就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

遊びの中でつかまり立ちの練習を!得られる効果や便利なおもちゃとは

遊びの中でつかまり立ちの練習を!得られる効果や便利なおもちゃとは

テーブルなどを支えにして立ち上がることで、赤ちゃんが今までとは違う視野で世界を見られるようになるのがつかまり立ちですよね。つかまり立ちは視野が広がるだけではなく、赤ちゃんに色々な効果をもたらせます。つかまり立ちで得られる効果やつかまり立ちの練習方法、練習に使えるおもちゃを三つご紹介します。

つかまり立ちで得られる効果と練習時期

ひざの屈伸や踏ん張りなどの動作を覚える

寝ているときなどでも、赤ちゃんはひざの曲げ伸ばしの動作を行っていますが、つかまり立ちを始めると自重がかかる屈伸運動ができるようになります。下半身が鍛えられて、体を安定した状態で支えられるようにもなりますよ。また、膝関節を使うことは骨の成長にもよい影響を与えますね。

身体を支えるためには足の指を使い踏ん張る動作や、左右に揺れても倒れないバランス感覚も必要ですよね。これらも、赤ちゃんはつかまり立ちをすることで覚えていきます。体をまっすぐに保つために必要な体幹を鍛えることにつながっていくのです。

つかまり立ちは、今後伝い歩きやひとり歩きを始めるために必要な体幹を鍛えることや、平衡感覚を自然に覚えるために必要な動作といえますね。

視野が広がり視力も好奇心もアップする

ねんねの状態やハイハイ、おすわりなどに比べると、つかまり立ちができると目線の高さが変わってきます。視点が高くなり、さらに視野も広がりますね。また赤ちゃんの視力も、視野の広がりに合わせてアップして行きます。

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は未発達な状態で、30cmくらい先がなんとなく見えていますが、つかまり立ちをするころには0.2~0.4くらいの視力になります。物の立体感や遠近感も備わってきますよ。

物が見えるようになるため、好奇心もアップします。人差し指で指さしを行って「あーあー」などと声を出しながら、興味を持つものを知らせてくれることも増えますね。つかまり立ちは手や指も使うため、指先も器用になり色々な物を掴めるようにもなります。

ハイハイができるようになったら練習しよう

つかまり立ちは、赤ちゃんの成長において重要な動作の一つです。ママの中には、早くつかまり立ちができるようにサポートしたいと思う方もいるかもしれませんね。では、いつからつかまり立ちの練習を行えばよいかというと、ハイハイができるようになってからとなります。

赤ちゃんの体は、ハイハイによって手や足腰など全身の筋肉が自然と鍛えられていきます。つかまり立ちをするためには、このような筋肉の発達が必要ですよね。筋肉の発達が追いついていない状態でつかまり立ちを行うのは赤ちゃんの体に負担がかかりますので、ハイハイができるようになってからがよいといえます。

月齢でいえば生後10~11カ月ごろですが、個人差もあるためハイハイができるようになってからと思うとよいですね。

遊びを取り入れたつかまり立ちの練習方法

ママが脇や腰を支えてサポートしながら練習

赤ちゃんがつかまり立ちを始めたばかりのころは、まだ体のバランスが上手にとれず足の力も弱いため、転倒のリスクが高くなります。ママも目が離せないと心配になることも多いですよね。

つかまり立ちの練習をこれから始めるという場合は、ママが赤ちゃんの脇や腰を支えてサポートを行いながら練習をするとよいですよ。赤ちゃんはスキンシップの延長として大好きなママとのふれあいを楽しめますし、ママも心配せずにつかまり立ちを見守れますね。

少しずつつかまり立ちができるようになってくると、ママの足に赤ちゃんがしがみついて立ち上がろうとすることも多くなります。このようなときに、赤ちゃんの手をとって立たせたりしゃがみ込んで脇を支えたりするのもよいですよ。

手を伸ばしたら届く位置に興味をひくものを

赤ちゃんは興味があるものに手で触れたり、口に含んだりして確かめようとします。つかまり立ちをすれば手が届くくらいの位置に赤ちゃんの興味があるものを置くと、赤ちゃんは手を伸ばして触ろうとしてつかまり立ちをしようとします。

壁にイラストや鏡などを飾ってみるのもよい方法です。鏡を飾ると、赤ちゃんは自分の顔が映ることを不思議そうにのぞき込み、手で体を支えながら立ち上がることも多いですよ。また、ママやパパの姿が写り込むことにも興味を示します。赤ちゃんが好きなキャラクターがある場合には、イラストを目線の位置に合わせて貼ることで、自分の目線をイラストに合わせよう、触ってみようとして立ち上がることも多いですよ。

ダンボールで練習用具を自作する方法も

ママの中には、つかまり立ちの練習用具としてダンボールを利用して自作する方もいます。ダンボールなら、万が一赤ちゃんがバランスを崩して頭をぶつけてしまっても大きなけがにつながりにくく、壊れてしまったとしても仕方がないとあきらめもつきますよね。

ダンボールに布を貼り、好きな動物の顔をフェルトで作って興味を引いたり、色々な形の穴をあけて型はめパズル風にしたりするママもいるようです。

ダンボールの上側と側面にボールが入る大きさの穴をあけ、中にスロープをつけて上からボールを入れると側面からボールが出てくる、というダンボールおもちゃを作ったママもいます。アイデア次第で色々な練習用具をダンボールで作れますね。

つかまり立ちの練習に使えるおもちゃ3選

仕掛けが豊富「頭と体の知育ボックスDX」

成長段階に合わせて多様な遊びができる知育玩具「頭と体の知育ボックスDX」は、おすわりやハイハイを始める8カ月ごろから3歳ごろまで長く使えます。

大きなサイコロのような形のおもちゃで、側面と上面に合わせて26種類以上の仕掛けが施されています。上面には音が出る仕掛けが6種類あります。触ってみたい、音を出してみたいなど赤ちゃんが興味を持ちやすい仕掛けなので、つかまり立ちに導きやすいですよ。立方体の形は安定感もあり、つかまり立ちをしてもおもちゃが倒れ、赤ちゃんが転倒するリスクが少ない点もうれしいですね。

おもちゃとして使わなくなった後は、おもちゃ箱としても使えるよう工夫されています。中身が空洞なので軽い点は片付けやすくてよいですね。
29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事