就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期に歩いて育つ「歩育」とは。散歩の効果や楽しむコツを紹介

幼児期に歩いて育つ「歩育」とは。散歩の効果や楽しむコツを紹介

みなさんは「歩育」という言葉をご存知ですか?歩育とは歩くことで、子どもたちの心や身体を育み生きていく力をつける新しい取り組みのことです。幼児期にたくさん歩くことによって、得られるよい効果や、どのくらいの距離を目安に歩くとよいのかなどをご紹介します。また親子で楽しく歩くコツなどもあわせてご覧ください。

幼児期に歩くことで育つ「歩育」の効果とは

運動能力が上がり、体力がつく!

近年、子どもの体力低下が指摘されています。そのことについて文部科学省の審議会でもとりあげられており、現代の子どもを取りまく環境は、便利な生活がゆえに歩いたり外で遊んだりする機会が減り、日常的な身体運動が減少しているとのことです。

体力は健康維持と気力や意志力など精神面にも大きくかかわっていて、いわば「生きる力」なのです。体力低下による子どもへの影響は、疲れやすいなどといった運動面のほか、肥満、生活習慣病の健康面、気力や意志力の低下などの精神面に深刻な影響があります。

楽だから自転車をつかってしまったり、ぐずって面倒だから車をつかったりする気持ちはわかりますが、子どもも大人も歩くことにより体力がつき運動能力も鍛えられるので、積極的に歩いてみましょう。

五感を刺激し、子どもの脳の成長を促す

子どもと歩いていると、1人のときには気づかなかった発見がありませんか?大人にとっては何気ないものでも、子どもからすると大発見だったりしますよね。

五感は、視・聴・嗅(きゅう)・味・触の五つの感覚のことで、変わったかたちの雲を見つけたり、耳をすませないと聴こえてこない虫の声や、花の香りや土の感触だったり…。

五感が刺激されると脳が発達します。記憶力や創造力、発想力が向上し、頭の回転がよくなります。室内遊びばかりだと、五感は刺激されにくいので、外遊びは大切です。

普段は自転車で公園に行くママも、せっかくなので、歩いてみてはどうでしょうか。公園へ歩いて行く途中に、たくさんの発見があると思うので親子で楽しめたらよいですね。

血行がよくなり、心の安定につながる

「血行がよくなると心が安定する」といったことは、どういうことかというと脳内物質として有名なセロトニンが大きくかかわっています。セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれており、心の安定にはかかせないホルモンともいえます。

セロトニンは毎日適度な運動や、歩くなど、一定のリズムで体をうごかしたり、太陽をあびることで分泌されます。またセロトニンは体温調節中枢にもかかわっていて、充分な分泌があることで血行がよくなり老廃物も排除しやすくなります。

反対にセロトニンが欠乏すると、イライラしやすい、やる気がでない、血行が悪くなり自律神経の働きが悪くなってしまいます。歩くことや、外でからだを動かして遊ぶことで、心の安定にもつながっているんですね。

子どもはどれくらいの距離を歩けるの?

4歳で4kmを目安に!年齢に応じた距離

子どもはどのくらいの距離を歩けるのか、歩行距離の目安を知ってもらえればと思います。

<歩行距離の目安>
1歳…1キロ
2歳…2キロ
3歳…3キロ
4歳…4キロ

年齢の数を目安に歩くことが好ましいようです。「4キロ」は大人でも疲れを感じる距離で、大人の足でおよそ40分程度かかります。4歳で、4キロを目安に歩くことができますが、歩行時間はかなりかかるでしょう。

大人より歩くスピードが遅いこともありますが、子どもは歩行途中で興味のあるものがあると立ち止まったりしますよね。しかし、こうして時間をかけて歩くことで、4キロという距離を歩けようになるのです。

ママも、あらかじめ時間がかかることはわかった上で予定をたてた方がよいでしょう。

5~6歳は4km以上歩こう

5、6歳ではもっと多くの距離を歩くことが大切だといわれています。5歳から6歳頃にかけて人間の脳は臨界期をむかえます。その期間にしっかりと歩けるようになるには、それ以前に歩くことを意識してきたかが大切になります。

とはいえ、5歳以前に目安の歩行距離をしっかりと歩いてきた子どもは少ないかもしれません。大人も子どもも体力には個人差もあるので、目標の一つとして歩いてみましょう。

もともと子どもは、二足歩行にまだ慣れていません。そのため、いつもより少し長い距離を歩くとすぐに「疲れた」「抱っこ」などいってくるかもしれません。そういうときは遊び場を、いくつか用意して「次は〇〇行こう!」と誘ってみると、飽きずに歩けるかと思います。

コミュニケーションをとって歩くことが大切

歩くことで、血流がアップして脳が活性化したり、心が安定したり…よいことがあることをご紹介しましたね。外を歩くことによって受ける五感への刺激は、子どもはもちろん、ママもストレスが緩和されてよい気分転換にもなります。

しかし、ただ黙々と歩いたのでは、ウォーキングの効果は半減してしまうかもしれません。大切なのは親子で会話をしながら歩くことだと思います。

子どもは道草の名人ですよね。ぜひ道草にママもつきあってみましょう。子どもに「あの花はなんで蝶々がとまっているんだろう?」など質問してみてください。子どもの「どうしてだろう?」と考える力を伸ばすよい機会です。

親子で同じ風景をみたり、楽しく会話をしたりすることで親子の絆が深まることでしょう。

抱っこを卒業!楽しく歩けるようになるコツ

まずは甘えたい気持ちを受け入れよう

「抱っこは最高のスキンシップ」といわれているため、たくさん抱っこしてあげてよいと思います。抱っこによる親から子どもへの愛情表現は、効果がとても高いと実証されているようです。

しかし成長とともに子どもの体重も重くなりママへのからだの負担も大きくなりますし、歩けるのにいつまでも抱っこに応えていると、抱っこしてもらえないと泣き叫ぶなど困ることもあります。

「抱っこ」の要求は、“ママに甘えたい気持ち”と“歩かずに楽したい気持ち”があるようです。外出中に抱っこを要求してきたら、まずは子どもを抱きしめ甘えたい気持ちを満たしてあげましょう。

また「あの木までね」と距離を決めて、その間抱っこして着いたら「ここからは歩こう」と促すのもよいでしょう。

歌を歌ったり競争しながら歩くことを楽しむ

子どもが機嫌よく長い距離を歩くには、ちょっとしたコツがあります。子どもは飽きると不機嫌になったりぐずったりしやすいので、歩くことを楽しいと思ってもらえたら、こっちのものです。

手をつないで、歌をうたったり、クイズなどもだしてみましょう。オススメなのは「色探し」です。歩行中に「じゃぁ赤を探そう!」と色を探します。信号機の色や花の色でも先に探したほうが勝ちです。単純な遊びですが、なかなか見つからない色をいったりすると、真剣に探して歩きだしますよ。

また、ぐずったり抱っこの要求がとまらなければ、かけっこ競争をしてみるのもよいかもしれません。「あの電柱まで先についたほうが勝ちだよ!よーいどん!」などいうと、急に元気になって走りだす子も多いのです。

子どものペースでゆっくり歩いて、見守ろう

子どものペースにつきあうのは根気のいることですよね。忙しいので時間がかけられないときもあるかと思いますので、お休みの日にでも「今日は、とことん子どもにつきあうぞ!」という日をつくってみるとよいと思います。

ママもゆったりした気持ちで構えていないと、ピリピリ感が子どもに伝わってしまい、せっかくの散歩が台無しです。子どもが何かを発見して集中しているときは、そばで見守りましょう。

また、汚れるから触ってほしくないと思う気持ちもわかりますが、散歩のときは少し大目にみてあげてください。触ることで五感が刺激されますし、子どもなりの体験を積むことができます。ただし危険なものや病原菌が心配なものには、触らないように見守ってあげましょう。

まとめ

現代は何をするにも便利な時代です。電動自転車、自動車、交通機関…ママも子どもも「歩く」ということを意識しないと、どうしても歩かない生活になりがちです。

「道草がめんどうだから」「ぐずるから」など、ママの気持ちもわかりますが、子どもの基礎体力や、脳の発達は歩くことで育まれていきます。

長い目でみると、かならず子どものためになります。歩くことでママも気がつかなかった子どもの素晴らしい一面を発見したり、親子の絆をぜひ深めていってほしいと願います。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018