就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳から始める習い事。男女ごとの人気の習い事や選ぶポイント

3歳から始める習い事。男女ごとの人気の習い事や選ぶポイント

3歳になるとできることも増えて、何かを習わせてみようかなと考えるママも多いと思います。でも、どんな習い事がよいのか悩みますよね。ここでは3歳から習い事を始めるメリットとともに、人気の習い事を紹介していきたいと思います。選ぶ際のポイントや注意点もいくつかあげていきますので参考にしてみてくださいね。

3歳から習い事をさせるメリットとは?

手先の器用さや運動能力が上がる

3歳になると、子どもはたくさんの成長をみせてくれます。手先が器用になり、運動能力もついてきます。いろいろな面が伸びるので、この時期に何かにチャレンジさせることはよいことだと思います。

現代の子どもの問題点として、運動能力の低下や手先の不器用さがあげられるそうです。これはさまざまな機器が発達して便利になったため、手先を使うことが少なくなり、体を動かすこともなくなってきたからだそうです。

子どもの成長や、特性をいかせないことはもったいないですよね。しかし、実際は何をしてよいのかわからなかったり、やることにも限界があったりします。

手先を使った習い事や、運動量を増やせる習い事をすることで、子どもの能力をのばすことができますよ。

将来のさまざまな可能性が広がる

興味のあることに挑戦して、たくさんのことを吸収する3歳児。この時期から習い事を始めると、将来に向けてさまざまな可能性が広がります。しかし子どもが何が得意なのか、どういう能力があるのかなど、なかなかわからないですよね。

子ども自身も最初から強い気持ちで「これがやりたい!」ということはあまりないかもしれません。もし、少しでも子どもが興味をもつものに出会ったら、体験してみるのもよいと思います。やってみて「楽しかった!」「またやりたい!」と思うこともあります。

早い時期からやりたいことや得意なことをすると、子どもの能力はぐんぐんと伸びて、可能性も広がっていきます。その可能性をどんどん広げてあげましょう!

個性を伸ばしてあげることができる

子どもには、それぞれ個性があります。その個性を伸ばしてあげると、今後の子どもの自信や成長につながっていきます。

家の中にいるだけでは、なかなかその個性は伸ばしてあげることができないものです。子どもが「これをしたい」ということがあっても、すべてをかなえることはできません。例えば「思いきり走りたい!」「プールで泳ぎたい!」と言っても、限界があります。

家ではできないけれど、習い事のなかではのびのびとできますよね。やりたいことを夢中になって打ち込んだ経験は、自信にもつながります。

習い事のなかで、子どもが好きなことをすると自然とその子どもの個性は伸びていくと思います。その個性を大切に育てていきたいですね。

3歳の男の子におすすめな習い事3つ

男の子に絶大な人気!サッカー

3歳になると、体力がついてよく動きますよね。体を動かす習い事として人気があるのは、やはりサッカーです。

走るのが好きだったり、ボールが好きだったりするとサッカーに興味をもちやすいかもしれませんね。外でお兄さん達がやっていたり、テレビでもサッカーの試合をしていたりするので、小さい子どもでも、なじみがあると思います。

サッカーの利点としては、走ったり蹴ったりするスポーツなので、体力がつきます。転ぶこともありますが、そこで泣かずに立ち上がる強さも身につきますね。

また、チームワークが大切な競技でもあるので、協調性も身につきます。ルールがわかりやすいのもよいですよね。友達と楽しみながらできる習い事のひとつだと思います。

礼儀作法が身につけられる武道

最近では礼儀作法が身につくという理由で武道も人気があるようです。例えば、空手や剣道、柔道などです。小さい頃だと、親が子どもにやらせたいという思いで習わせることも多いようです。

武道の利点としては、あいさつや礼儀を学ぶことができます。しっかりと教えてくれるので、小さい頃から自然と身につきます。

また、体力だけではなく、精神的にも強くなります。武道は訓練をするなかで、一つ一つの技を努力しながら覚えていきます。練習を重ねて、経験していくにつれて強くなり、自信につながります。この自信が精神的な強さになるようです。

また、そのほかにも集中力が身につく、年上の人に敬意や感謝の気持ちをもつことができるなど武道にはたくさんの利点があります。

体力や筋力をつけられる水泳

水泳は、幼児期から始める習い事のなかでも1番人気があります。

利点としては、水中で浮力が働くので、関節や骨に負担をかけずに全身運動ができます。そして全身を使うので、バランスのよい筋力や体力がつきます。体の成長が著しい幼児にとって負担をかけずに体づくりができるのは水泳のメリットです。

また、精神的にも強くなりますよ。泳げなかったのが、泳げるようになると達成感を得ます。また、できないことができるようになることで、多少のことも我慢すれば乗り越えられると感じます。それが自信となり、精神的な強さとなります。

また、スポーツに関する能力だけではなく、頭の発達にもよい効果があるそうです。いろいろな利点があるので、参考にしてみてくださいね。

3歳の女の子におすすめな習い事3つ

女の子には不動の人気!ピアノ

女の子にはやはり、ピアノは人気です。ママも女の子には、ピアノをやってもらいたいと一度は思うことがあるかもしれません。

ピアノは手先の器用さを身につけることができます。集中力や手先の器用さがあらわれるのが3歳頃なので、時期的にはちょうどよいかもしれませんね。指先を頻繁に使うことで脳が刺激され、頭がよくなったり、運動神経がよくなるともいわれています。

また、3~4歳くらいが最も音感がよくなるという説もあるそうです。この音感がよくなる時期にピアノに触れることで能力が伸びたり、感受性も豊かになってくるかもしれません。

定期的に発表会もあるので、度胸がつくという利点もありますよ。恥ずかしがり屋さんの女の子にもおすすめの習い事です。
42 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事