就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんにも乗り物酔いってあるの?原因や対策・吐いた時の処置方法

赤ちゃんにも乗り物酔いってあるの?原因や対策・吐いた時の処置方法

赤ちゃんとお出かけするときに、乗り物酔いをしないか心配になることがあると思います。特に遠出をしたいときは不安に感じますね。でも乗り物酔いについての知識があると、安心して出かけることができます。ここでは原因や症状もふまえて、乗り物酔いの対策や吐いたときの処置方法などを伝えていきたいと思います。 

赤ちゃんの乗り物酔いの症状や原因って?

乗り物酔いは0歳からでもなってしまう

乗り物酔いはいつからするのか、わからないですよね。赤ちゃんはまだいろいろな器官が未発達なので、酔うことはないと思うこともあるかもしれません。しかし、0歳からでも乗り物酔いはあるといわれています。

一般的には2~3歳から車酔いをすることが多いそうです。小さい赤ちゃんのうちは少ないですが、1歳前後になると酔うことがでてくるようです。

大人でも酔う人と酔わない人がいるように、赤ちゃんでも性質によって酔う赤ちゃんと酔わない赤ちゃんはいます。いつもと赤ちゃんの様子が違うときは、乗り物酔いを疑ってもいいかもしれません。表情や様子をよく見てあげましょう。

酔っていると感じても、どうすればいいのか対処法が頭に入っていれば大丈夫ですよ。 

赤ちゃんが乗り物酔いをしたときの症状

赤ちゃんが乗り物酔いをしたときの症状がいくつかあります。例えば、顔色が悪い、急に口数が減る、機嫌が悪くなる、嘔吐してしまうなどです。このようなときは乗り物酔いをしているかもしれないので、注意が必要です。

乗り物酔いをしたときは窓を開けて空気を入れ替えたり、車を停めてパパやママが抱っこしてあげると、赤ちゃんは安心できます。また衣服を1枚脱いで薄着にすると、すっきりすることもありますよ。

赤ちゃんは気持ちが悪くなっても、話すことができません。でも、大人が気にかけてあげると、いつもと違う様子にすぐ気付くことができますね。そのためにも定期的に様子を見て、赤ちゃんの気持ち悪いというサインを見逃さないようにしてあげましょう。

乗り物酔いになってしまう原因って?

乗り物酔いになってしまう原因によく、三半規管が関係しているといわれます。乗り物による揺れやスピードの変化で、耳の奥の方にある三半規管が刺激されて、自律神経が乱れて気持ち悪くなったりめまいがするそうです。

また、車内のにおいや景色を見ることでも気持ち悪くなることがあります。景色に関しては加速、減速のスピードに視覚と脳が追い付かず、ギャップが生じて気持ち悪くなることがあるそうです。

他には体調が悪いときや、寝不足や空腹のときなども乗り物酔いの原因としてあげられます。

原因はいろいろありますが、なかには解決できる原因もありますよね。赤ちゃんが安心して乗り物に乗れるように、不安な材料や原因はなるべく取り除いてあげましょう。

気になる子どもの歯並びや予防。名古屋市の「おしむら歯科」を取材!

PR

お子さんの歯並び、気になりますよね。現代は食べやすい流動食などの発展で噛む回数が減り、スマートフォン等の普及で姿勢が悪化しやすくなる環境に囲まれています。歯列悪化の予防や矯正方法について知りたいママも多いのでは?今回は名古屋市中川区の「おしむら歯科・こども矯正歯科クリニック」でお話を伺ってきました!

車の中で吐いてしまった場合の処置方法

乗る前に準備しておくといいもの

乗り物に乗る前に準備しておくといいものがあります。いくつか紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

まず、エチケット袋です。急な嘔吐の場合もありますが、赤ちゃんが気持ち悪そうにしているときにエチケット袋があると対処しやすいです。また、タオルやウェットティシュ、ゴミ袋なども一緒に用意しておくとよいと思います。

赤ちゃんが退屈しないように、お気に入りのおもちゃを準備しておくのもよいですね。手に持って、見たり遊んだりして過ごすことができます。車の場合は、赤ちゃんの好きな歌を流すことができるようにCDなどの音楽を準備しておくのもよいですよ。

前もって準備できるものは準備しておくと、乗り物の中でも快適に過ごすことができます。

乗り物の中で吐いてしまった時の処置方法

赤ちゃんは気持ち悪くなったとき、急に吐いてしまうことがありますよね。そのときの処置方法を知っておくと安心です。

車のシートが汚れたときはまず、濡らしたタオルやウェットティシュで嘔吐物を取り除きます。その後、シートの網目に入った汚れをタオルでたたくようにして、取り除くといいですよ。

においをとるときは、消臭スプレーだけではにおいは除去できません。重曹を使うといいようです。重曹水を作ってスプレーした後、重曹の粉末をかけます。そのまましばらく置いておき、2日ほどしたら掃除します。こうすることで、においはかなりとれるようです。

乗り物酔いで吐いてしまったときに、どうすればよいか知っておくと処置もスムーズにいくと思います。

酔い止めの薬って使ってもいいの?

大人や子どもの酔い止めの薬はあるけれど、赤ちゃんが飲める薬があるのか気になりますよね。薬があれば安心だと思うかもしれませんが実際、赤ちゃんが飲むことのできる酔い止めの薬はありません。

一般的に5歳以上の子どもが飲める酔い止めの薬が多いようです。なかには3歳から飲めるタイプもありますが、赤ちゃんが飲めるものはないので注意してくださいね。

赤ちゃん用の薬はないので飲むことはできませんが、乗り物酔いをしないように大人が準備できることや、予防できることはたくさんあります。また体調や環境、精神的な面でも配慮できることはあると思います。

薬がなくても大丈夫なように、家族で協力して赤ちゃんをサポートしてあげましょう!

乗り物酔い予防策や乗り物別過ごし方

乗り物酔いにならないためのポイント

赤ちゃんが乗り物酔いにならないためのポイントをいくつか紹介したいと思います。一つ目はゆったりした洋服を着せることです。締め付ける洋服は苦しいので避けた方がよいですよ。

二つ目は空腹を避けることです。空腹だと自律神経が過敏になり、車酔いしやすくなります。授乳したり、食事が始まっているときは消化のいいものをあげたりするとよいです。

三つ目はやさしい運転を心がけることです。揺れが多いと気持ち悪くなります。なるべく一定のスピードを心がけましょう。

最後はこまめに休憩をとることです。車を停めて外の空気に触れることは赤ちゃんや大人にとってもいい気分転換になります。また体調も大きく影響するので、赤ちゃんの体調のいい日をえらぶとよいと思います。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC