就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

自由に教育して子育てしたい。放任主義との違いや海外の教育のヒント

自由に教育して子育てしたい。放任主義との違いや海外の教育のヒント

自由にのびのびした子育てをしたいけれど、放任、ほったらかしになってしまわないか不安もありますよね。「自由のびのび型」と「放任放置」の違いや、育て方のポイントなどをご紹介します。また海外の子育て方法、教育から得られるヒントもあわせてご覧ください。

子どもを自由に育てたいけど不安もある

「自由のびのび型」の教育とは

みなさんは自分の子どもに、どんなふうに育ってほしいですか?赤ちゃんのころや、子どもの成長における節目のときなどに「すくすくと大きくなりますように」と願うママも多いことでしょう。

「すくすく育つ」は「のびのび育つ」と同義語です。教育方針として「自由のびのび型」教育を目指しているママもいると思います。

「自由のびのび型」教育とは、子どもの意志や判断を尊重することで、自立心を高め、個性を伸ばして子ども自身の可能性を広げることを目的としています。

例えば、毎日の着る服は、子どもの意志や判断を尊重し、子ども自身に選ばせましょう。ママが「これにしなさい」など口出しするのは、好ましくありません。ママは子どもが、何を考えてどう判断して行動するかを、口出しせずに見守ることが大切です。

子どもの行動に不安を覚えるときもあるかと思いますが、そのときもママは子どもを信頼し、手や口を出したくても、ぐっと我慢します。子どもが好きなようにさせればいいのでは?と簡単に考えていた場合、ママの忍耐や精神力が必要になるため大変かもしれません。

「自由のびのび型」と「放任主義」の違い

「放任主義」の明確な定義はなく定義はなく、子どもの意志や判断に親が干渉しないということになります。しかし残念なことに「放任主義」の意味をはき違え、放任放置、ほったらかしの子育てをしているパターンもあるようです。

子どもは放っておいても、いろいろなことを身につけることはできません。親が教えてこそ身についていくので、子どもが小さなうちからの、しつけや教養はとても大切です。

例えば、お菓子はいつでも食べ放題、好きなだけゲームし放題、門限はなくいつ帰ってもよい…子どもからすれば「自由でのびのび」しているかもしれませんが、これでは子どもが社会で必要なルールを守ることができなかったり、将来人との関わりで亀裂が生じやすくなったり大きなダメージをあたえかねません。

大切なのは、親が規範意識やしつけをきちんと教育することです。それ以外の何を着るか、何して遊ぶか、挑戦するしないなどは子どもの意志を尊重しましょう。親はけっしてほったらかしではなく、遠くから子どもを見守ることが、自由でのびのび育てるポイントなのではないでしょうか。

自由な子育てをするために気をつけること

自由の中にも制限は必要!

そもそも「放任」とは「成り行きに任せること。または干渉せずに放っておくこと」を意味します。のびのびと自由に子育てをするということは、ほったらかしにするのではなく、自由の中にも制限をつくることが必要だと思います。制限とは子どもとのルールであったり、約束ごとのことです。

幼稚園にいく準備をしてから、出発までに時間があれば遊んでもいいよというふうに、自由にしてもいいけど約束は守らなければならないということをきちんと教えましょう。

お菓子を食べる時間やゲームをする時間は守る、幼稚園にいく準備は自分でする、など健全な生活をするために身につけなければならないことはしつつも、それ以外は親はそっと見守り、子どもの自由にさせてあげましょう。

やってはいけないこととよいことを区別する

公園などで子どもの行動には目もくれずにママ同士でおしゃべりに夢中になっている場面をみるときがあります。子ども同士がけんかしたり、モノをこわしてしまったりしてはじめて「もう、なにしてるの!」と怒ります。

親が見守ることで、子どもが危ないことやいけないことをしそうになったとき、適切なタイミングで注意することができるので、子どもに善悪を教えられますよね。

気をつけたいのはママの感情や都合でいきなり叱らないことです。いきなり叱られた子どもは何に対して叱られているかがわからず混乱します。

子どもが好奇心や自分でやってみたいという気持ちを失ってしまわないように、日頃から親が見守りつつも、ものごとの善悪はしっかりと教えてあげましょう。

主体性を持たせるためにはサポートが必須

主体性とは自分の意志や判断で責任を持って行動する態度や性質のことをいいます。子どもの主体性を育むのに最も効果的なのは「好きなことを自由に探させてあげる」ことだといわれています。

例えば、幼児のうちから数種類の習い事をしている子どもも多いですよね。しかし、それは子どもが「やりたい!」といったのでしょうか?ほとんどの場合は親の意向で習わせるケースだと思います。

子どもが「親にやらされている」と感じているうちは主体的になるのはむずかしいでしょう。とはいえ子どもにすべて決めさせるには、まだ親のサポートが必要です。

また、ときには子どもが失敗することがわかっていても、ぐっと我慢することもサポートといえます。失敗しなければ学べないことも多々あるからです。

海外の子育てを例に教育のヒントを探る

学力が世界一の「フィンランド」

フィンランドは、国際学力比較調査「PISA」(主に先進国を中心とした15歳の児童の学力調査)で、常にトップクラスの学力を誇っています。

年間授業日数、授業時間が、OECD加盟国(34カ国)の中で最も少なく、夏休みは約2カ月間あります。小学校では宿題やテストがほとんどなく、子どもたちは休むときに休み、自発的に勉強をすることができているようです。

また、国の教育政策として小学校から大学までの授業料が無料です。フィンランドでは少人数制の授業を行っており勉強が苦手な子どもには補修制度があり、学力の差が少ない教育システムができています。

そしてフィンランドはヨーロッパで唯一、修士号を取得した人のみが教師に就任できるので、教師の質が他国に比べて高いようです。

幼児教育の先進国「フランス」

フランスの幼児教育者として有名なセレスティン・フレネはフランスの教育に大きな影響を与えたといわれています。フレネは積極方式といって子どもの好奇心からの行動力に着目し、子どもたちが積極的に学習をするような工夫を行いました。

フランスは保育学校といって日本の幼稚園にあたる施設で、2歳から6歳までの子どもが受け入れ対象になります。公立が主流で授業料は無料です。

またフランスでは、子どもの成長のスピードは人それぞれだと考えられているため、成長のスピードがちがう子どもを一緒に学習させません。

小学校では入学前に審査があり、入学できないケースもあります。たとえ留年しても、その子どもに合った学習をすることで子ども自身のためになるからという考えのようです。

自立心を育む「アメリカ」

アメリカは赤ちゃんのころから、部屋にひとりで寝かすことはよく知られていることですね。添い寝をしたほうが自立心を育みやすいといわれていますが、アメリカは治安の関係もあり、昼間は学校や習い事の送迎は大人がしっかりと子どもを監視しなければならない義務があり、自立心を育むために夜はひとりで寝かすようです。

日本とは文化も法律も違うアメリカですが、自立心を育むのにヒントになるような子育て方法が多く見られます。例えばアメリカでは子どもが小学生になると親は子どもにまとまったお金を渡し、学用品やおやつ、家庭によっては衣類なども自分でやりくりさせます。

足りなくなれば家事などを手伝いおこづかいを稼ぐこともします。子どもが自分で金銭管理をすることで自立心が養えますね。

まとめ

子どもに悪影響になる恐れのある「放任放置」、自立心と主体性を育む「自由のびのび型教育」。自由のなかにもルールや約束ごとをきちんと教えることで放任放置になるのを防ぐことができるはずです。

子どもを信じて見守るには、信頼関係も必要になります。信じて見守ってくれているという安心感があれば、きっと子どもはのびのび生き生きと育っていくことができるでしょう。

親も子育てとはこうであるべきだと決めつけるのではなく、こんな方法もあるんだと柔軟に考えをとりいれ、親も子どもも「のびのび」成長できるといいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018