就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

貯金なしの世帯はどれくらいいる?数字でみる世帯の貯金事情と貯め方

貯金なしの世帯はどれくらいいる?数字でみる世帯の貯金事情と貯め方

保険や通信費などの固定費を見直す

保険や通信費などの固定費について「これは削れないから仕方ない」と考えているママはいませんか?実は固定費も、やり方によっては安くすることができます。「保険料や通信費が高いな」と感じているなら、ぜひ契約を見直してみましょう。

大手保険会社に加入しているなら、ネット保険に切り替えることで支払いが半額になる可能性があります。主に自動車保険と生命保険で、契約内容も同じなのでぜひ見直してみてください。

通信費ではスマホ料金を見直しましょう。現在「大手キャリア」のスマホを利用しているのであれば、格安スマホに切り替えるだけで携帯料金を1/4~1/2におさえることができます。音声通話や電波は大手キャリアと変わらない品質なので、見直す価値は大きいですよ。

自動的に貯める方法や先取りで貯金

「毎月の給料から必要な分を使って余ったお金」を貯蓄に回しているママはいませんか?実はこの方法では、貯金額がなかなか増えない傾向があるのです。

貯金を確実に増やしたければ、自動的にお金を貯めたり先取りで貯金をしたりする方法が効果的です。例えば給料が入ったらまず一定額を貯金して、残金を生活費に充てるようにしましょう。

一定額の貯金はママが自分で別口座へ移してもよいですし、いっそのこと自動的に貯めることができる会社での財形貯蓄で天引きしたり、銀行の積立定期預金を利用したりするのもよいですね。

また投資積み立てや確定拠出年金などで、自動的に貯めながら投資・運用するのもおすすめです。夫婦に合ったやり方で実践してくださいね。

まとめ

20~40代の子育て世帯で「貯金なし」の割合は3割を超えます。貯金がなかったり少なかったりする世帯は、実は珍しくないようです。

貯金がなかなかできない理由として、収入が減って支出が増えることが考えられます。具体的には出産を機にママが仕事をセーブしたり子どもの成長とともに教育費や住居費などが増えたりするようです。

そんな中でも家計や固定費を見直して出費を抑えたり、先取り貯金などで自動的に貯める工夫をしたりして、貯金を増やすことはできます。記事を参考に、家庭に合う方法に取り組んでください。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND