就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児教育の大切さとは?種類と特徴から考える親子で大事にしたいこと

幼児教育の大切さとは?種類と特徴から考える親子で大事にしたいこと

ママのお世話が必要だった赤ちゃん時代が終わりに近づいてくると、言葉を理解したり、自主性が出てきたりするようになりますね。そうなってくると、「幼児教育」に興味が出てくるママも多いのではないでしょうか。そこで今回は、幼児教育とはどういうものなのかを解説していきます。

幼児教育ってどういうものなの?

幼児期は何歳ごろのこと?

「幼児教育」という言葉に興味を持っているママ、「幼児」とは具体的に何歳ごろのことをいうかご存知でしたか?生まれてから1歳になるまでを「乳児期」、1歳から小学校入学前の6歳までを「幼児期」といいます。

ひとことで「幼児期」といっても、各年齢で発達に大きな差があります。1~2歳では、歩き始めて外の世界を知ることで徐々に「自我」を形成し始め、「イヤイヤ期」を迎える頃です。3~4歳ではまわりのお友達とのかかわりが増え、社会性を身に付け始めます。

そして5~6歳では言語能力や運動能力が発達し、コミュニケーション能力も高まります。幼児期には大脳神経系の約80%ができあがるとされていて、生涯の人格や能力の基礎をつくる時期といえるでしょう。

「幼児教育」と「早期教育」の違い

「幼児教育」と並んでよく耳にする「早期教育」。二つを混同してしまいがちですが、実はまったく別のことをいいます。

【幼児教育】
幼児に対する教育すべてを総称したものです。生涯にわたる学習の基礎をつくること、「後伸びする力」を培うことを重視します。幼稚園や保育所、家庭、地域社会など、幼児の生活全般における教育をいいます。

【早期教育】
小学校に入る前から、先取りして教育を取り入れる方法で、場合によっては「乳児期」から英才教育を始める家庭もあります。おもに小学校受験などを念頭において、知識を習得したり、運動や芸術を学んだりします。

幼児教育は生涯の学習の基礎を育てること、早期教育はお受験のために学習すること、というように目的が違っているのです。

幼児期の学びが大切な理由

幼児期は、身体の成長だけでなく、運動能力や心の成長が著しい時期です。幼児期に将来の人格形成の土台となる部分ができていれば、小学校入学以降の勉強でつまづくことなく過ごしていける可能性が高くなるでしょう。

幼児期にいくら勉強ができたとしても、わがままだったり、いじわるだったり、おこりっぽかったりなど、社会性に欠けるような性格だと、バランスの悪い状態で成長していくことになりかねません。

一昔前は資格や成績だけで評価されることもありましたが、今後はそれも変わっていくような流れになってきています。2021年から、大学受験でのセンター試験が廃止され、「思考力・判断力・表現力」を中心に評価されるように変わっていくそうです。

幼児教育の種類とそれぞれの特徴は?

幼稚園・保育園・認定こども園での教育

一般的に、幼稚園では文部科学省がかかげる「学習指導要領」に基づいて、「生きる力」を身に付ける教育をします。お友達と力を合わせて物事に取り組む中で、達成感や自信を高め、社会性を学んでいくのが幼稚園の特徴です。

一方保育園では、子どもの気持ちに寄り添いながら、愛情を持って育てることに重きを置いています。生活の基盤になる部分を、時間をかけて身に付けさせてくれるでしょう。

幼稚園では「教育」、保育園では「保育」というイメージを持っているママも多いと思います。しかし最近では、幼稚園でも延長保育があったり、保育園でも読み書きを教えたりなど、違いがなくなってきている傾向にあります。また、幼稚園と保育園のいいところをあわせ持った「認定こども園」も増えてきています。

体操やピアノなどの習い事

幼稚園や保育園での基本的生活習慣にかかわる教育のほかに、習い事で得意分野を伸ばすような教育も人気です。特に体操やスイミング、ピアノなどは昔から定番の習い事ですね。

スポーツ系の習い事では、身体能力を高めることで精神的にも鍛えられることがメリットといえます。またチームプレイをする中で協調性や忍耐力も培われるでしょう。

文科系の習い事では、ピアノが脳科学的にもよいとされてメディアでもよく取り上げられていますね。幼児期に始めることで絶対音感を習得できる可能性があるほか、集中力や記憶力も高まるとされています。

幼児期の習い事は子どものやる気を見ながらすすめる必要があります。イヤイヤやったり飽きたりしていないか注意してみてくださいね。

学習に重点をおいた幼児教室

読み書きや計算など、学習面に重点をおいた幼児教室も人気があります。自宅でママが教えると、子どもが嫌がって話を聞いてくれないということはよくあるようです。その点幼児教室では、年齢やレベルに合った教材を教育のプロがしっかりと指導してくれるので安心です。

お友達と一緒に通うことで競争心が生まれて伸びる子どももいますし、1人の方が集中できるという子どももいると思います。大切なのは子どもに合った環境の教室に通わせることです。

また、多くの幼児教室では自宅でおこなう「宿題」が出されます。先生に任せきりではなく、ママも子どもと一緒に学ぶ時間を作る必要があるでしょう。就学前に読み書き計算ができていると、自信を持って小学校の授業に臨めるかもしれませんね。

幼児教育で大事にしたいことは?

子どもの自主性を育てること

幼児期の子どもは、興味のあることはどんどん吸収して成長しますが、逆に関心のないことを無理やりさせられると、どんなに時間をかけても身に付かない、といったことがよくあります。

幼児教育で大事にしたいことは子どもの「自主性」です。ママやパパの希望もあると思いますが、まずは子ども自身の「やってみたい!」という気持ちを大切にしてください。はっきりと言葉で伝えてこなくても、日々の遊びの中で子どもが特に集中してやっていることをママがしっかり見て気づくようにしたいですね。

子どもが興味を持って始めた幼児教育であれば、できたときの達成感も大きいでしょう。もちろんうまくいかないこともたくさんあると思うので、そんな時はママが優しくフォローしてあげたいですね。

親子で楽しいと思えること

「幼児教育」と聞くと、幼稚園や保育園での教育や、習い事などを連想するママも多いと思いますが、実は一番大切なのは家庭での教育なのです。特に「早寝早起き」など、生活習慣にかかわる部分は家庭でしか教育できない大切なこと。

「教育」というと構えてしまいますが、基本的には日々の生活の中でママが子どもに愛情を持って接する中で自然と学んでいくものです。朝起きたら「おはよう」と言う、外から帰ってきたら手を洗う、おもちゃを出したら片付ける、など日常の何気ないことでも、子どもが上手にできたらたくさん褒めてあげましょう。

また、ママと公園で遊んだり、本を読んだりすることも立派な幼児教育です。あまり大げさにとらえず、親子で楽しいと思えることから始めてみるのもよいですね。

小学校で必要になるスキルにつながること

幼児教育には就学後の生活に向けた準備という役割があります。幼稚園や保育園とは違って、小学校ではある程度の自立が必要になります。入学してすぐにできるようになるわけではないので、幼児期から徐々に身に付けておきたいですね。

【小学校で必要になるスキル】

  • あいさつ
  • 早寝早起き
  • 時間の管理
  • 授業中座っていられる(45分)
  • 自分のことは自分で
  • 自分の考えを伝える
  • 人の話を聞く
  • 周りと協力する
小学校では国語や算数といった勉強もありますが、まずは集団生活に慣れることが大切です。また、幼児期に得意なことを見つけておけば、「自分はこんなにできるんだ!」と自信を持ち、小学校に入ってからもいろいろなことにチャレンジできる強さが身に付くかもしれませんね。

まとめ

幼児教育で大切なのは、できないことを叱るのではなく、子どものよいところを見つけて伸ばすことです。単に知識を詰め込むようなことは幼児教育とはいえませんね。

幼児期は将来社会に出て生き抜く力をつける、大切な時期です。子どもが不安に感じているようなことがあれば、ママが優しく抱きしめて受け止めてあげてくださいね。小学校入学に向けて、焦らずゆっくりと、子どもの個性を伸ばしていけるようにサポートできるといいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018