顔が見られるとよいですね。

まとめ

3歳の子どもにかかる生活費や保育料などが知られると、毎月どのようにやりくりをしていけばよいのかや、将来の教育費のために毎月できる貯蓄額がどのくらいなのかを計算しやすいですよね。また、さまざまな施設の入場料や宿泊費などにもお金がかかることが分かると、旅行の計画などをしっかり立てることもできます。

子どもが成長するにつれて出費が増えてくることも多いですが、旅行やイベントの計画も立てながら育児を楽しめるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018