就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

家族共用のポイントカードを持ちたい!家族でポイント生活を始めよう

家族共用のポイントカードを持ちたい!家族でポイント生活を始めよう

個人名義で作れるポイントカードは色々とあるものの、家族で共用ができるポイントカードがあれば作りたいと考えているママもいることでしょう。そこで今回は、知っておきたいポイントカードのあれこれとポイントカードを持つメリットや注意点、家族で共用できるポイントカード3選などについてお話しします。

知っておきたいポイントカードのあれこれ

ポイントはお金に代わる通貨のようなもの

お店で買い物をすると会計時に「ポイントカードはお持ちですか?」と聞かれることも多いですよね。

提携店舗で使えるポイントカードや、そのお店でしか使えないポイントカードなど色々ありますが、ポイントを貯めるとお金の代わりとして支払いに使うことができるのでお得感がありますね。

ポイントはお金に代わる通貨のようなものともいえます。「ポイントカードを作るのが面倒だから」「カードが増えるのが嫌だから」といった理由でポイントカードを作らない人もいますが、販売側はポイントをつけることを考慮してあらかじめ商品価格を決めているので、ポイントカードを使わないと損をするかもしれません。

少しでもお得に買い物をしようと思ったら、ポイントカードは必須かもしれません。

主要な四つのポイントカードについて

今日本でポピュラーな共通ポイントカードは大きく分けて四つあります。

・Tポイントカード
ファミリーマートやガスト、ウエルシアなど日本全国にある大手企業と提携しているので、買い物や食事をしたときにも貯めやすいのが大きな魅力です。

・Pontaカード
三菱商事が作ったポイントカードで、可愛いタヌキのマークも有名ですね。ローソンや昭和シェル、GEOなどで貯めることができます。

・楽天ポイントカード
楽天市場での買い物はもちろんのこと、くら寿司やミスタードーナツなどでも貯めることが可能です。

・dポイントカード
NTTドコモのdポイントが貯められるカードで、ローソンやマクドナルドなどでも貯めることができます。

ママやプレママ特典のあるポイントカードも

ポイントカードの中には、ママやプレママ向けに特典のあるものもありますよ。妊娠中、もしくは小さな子どもがいるママは要チェックです。

現在妊娠中のママであれば、ママがよく足を運ぶチェーンのおもちゃ屋さんやベビー服の店でプレママ特典のあるポイントカードがないか聞いてみるのもよいですね。プレママ向けの割引クーポンやプレゼントなどを配布していることもありますよ。

現在小さな子どもがいるママであれば、小さな子どもを持つママ向けの特典があるケースもあります。いつも使っているポイントカードのキャンペーン情報などこまめにチェックしてみましょう。

店によっては小さな子ども向けのポイントカードがあり、ポイントが貯まるとおもちゃと交換してくれることもありますよ。

キャッシュレスって便利。今の生活に77JCBデビットを!

PR

「キャッシュレス」と聞いて、お金の管理ができずに使い過ぎてしまうんじゃないかと、心配・不安に思う方もいるのではないでしょうか?今回は、宮城県の地方銀行「七十七銀行」の「77JCBデビット」を例にキャッシュレス決済の良さを紹介いたします。

ポイントカードを持つメリットや注意点は?

ポイントでモノが買えるのが最大のメリット

ポイントカードを持つメリットとして最初に挙げられるのは、ポイントでモノが買えることですよね。よく行くお店であれば、日用品の買い物をしている間に自然とポイントが貯まり、お金として使うことができます。得した気分になりますよね。

また、ポイントカードを持っている人向けに割引セールが開催されることもあり、ポイントカードを持っていない人よりもその場でお得に買い物をすることができます。

さらに共通ポイントカードであれば、貯まったポイントを提携店内の好きなお店で使うことができるので、幅広く活用することができます。公共料金の支払いにポイントが使えることもあるので、この場合は、直接家計にプラスになるのが嬉しいですね。

ポイントに執着しがちなところがデメリット

ポイントカードを作るデメリットとしては、ポイントに執着しがちなところかもしれません。

たとえば、メイク落としを買いたいと思っていても、今立ち寄ることができるお店ではポイントが貯まらない場合、わざわざポイントが貯まるお店まで移動してメイク落としを購入するということもありますよね。

またポイントカードを忘れると「また今度買いに来よう」と諦めることもあります。ポイントを貯めるために、いつも同じお店にばかり足を運び、新しいお店ができても覗く気すら起こらないかもしれません。

このようにポイントカードを作ると無意識に「このお店で買わないとポイントが貯まらない」というようにポイントに執着し、行動が限定されることもあります。

ポイントカードは増えすぎないように注意

お店で買い物をする度に「当店でポイントがつくカードは何かお持ちですか?」と聞かれ、その都度財布の中で溢れているポイントカードを指でめくって探しているというママもいることでしょう。

ポイントカードを持っていない場合、「今ここでカードを作ると、今日のお会計が初回サービスで割引になりますよ」などと声をかけられ、ついその場で作ってしまうこともありますよね。

しかしこうやってポイントカードを増やしてしまうと、どのポイントがいくら貯まっているのか管理できなくなり、ポイントがあちらこちらに分散することになります。

これではもったいないので、できるだけポイントカードは最低限の枚数に絞るようにし、効率よくポイントを貯めていきたいですね。

家族で共用できるポイントカード3選

街のお店で使えて貯まる楽天ポイントカード

ポイントカードは作った本人しか使えないものも多いのですが、中には一つ作ると家族で共用できるものもありますよ。家族でバラバラにポイントのアカウントを登録する必要がなく、家族で一緒にポイントを貯めることができるものもあります。

楽天ポイントカードの場合、楽天市場での買い物で貯めることができるのはもちろんのこと、街のお店でも使って貯めることができます。さらに一つのアカウントにつき、15枚までカードを持つことができるので、家族で1枚ずつ所有することも可能です。

可愛いキャラクターデザインのカードもあるので、子どものお財布の中に入れておくと喜びそうですね。カード本体は署名した本人しか使えないようになっているので注意しましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事