就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

女の子の赤ちゃんはお金がかかる?補助金や女の子ならではの行事

女の子の赤ちゃんはお金がかかる?補助金や女の子ならではの行事

「女の子の赤ちゃんが生まれたら可愛い服を着せて、可愛い髪形にして…」と思い描いていることがありますよね。それをかなえようと思うと、女の子の方がお金がかかるのでしょうか?赤ちゃんが生まれたら受け取れる補助金や、女の子ならではの行事やお金事情についてまとめました。女の子ならではの楽しみを味わいましょう。

赤ちゃんが受け取れる補助金について

児童手当の申請は済んでいますか?

子どもの出生届を役所に出しに行った際に、児童手当の話をされませんでしたか?児童手当は、日本国内に住んでいれば、0歳から中学卒業するまでもらうことができます。

ひと月で3歳未満は15,000円、3歳から小学校修了までは10,000円、中学生は10,000円をもらうことができます。ただし、親の所得制限がありますので、注意してくださいね。

申請した翌月から支給され、4カ月分まとめて2月、6月、10月に支給されます。申請が遅れるとそれだけお金がもらえませんから、早めに申請しましょう。

里帰り出産をしている人も多いと思いますが、児童手当の申請は住んでいる地域の役所に提出する方が申請も早く済み、早くもらうことができますので、おすすめです。

地域で差がある赤ちゃんの医療費助成制度

赤ちゃんの医療助成制度はどの地域にもありますが、その内容は地域によって異なります。都道府県ごとに助成内容を決めたうえで、市町村がそれぞれの財政を加味したうえで、上乗せして補助金を出してくれているのです。

そのため、住んでいる市町村ごとに補助してくれる範囲が違うのです。補助してくれる対象が小学生までというところもあれば、22歳まで補助してくれるところまであるのです。

自分が住んでいる地域の助成が分からなければ、役所で聞いてみましょう。通院や入院で補助の対応が違うこともありますから、きちんときいてみてくださいね。

どこに住もうか迷っている人は、市町村のホームページを見て、助成金の内容をみて決めてもいいかもしれませんね。

知らなきゃ損!自治体独自の補助金

全国共通の補助金制度以外にも、住んでいる自治体独自で補助金制度をしているところもあります。知らなくてもらえなかったとなったら損ですので、まずは調べてみましょう。

助成内容はそれぞれの自治体で工夫していて、その内容は本当にユニークです。出産したら100万円を支給してくれるところや、紙おむつやおしりふきをくれるところ、産前産後のヘルパーを派遣してくれるところまであるのです。

赤ちゃんの時だけでなく、結婚式や留学まで、幅広い内容で資金援助の補助をしてくれる自治体もあるようです。こうした独自の補助金を出すことで、補助する対象を確保することがねらいになるのです。自分が住んでいる自治体のホームページをまずは見てみましょう。

男女で違いのあるお祝い事とその費用

女の子の初節句。ひな人形や衣装の費用

赤ちゃんが生まれたら色々なお祝い事がありますね。男女共通のお祝い事もありますが、女の子ならではの行事として、まずは女の子の初節句「ひな祭り」があります。

おじいちゃんやおばあちゃんにひな人形をプレゼントしてもらえることが多いと思いますが、自分たちで買う場合は費用が気になりますね。ひな人形には本当に色々な種類があり、値段も幅があります。

ひな人形は、女雛と男雛のみ、三人官女も一緒のもの、七段飾りのもの、ガラスケースに入っているものなど様々なものがありますので、飾る場所を考えて選びましょう。

値段も1万円~数十万円のものがありますので、予算から選ぶというのも一つですね。相場としては5~10万円のものがよく売れているそうです。

女の子の七五三。着物を買う、借りる費用

女の子は3歳と7歳で七五三をお祝いしますが、着物でお参りするのが主流になっていますね。

最近の写真店では、写真代を払えば着物を一式無料で着させてくれるというところもあります。写真を撮る時期を七五三の時期と外せば、写真を撮るのもとても安くなることもありますから、写真店を調べてみるといいでしょう。

着物を買う場合もどんな着物を買うかでかなり幅があります。安いものは約8000円からありますし、高いものはきりがありません。

着物を買っても維持するのが大変と考える人は、レンタルするという手もあります。着物の質にもよりますが、10000円もしないで借りることができますので、後のことを考えると楽かもしれませんね。

女の子の成人式。振袖や成人祝いの費用

20歳になると成人式を迎えます。男性はスーツで式に参加している人が多いですが、女性は着物で参加している人が多いですね。七五三の着物とは違い、大人用の着物は高くなるようです。

着物一式を買う場合、30~40万円が平均的な相場と言われています。20年前には着物はもう少し高いものが主流でしたから、最近はだいぶ安くなっているようです。

最近は着物をレンタルする人の方が多いようで、小物やヘアメイク代を含めて15~18万円が平均的な相場になるようです。一度しか着ないのにもったいないと思うかもしれませんが、記念ですから子どもが望んだら着せてあげたいですよね。

そう考えると着物を着る分だけ、女の子の方がお金がかかりそうですね。

女の子の方が負担が大きくなりがちなもの

女の子はおしゃれが大好き!洋服、装飾品代

子ども服が並んでいるのをみると、男の子と比べて女の子の洋服は鮮やかで可愛い洋服が多いですね。洋服だけでなく、靴、バック、ヘアアクセサリー、などなど…。可愛いものが多く、女の子が大好きなものがいっぱいです。

男の子に比べても身に着けるものが沢山ありますよね。もちろん、メイクにも興味が出てきて、ネイルやリップもしたいと言ってくるようになるでしょう。

女の子は3歳頃になると、身に着けるものに対して自分の意見を言うようになります。目についた可愛い洋服を持って「これ買って」と値段を気にせず言ってくるかもしれません。

女の子は可愛いものが大好きですし、気に入ったものだけを身に着けたがりますから、それを全て買っていたらお金がかかりますよね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC