就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2歳児の子育ては悩みもたくさん!食事の悩みとイヤイヤ期、しつけのコツ

2歳児の子育ては悩みもたくさん!食事の悩みとイヤイヤ期、しつけのコツ

2歳児といえば、自分でできることもどんどんと増えて、自己主張もしっかりとしてくるころ。子どもの成長を頼もしく感じる反面、手に負えず困る場面も増えてきたことでしょう。「食べてくれない」、「イヤイヤはもうたくさん!」、などお悩みのママさん。その対処法とコツを一緒に考えてみませんか。

2歳児の食事はたくさんの悩みでいっぱい

「食べない・小食」を解消する方法が知りたい

本人の食事のペースもあるので、まずは、日頃どれくらいの量を集中して食べているのかを観察してみましょう。

完食できる量だけを出すことで、子どもには達成感が生まれます。食べきったときにママに褒められれば、食事のイメージが楽しいものに変わるかもしれません。

食べる量も、はじめは驚くほど少ないかもしれません。しかし時間がたてば、お腹も減ってくるはずです。そのときにおにぎりなどのお菓子以外のものを与えて食事の量を調整してあげましょう。

また、一緒に台所に立って、おにぎりを一緒に作ったり、切り野菜を乗せるだけの盛り付けなど簡単なお手伝いをしてもらうのもおすすめです。食事が出来あがる工程を見れば、食に対しても興味が湧くことでしょう。

偏食するのには理由がある?

「毎食同じものしか食べてくれない」、「好き嫌いが激しい」、など食事の内容があまりに偏ってくると、子どもの栄養面や発育も心配になってしまいますね。

そんなとき「せめてお菓子でも食べてくれたら」、とおやつを与えすぎていませんか?甘いお菓子がもらえることがわかると、子どもはますますご飯を食べなくなってしまいます。偏食の悪循環に陥ってしまわないよう、上手に対処していくことも大切です。

また、このころの子どもは時間に合わせて食事することが習慣づいていないため、「今、食べたい気分なのかどうか」、ということにも大きく左右されています。理想的なのはきちんと3食時間通りにとることですが、子どもが食べたいと思うタイミングも見計らってあげましょう。

食べ遊びした時はどんな対処がいいの?

食事のバランスを考えてあれこれと工夫して調理しても、一口二口と食べただけでぐちゃぐちゃにして遊びだしたり、食器をひっくり返してしまったり。食べ遊びがはじまると、毎食をストレスに感じて心が折れそうになる瞬間もあると思います。

ママにとっては大変な時期ですが、ここはある程度見守りながら「食べ物は遊ぶものじゃないよ」、「ご飯のあとで遊ぼうね〜」、などと根気強く声がけをしていきましょう。

それでもやめないときには、「遊ぶなら、ごちそうさまだね〜」、とお皿を下げて食事を中断するのもよいでしょう。まだ食べたいようであれば、再び「いただきます」からはじめるようにしましょう。

上手に食べられたときにはしっかりと褒めるのも効果的です。

魔の2歳児イヤイヤ期の上手な対処法

イヤイヤを受け入れ見守る

イヤイヤ期は第一次反抗期ともいわれていますが、気力体力ともに使い果たしてしまうくらいに本当に大変な時期でもあります。

「成長の証だから優しく受け入れてあげたい」、と思いながらも実際のところ難しく、理想と現実のギャップに悩むママも多いのではないでしょうか。

イヤイヤをなだめようとして痛い思いをすることもあるでしょう。特に男の子は力も強くなってくるので、ふとした拍子に蹴られたりすると悶絶してしまいますよね。自分や他人のことを傷つけようとしてしまったときには、しっかりと叱るようにしましょう。

もし、ママのキャパシティーを超えてきたなと感じたときには、ひとりで抱え込まずにパパや頼れる人の力も借りながら、ゆっくりと見守っていきましょう。

感情的にならず、叱るときはきちんと叱る

子どもの癇癪があまりに激しいと、自分でも驚くほど感情的になってしまうこともあるかもしれません。

ここで思い出してほしいのは、相手はまだ2歳だということ。激しく怒られると恐怖心から萎縮して、どうして自分が怒られているのかすらわからなくなってしまいます。

成長するにつれて、ママの話もだんだんと聞けるようになってきているはずです。なにがいけないことなのか、きちんと面と向かって言葉でしっかり伝えてあげましょう。

怒らずに叱るというのは難しいことかもしれません。でも感情的に怒ってしまうと後になって自己嫌悪で落ち込こむなど、ママにもダメージが残りやすいです。そのことを意識して叱り方を少しづつ変えてみるとよいでしょう。

親もリラックスできる時間を作るのは大切

日頃、優しい気持ちで接したいと思っていても、心身ともに疲れてくると、どうしても笑顔が減ってしまいますね。

子どもをのことを一番に想えるのは素敵なことです。しかし、育児中に大切なのはママも健やかであるということ。

子どもはママの笑っている顔が大好きです。もし、「近頃、笑ってないかも」、と思ったら子どもと少し離れてみるのもよいかもしれません。家族にお願いしたり、または地域の一時保育などを利用したりして、ママがリラックスできる時間を確保しましょう。

美容院へ行くもよし、美味しいものを食べに行くのもまたよしです。久々の自由なひとときを堪能して下さい。そうして時間がきたら、またいつものママに戻ればよいのです。

2歳児に効果的なしつけのコツやポイント

ダメといわず、話を聞いてあげよう

イヤイヤ期には、ママが注意を促す場面がとにかく増えてきます。

ただ、大人から見ても意味のないように感じる行動ひとつひとつに、子どもなりの気持ちがあることも覚えておくとよいかもしれません。自分でやりたがったり、強いこだわりをみせてきたときには「なぜそうしたいの?」、と話を聞いてあげましょう。

子どもは聞いてもらえている安心感で心を落ち着けることができますし、話しながら納得してくれる場合もあるかもしれません。時には、ママの目から鱗が落ちるような理由を聞くこともできるでしょう。

もちろん、危険なことのある場合やわがままをいっているだけのときには、こちらからきっぱりとダメな理由を説明してあげることも大切です。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事