就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳児の人見知りが悩みの種。人見知りについて知っておこう

1歳児の人見知りが悩みの種。人見知りについて知っておこう

1歳ごろといえば乳児期から乳幼児期へと成長を遂げる時期であり、成長に伴い子どもが一時的に人見知りになることもあります。ママ以外の人に子どもが人見知りをするのが悩みの種だというママも多いのではないでしょうか。そこで今回は1歳の子どもはなぜ人見知りをするのか、その解決策などについてご紹介します。

人見知りについての知識を得よう!

人見知りの原因とは?

生まれたばかりの赤ちゃんは、ただぼんやりとこちらを見つめているだけだと思っていたのに、いつの間にか成長してママの顔や見慣れた人の顔まで覚えられるようになっていますよね。

人見知りは、それほどまでに赤ちゃんの脳が発達してきたという目安ともいえるのです。赤ちゃんは目の前に知らない人が現れた際に怖いと思う反面、興味も持っています。心の中に怖いもの見たさにも似た「近づきたいけれど怖いからどうしよう」というような葛藤が生まれることで泣いてしまうともいわれています。

もしかしたら好奇心旺盛で色々なものに興味を持つ赤ちゃんや、敏感で少し怖がりな子の場合は、人見知りが強くなる傾向にあるのかもしれませんね。

人見知りの時期はいつからいつまで?

人見知りは早い子では生後3~4カ月ころ、後は生後6カ月くらいの間に始まることが多いといわれています。いつもは人前でもよく笑う子だったのに、ある日突然人見知りするようになってしまったら、ママもきっと心配になりますよね。

人見知りは一般的には2歳前後に落ち着くといわれていますが、まったく人見知りをしないままの子もいますし、2歳を過ぎたあたりから出始める子もいます。また、一度はおさまったと思っていたのに再び人見知りが始まるなど、その期間や程度にも大きな個人差があるようです。

子どもの性格と親子関係、育児環境など、様々な違いが関係しているので、子どもの個性に合わせてじっくりとつき合っていきましょう。

発達障害や自閉症の可能性も?

「同じ月齢くらいの周りの子どもは人見知りが始まっている子が多いのに、うちの子はまったく人見知りをしない」と気になって調べてみると、発達障害や自閉症の特徴にも当てはまっていて、ますます不安を感じてしまうママも多いようです。

しかし、大人でも誰一人として同じ人間がいないように、子どもも生まれたときからしっかりとした個性を持っているものです。

もともと社交的な子だったり、月齢が低いころから大勢の人に囲まれて育ったりした子は、人見知りをしにくいともいわれています。また、同じ環境で育っても、兄弟によってまったく反応が違う場合もありますよ。

多くの場合は、子どもの性格や生活環境によるものなので、必要以上に心配することはないでしょう。

1歳児が人見知りするときの行動

慣れていない人を睨む

普段のかわいい笑顔を見せて欲しいときに限って、相手のことを睨んでしまったり無表情になってしまったりする子どもも多いですよね。しかし、このような行動は、相手のことが嫌いだから睨んでいるわけではありません。好奇心があり、まっすぐに相手の顔を見つめているだけのこともあるようです。

周りの方と少し気まずい雰囲気になったとき、子どもはママの気持ちを敏感に察知します。ママが相手に対して申し訳ないと思って焦るほど、余計に子どもの機嫌が悪くなることもありますよ。

そんなときには、相手にも一言、人見知りの時期だと伝えた上で、子どもには「気になるね」などと優しく声をかけながらあやしてみるのも効果的です。そして「睨むと怖いよ」と少しずつ伝えてみてくださいね。

人が近づいてくると固まる

「さっきまで楽しそうに遊んでいたのに、知らない人が近づいてきた瞬間に別人のように固まってしまう」という反応は、人見知りの時期には比較的よく見られます。

もしかしたら、少し怖がりで繊細な性格の子に多いのかもしれません。小さな子どもは知らない人を見つけて怖いと思いながらも、興味はあるのでその人のことをおそらくじっと観察しているのでしょう。

ママのそばから離れようとせずに、動きがぎこちなくなる子もいます。ママは心配になるかもしれませんが、大人も周りとコミュニケーションを取るときに緊張したり、うまく話せなかったりすることもありますよね。

子どもも新しい刺激に緊張しているだけなので、優しく見守りましょう。

ママ以外だと泣いてしまう

ママ以外の人が抱っこした途端に子どもが泣き出してしまうのも、人見知りの時期に最も多く見られる特徴だといえます。

このころの子どもは、もうしっかりとママのことを特別な存在なのだと認識していますので、ママにとっては嬉しい反面、負担も増えて大変なのではないでしょうか。特に、子どもが一緒に入れない場所に連れて言った場合は、預けた瞬間に大泣きして困ってしまいますね。

そんなママと赤ちゃんの不安を少しでも解消できるように、普段から赤ちゃんがママ以外の人と過ごす時間を作るのも大切です。始めはママと離れるのが嫌でたくさん泣きますが、少しずつ時間を伸ばしていくと少しずつママがいない環境でも楽しく過ごせるようになりますよ。
36 件

関連記事

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND